セブ島の天気 ベストシーズンはいつ頃?セブを10倍楽しむ気候ガイド

セブ島の気候は、実は1年中あまり差がないんだ

多少の差はあるけど、1年中いつ行ってもいい、それがセブ島の良さだね

スコールが多くなる雨季というのもあるけど、実際はそこまで気にしなくてもいいと思う

あとは日本からの航空券が安くなるシーズンなんかは知っておくといいかも!

ingwishでは留学経験豊富なスタッフたちによるセブ島観光情報を多数掲載しています!

 

ingwish man
セブ島の観光情報について詳しく知りたい方は下記の記事をご一読ください!

セブ島の天気は? 知っておきたい天気・気候

セブ島は1年通して過ごしやすい土地柄で、日本から比較的に近い外国でありながら、全く気候が異なります。

東京のように四季があるわけではなく、平均気温は毎月30度ほどで1年通して一定。

それでいて、日本の夏と違い湿度は高くありませんので、夏の過ごしやすさは日本よりずっと上。

リゾート地とされているだけあり、年間通して過ごしやすいのが魅力です。

最低気温は25度程度で、極端に寒くなるということがないので、1年通して半袖で生活できる過ごしやすい土地柄と言えます。

セブ島を含めたフィリピンには日本のような四季はなく、雨季と乾季という2つのシーズンに分けられます。

セブ島 ベストシーズン

12〜5月(乾季)

セブ島 ベストシーズン

海やリゾートを思いっきり楽しみたいという方は乾季を狙っていくべきです。

乾季は降水量が少なく、あまり天気の心配をすることなく過ごせます。

乾季の中でも旅行のベストシーズンといえるのは3月~5月です。

この時期は酷暑季ともいわれる時期でセブ島では1年で最も暑い時期ではありますが、快晴が続くことが多く、アウトドアのツアーやマリンスポーツには最適の時期です。

また、海水温も高くなり、この時期は海の透明度も最も高くなります。つまり、海が特に透き通っていてきれいなのはこの時期。

シュノーケリングダイビングなどはこの時期が最適といっていいです。魚などはよく見ることができます。

6〜11月(雨季)

雨季でも1日中雨が降ると言うことはなく、すぐに雨が上がるので雨季だから旅行を控えた方が良いというわけではありません。

水温も年間通して暖かいため、1年中海に入ることができます。

冬という概念がないので、防寒着は必要ありませんし、それゆえ年間通してホテルの宿泊費なども変わりません。

どちらかというと、世界的な旅行シーズンかどうかを見た方が良いかもしれません。

旅行シーズンとなる7月から8月、12月から1月は航空券が高くなる可能性があるので、それをずらしてセブを訪れた方がお得になるでしょう。

また、日本では3月からはセブの語学学校への留学を行う人が多いので、そちらのシーズンも考慮した方が良いでしょう。一般的に安くなるとされるのは4月から7月までの間とされていますので、この辺りの期間を狙うと良いでしょう

セブ島 ベストシーズン

セブの気候については『セブ島の気候について解説!1年を通じて気候はどう変わる?
』もご覧ください。

セブ島の安いシーズン

旅費や混雑度合いまで考慮に入れるとすればセブ島旅行のベストシーズンは6月~7月です。

雨季に差し掛かる時期ではありますが、天気はまだ安定している方なので海やリゾートを楽しむことはできます。

日本が夏休みになる前までは航空券なども割安で購入できるので6月~7月はお得に行けて、海もまだまだ楽しめるのでおすすめです。逆に、お盆休みなどの休暇を迎えると航空券の価格は割高になります。

航空会社通常期繁忙期
日本航空10万円前後15万円前後
フィリピン航空7~8万円10~12万円
LCC3~5万円5~7万円

旅費が安くてお得な時期を狙いたいのであれば10月~11月もおすすめです。

観光客が少ないので、航空券もホテルの宿泊代も比較的割安になっています。

セブ島の旅費を安くする方法や格安航空券の手に入れ方は以下の記事で解説してます!

セブ島の過ごしやすい服装

1年を通して暖かいセブ島では日本のように色々な季節に対応して服装は必要ありません。ただ、雨季には突発的な豪雨が振るので備えておくのが大切です。

以下では、セブ島での服装について、基本と雨季に分けて説明します。

基本

セブ島 天気

基本的には半袖と半ズボン、サンダルという服装がローカルでも多いです。

服の素材としておすすめなのがリネン素材。

トロピカル感が出て地域の雰囲気にも合う上に、風通しの良さや乾きやすさが優れているので、セブでは非常に重宝します。

日差しが強いので帽子やサングラスがあると重宝します。また、フィリピンではよくあることですが、建物やバスなどで過剰に冷房が効きすぎている場合が多いので、持ち運びやすい上着などあると重宝します。

雨季

セブ島 天気

6月から10月の雨季では突発的な雨が多いので、雨にぬれても大丈夫な防水性の高い靴を履きましょう。

雨季の服装としては、乾きやすい素材のものがおすすめ。裾が長いと雨にぬれて不快になる可能性が高いので半ズボンやショートパンツなど丈が短いものが良いでしょう。

ただ、雨季とは言え日差しは強いのでサングラスや 帽子など日光対策はあった方が良いかもしれません。折り畳み傘も便利です。

雨に備えて防水性の高いウインドブレーカーを入れておくのも良いことです。携帯電話や財布などが濡れないように、防水ポケットがついているものだとなお良いです。

服装については「セブ島旅行での服装は?時期や行き先別に適切な服装を解説
」の記事もご覧ください!

