【タイ旅行】おすすめの観光スポット14選!バンコク・アユタヤ・プーケットなど

益岡 想
今度、タイ旅行に行きたいと思っているんだ~

Ingwish man
具体的な行き先はもう決めたの?

益岡 想
いや、どこに行こうか悩んでいるんだ・・・

Ingwish man
それなら僕が、タイ旅行におすすめの場所を紹介してあげるね!

バンコクのおすすめ観光スポット5選

タイ バンコク
タイの首都バンコクは、華やかな大都会ながらも厳かな仏教文化が調和した都市。

近年は、近代的な高層ビルや巨大ショッピングモールが目を引く「東南アジアのハブ」として、世界中の人々が集まる国際都市に成長しました。

バンコクで古今の歴史・文化を味わってみてはいかがでしょうか?

ここでは、バンコクのおすすめ観光スポットをご紹介していきます。

ワット・プラケオ

タイ ワット・プラケオ

ポイント
  • タイで最も美しくきらびやかな寺院
  • エメラルドと金色の美しいコントラスト

1782年にラーマ1世が現在の王朝であるチャクリー王朝を開いたときに護国寺として建てた寺院。

本堂には翡翠でできたエメラルド色に輝く仏陀像が祀られているので、通称エメラルド寺院と呼ばれています。

エメラルド・ブッダは夏・雨季・乾季の年に3回衣装が替わり、なんと衣装を取り替えるのは国王様だと言うから驚きです。国を挙げての一大イベントです。

参拝料 500THB
営業時間 8:30〜16:30
正式名称 Wat Phra Kaeo
住所 Na Phra Lan Rd, Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200 タイ

ワット・ポー

タイ ワット・ポー

ポイント
  • 全長46m、高さ15mもの巨大な涅槃(ねはん)仏
  • 敷地内でタイ古式マッサージを受けることができる

ラーマ3世によって造られたねはん仏の足の裏は必見。

仏教の世界観を表した108の図が、美しい螺鈿(らでん)細工という手法で描かれています。

さらにラーマ3世によって医学の府とされたこの寺院では、東洋医学に基づくタイマッサージの総本山となっています。

拝観料 200バーツ
営業時間 08:00~18:30
正式名称 Wat Pho
住所 2 Sanamchai Road, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Bangkok

ワット・アルン

タイ ワット・アルン

ポイント
  • 三島由紀夫の小説「暁の寺」にも描かれた
  • タイの通貨10THB硬貨にも描かれている

アルンとは「暁」を意味する言葉。

その名の通り夕暮れ時に川に映る姿が美しく、バンコクを代表する風景のひとつとなっています。

高さ約80m、台座の周囲は237mにも及ぶ巨大な仏塔がひとつ、それを取り囲むように4つの仏塔が建ち並びます。

仏塔は登ることも可能で、頂上からはバンコクの街を一望することができるので、おすすめです!

拝観料 50THB
営業時間 7:30~17:30
正式名称 Wat Arun
住所 34 Arunamarin Rd., WatArun, BangkokYai, Bangkok

カオサン通り

タイ カオサン通り

ポイント
  • 世界中から集まる人々と交流ができる
  • マッサージ店で旅の疲れを癒やす

カオサン通りはバックパッカーの拠点として有名です。

かつては安宿や旅行代理店が長さ約300メートルの路地の両脇に並んでいましたが、近年ではパブやクラブ・おしゃれなホテル・ブティックなどが増えて、若者に人気のスポットになりました。

たくさんの宿があるので、条件や予算に応じて選べるのも嬉しいポイントです。

正式名称 Khao San Road
住所 Khaosan Road, Pra Nakorn, Bangkok

ワット・パクナム

タイ ワットパクナム

ポイント
  • インスタ映えすると話題の天井画

SNSで話題沸騰中なのがこのお寺です。

大仏塔の5Fにある緑のガラスでできたエメラルドの仏塔や、天井画が美しいと話題です。

宇宙にいるかのような、ふしぎな体験ができるそうなので、ぜひ訪れたいスポットです。

営業時間 08:00~18:00
正式名称 Wat Paknam Phasicharoen
住所 Pak Nam Alley, Pak Khlong Phasi Charoen, Phasi Charoen, Bangkok 10160 タイ

Ingwish man
以下の記事も要チェック!!

アユタヤのおすすめ観光スポット4選

タイ アユタヤ
アユタヤは、かつてアユタヤ王朝の都としてタイの中心であり続けた都市です。

チャオプラヤ川とその支流に近いため水運の便が良く、ヨーロッパと東アジアを結ぶ国際貿易都市として発展しました。

現在では歴史的価値の高い遺跡を保存するために、アユタヤ歴史公園として整備されています。

ここでは、アユタヤのおすすめ観光スポットをご紹介していきます。

ワット・プラ・シーサンペット

タイ ワット・プラシーサンペット

ポイント
  • バンコクのワット・プラケオに相当すると言われるほど重要な寺院

アユタヤ王朝の王室守護寺院として建立されで、巨大な3つの仏塔が並び、3人の王の遺骨が納められています。

他の寺院と比べると保存状態が良く、当時と同じ姿を見られるのもおすすめポイントです。

拝観料 50バーツ
営業時間 07:00~18:00
正式名称 Wat Pra Srisanpet
住所 Amphur Muang, Ayutthaya 13000

ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット

タイ ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット

ポイント
  • 真っ白い外壁と柱、赤い上部と屋根が美しく印象的な建物
  • 巨大仏像の体内からは何百もの小さな仏像が発見されている

1603年に作られた、タイ最大の高さ17mのブロンズ製の巨大な仏像を安置する塔堂です。

アユタヤの中心地では最も参拝者が多く、まわりは土産物屋やろうそく・花などを売る屋台で賑わうスポットです。

正式名称 Viharn Phra Mongkol Bopit
住所 Pratuchai Phra Nakhon Si Ayutthaya, 13000

ワット・ロカヤ・スターラーム

タイ ワット・ローカヤースッター

ポイント
  • 28メートルの寝仏が横たわる姿は人気の撮影スポット

アユタヤの西方の広大な草原の中に高さ5m、全長28mの巨大寝釈迦仏が横たわります。

周囲には寺院や本堂がなく、真っ青な空と澄み切った空気のもと横たわっている姿は、とても穏やかな表情です。

見ていて心安らぐこと間違いなしです。

正式名称 Wat Lokaya Sutharam
住所 Pratuchai Phra Nakhon Si Ayutthaya Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya

ワットマハタート

タイ ワットマハタート

ポイント
  • アユタヤで最も有名な遺跡
  • 木の根に包まれた仏像の顔は写真スポット

かつてビルマ軍の侵攻によって多くの仏像の頭部が切り落とされた歴史を持ちます。

無惨に転がる仏像の頭部を哀れに思った村人が壁に立てかけたところ、いつしか木の根が優しく包み込んでいったという伝説が残っています。

神秘的な仏像の顔を眺めながら、アユタヤの歴史を感じてみてはいかがでしょうか?

営業時間 08:00~18:00
正式名称 Wat Mahathat
住所 Tha Wasukri Phra Nakhon Si Ayutthaya

プーケット島のおすすめ観光スポット3選

タイ プーケット島
プーケット島はタイ南部に位置するタイ最大の島で、世界有数のリゾーチ地として知られています。

年間を通して海水浴客やマリンスポーツ目当ての人々で賑わいます。

プーケットタウンと呼ばれる旧市街では、レトロな街並みを楽しむこともできます。

タイ プーケット島

タイ南部のアンダマン海に浮かぶプーケット島ですが、

プーケット島のビーチは、その海の青さと砂浜の白さから「アンダマンの真珠」と称されるほどの美しさです。

プーケットのビーチはどれも素晴らしいのですが、特におすすめのビーチをピックアップしました!

パトン・ビーチ

タイ パトン・ビーチ
プーケットのメインビーチと言われるのがこのパトン・ビーチです。

ポイント
  • 充実した宿泊施設のラインナップ
  • 小さな子供でも安心の遠浅なビーチ
  • ビーチ各所にはブランコなどインスタ映えする撮影スポットあり
正式名称 Patong Beach
住所

カロン・ビーチ

タイ カロン・ビーチ

ポイント
  • 青いパラソルが並ぶおしゃれなビーチ
  • 歩くと音が鳴る「鳴き砂」で有名

こちらは、綺麗なビーチながらも比較的人が少ない「穴場」ビーチです。

ゆっくりとリラックスしたい人にはおすすめです。

正式名称 Karon Beach
住所

カタ・ビーチ

タイ カタ・ビーチ

【出典:https://www.thailandtravel.or.jp/kata-beach/】

ポイント
  • 周辺にある高級レストランのレベルが非常に高い
  • ファミリー層や年齢層の高い客層で、落ち着いたビーチ

子供連れの家族に人気のビーチ。

透明度が高いことからシュノーケリングに最適です。

営業時間 09:00~17:00
正式名称 Kata Beach
住所

サムイ島のおすすめ観光スポット2選

タイ サムイ島

島全体がココナッツの木で覆われていることから、別名「ココナッツ・アイランド」とも呼ばれています。

環境に配慮した開発がなされているため、自然を堪能することができます。

パンガン島やアーントーン諸島へのアイランドホッピングのほか、マリンスポーツもおすすめです。

サムイ島の観光スポットを見てみましょう!

ワット・プラヤイ

タイ ワット・プラヤイ

【出典:https://pixabay.com/ja/photos/大仏-ワット-プラヤイ-寺-3727501/】

ポイント
  • サムイ島のシンボル的存在の「ビッグブッダ」

高さが約12mで金色に輝く姿は壮大です。

ブッダの周辺にある鐘を鳴らすと御利益があると言われています。

高台があるので周辺を見渡すことができるので、眺望のよいスポットとしてもおすすめです。

正式名称 Wat Phra Yai
住所 Bophut 84320, Thailand

チャウエン・ビーチ

タイ チャウエン・ビーチ

【出典:https://www.thailandtravel.or.jp/chaweng-beach/】

ポイント
  • 昼は落ち着いた遠浅なビーチ
  • 夜はレストランで賑やか

サムイ島で最も人気のあるビーチです。

ビーチにおけるマッサージもおすすめです。

正式名称 Chaweng Beach
住所 Bo Phut Ko Samui Surat Thani

まとめ

今回は、タイ旅行のおすすめ観光スポットについて詳しく解説しました。

各都市ごとにそれぞれの楽しみ方があって、タイは旅行先としてとても魅力的な国ですね。

本記事を参考に最適なスケジュールを組んで、タイを余すことなく堪能し、思い出に残る旅行にしてくださいね。

以下の記事もご覧ください

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事