セブ島旅行の必需品

常夏の楽園であるセブ島ですが、より快適に生活するために対策を用意するのがおすすめです。

ここで紹介する必需品は日本から持っていく必要はなく、現地でも調達できるので、事前に揃える必要はもちろんありません。

日焼け止め・保湿クリーム

セブ島 天気

特に女性の方は、セブを含めたフィリピンは日差しが強いので、雨季だとしても日焼け止めは必須。

また、乾季はやや乾燥しているので、南国ということで油断しがちですが、保湿クリームなどは日本から持っていった方が良いかもしれません。

フィリピン現地では、ココナッツを利用した化粧品が名物として売られているのでそれを購入しても良いかもしれません。

長袖・長ズボン

セブ島 天気

セブ島にはビーチだけではなく、自然の滝を楽しめる山などもアクティビティーとして有名。

山では虫刺されの注意として念の為、長袖や長ズボンがあった方が良いでしょう。

リネンのように薄い生地のものだと貫通する可能性があるので、ある程度生地が厚いものもあった方が良いかもしれません。

サングラス・帽子

セブ島 天気

こちらも現地で調達可能。日差しが強いので、サングラスと帽子はあると何かと便利です。

変な日焼けをしないように日焼け止めをつけるのをおすすめします。

ただし、あまりにも目立つとすりなどに巻き込まれる可能性があるので、あくまで現地に馴染んだものを選ぶのが大切です。

旅行の持ち物については「セブ島旅行の持ち物まとめ!必需品から便利なものまで一挙に紹介
」の記事もご覧ください!

セブ島のおすすめホテル

季節の影響が少ないセブ島は、雨季でも乾季でも旅行に大きな違いはありません。

ただ、雨季や乾季ということを念頭において、それぞれのベストなホテルを選択できるともっと旅行は快適になるでしょう。

以下では、セブ島のおすすめホテルを3つ紹介します。

セブ島のホテルについては「【セブ島】おすすめホテル10選!高コスパホテルから高級ホテルまで」にて紹介していますので、ぜひご一読ください!

プルクラリゾート

雨季・乾季どちらのシーズンでもおすすめしたいのが、プルクラリゾート。

セブシティ郊外の広大な敷地に建てられたリゾートホテルで、コテージタイプの客室とヴィラタイプで選ぶことができ、普通のホテルに宿泊するのとは違う体験ができます。

日本人が経営しており、日本人ゲストに特に人気。

立地もよく、セブシティにあるので市内観光も楽しみやすいのが魅力。

本格的に南国リゾートを楽しみたい人、ショッピングなど市内観光をメインにしたい人両方におすすめのホテルです。

クエスト セブ

セブ島 ホテル

クエストセブはセブ島東部にあるホテルで、雨季のセブ島を訪れる人におすすめ。

マクタン・セブ空港から12㎞でショッピングモールに隣接する便利な立地にあります。

サンペドロ要塞やマゼランクロスというセブ島の主要観光スポットから3㎞という距離にあるため、観光にも便利です。

ホテルの内装もかなり洗練されている、宿泊での評判が良いホテルです。

雨季のセブ島でショッピングや市内観光をメインにしたい人におすすめです。

住所
Archbishop Reyes Avenue, セブシティー フィリピン
料金7,500円〜

セブ島 ホテル

ブルーウォーター マリバゴ ビーチ リゾート

セブ島 ホテル

「ブルーウォーターマリバゴ」はマクタン島南東に位置するホテル。

ホテルの魅力は、バー・ラウンジを始めジムなど施設が充実している点と、価格もかなり抑えられているコストパフォーマンス。

プライベートビーチと南国風のリラックスできる雰囲気のプールはバカンスにうってつけで、南国でのんびりしたい人には特におすすめのホテルです。

また、スパが人気でスパ目的で滞在する人もいるとのこと。リラックス目的でセブバカンスを楽しみたい人におすすめです。

総じて、雨季でも乾季でもおすすめできるホテルです。

住所Buyong, Maribago, ラプ ラプ フィリピン
料金15,000円〜

セブ島 ホテル

まとめ

セブ島 天気

お金も時間も使う旅行で、いざ現地に行ってずっと雨だとがっかりしてしまいますよね。

しかし、セブ島では、1年通して過ごしやすいため、天気や機構についての心配はほぼ必要ありません。

雨季と乾季という2つの季節に分けられますが、雨季でも日本より過ごしやすいという話があり、いつ行ってもベストシーズンと言えるのではないでしょうか。

気温に関して平均して30度なので、暑さが心配になりますが実は湿度が日本より低いため過ごしやすいと言われています。

一方で、突発的な雨などが多いので、折り畳み傘の常備や、防水シューズ、ウインドブレーカーの準備などはあった方が良いでしょう。

なんにせよ、現地で大抵のものを調達することは可能ですし、どんなシーズンでも過ごしやすいので安心して旅行できるのがセブ島の魅力です。

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事