TOEFL受験前に必見!試験内容や注意点などのポイントを簡単に解説!

記事監修者紹介

益岡 想

應義塾大学経済学部卒のアメリカ在住12年間の帰国子女。

英語検定一級TOEIC990点TOEFLiBT 110点超えTOEICは990点を一度だけでなく、3回連続で出している数々の日本の英語検定系の試験を受けてきて、高得点を叩きだしてきた。

TOEFL初めて受けるんだけど、どうすれば良い?

初めてのTOEFL受験、何から手をつけたらいいのかわからない、という方結構いらっしゃると思います。
当記事では、そんな方に向けてTOEFL受験前に知っておきたいポイントを整理しました。

ingwish編集部では、ALUGO英会話を利用して「2ヶ月間でビジネス英会話が身につくのか!?」ということを実際に検証しています!

ナガス
下記の記事をぜひご覧ください!

また、現役人気英語講師が英会話スクール・オンライン英会話を徹底的にリサーチし、

実際の内容や評判・口コミに関して紹介をしています!

益岡 想
英会話スクール・オンライン英会話をご検討の方は是非ご一読ください!

TOEFLの試験内容は?

テストtoeflは、英語でのコミュニケーションスキルが問われる試験です。

 ReadingやListeningをした後に、その質問の答えを話す、または書く、という形式で行われます。

内容は、アメリカの大学で問題なくキャンパスライフを送れるのか、という部分に焦点が絞られています。

 その為、出題される問題は、

  • 大学で良い成績を収められるのか
  • 問題解決能力はあるか
  • 自分の意見を表明できるのか

を問われるものとなっていますが、

この説明ではざっくりしすぎて分かりにくいと思いますので、次項から詳しく見て行きましょう。

▼TOEIC基本情報

 

TOEFLは4つのセクションに分かれている

toeflは、

  • Reading
  • Listening
  • Speaking
  • Writing

の4セクションに分かれています。

それぞれのセクションで制限時間や問題数などが異なりますので、この後の項目でご確認ください。

また、ListeningとSpeakingの間には、10分の休憩時間が設けられています。

ReadingとListeningセクションはボリュームが多く、かなりの集中力を必要としますので、休憩時間に頭や精神をゆっくりと休ませましょう。

TOEFLの所用時間は約3時間

toeflの試験所用時間はトータルで3時間程度です。

その他チェックインにかかる時間もありますので、チェックインの時間を含めると、3時間半程度はみておいた方が良いでしょう。

TOEFLの内容1 Readingセクション

リーディング

Readingセクションでは、3~4のアカデミックな内容の文章に対しての、問題を解いて行きます。

アカデミックな内容とは大学のテキストや新聞などに掲載されているようなものです。

    • 人文系(文学、芸術、歴史など)
    • 社会科学系(貨幣制度や産業など)
    • 自然科学系(生物学、地学、気象学、地震学、航空宇宙学など)

などから出題されますので、幅広いアカデミックな記事などを読んでおくと良いでしょう。

制限時間と問題数

Readingセクションの制限時間は、54~72分。

3つの文章が出題された場合は54分、4つの文章の場合は72分の制限時間が設けられています。

問題の中には、スコアに影響しないダミー問題なるものが存在し、それが入ると問題数が増える為、制限時間も長くなります。

問題数は、1つの文章につき9~10問の全30~40問です。

出題形式について

Readingセクションの出題形式は、

    • 4択形式
    • 文挿入形式
    • 複数選択形式

が考えられます。

ほとんどが4択形式で、文挿入形式と複数選択形式は、それぞれ1問ずつ出題されるイメージです。

4択形式とはその名の通り、4つの選択肢の中から正解を選ぶ出題形式。

文挿入形式は指定された1文を、文章の最適な場所に当てはめる出題形式です。

文章内に黒い四角が4つ表示されているので、その中から最適なものを選択する問題です。

複数選択形式は、6つの選択肢の中から3つを選択して回答する形式となっています。

TOEFLの内容2 Listeningセクション

リスニング

Readingセクションの後に行われるのが、Listeningセクション。

Listeningセクションの内容は、

  • 大学での会話
  • 大学の講義

を聴いて、質問に答えるというもの。

大学での会話では、教授と生徒、職員と生徒、生徒同士の会話の中から出題されます。

大学の講義は、教授が生徒に対して行うアカデミックな講義内容から、または講義内でのディスカッションからの出題となっています。

出題範囲はReading同様、幅広いアカデミックな内容となっています。

Listening中、メモを取ることが可能ですので、できる限り会話の内容をメモしておくと良いでしょう。

制限時間と問題数

Listeningセクションの制限時間は、41~57分

問題数は、1つの会話ごとに6問程度、全部で28~39問です。

ListeningセクションにもReadingセクション同様、ダミー問題がある場合がありますので、それに応じて制限時間が増えることがあります。

出題形式について

Listeningセクションの出題形式は、

      • 4択形式
      • 複数選択形式(4つの中から2つ選ぶ)

    の可能性があります。

    listeningした会話に対して質問が出されますので、その回答を4択形式で選択するか、4つの選択肢の中から2つ選ぶ形式です。

    注意点

    Listeningセクションで注意したい点は、北米以外のアクセントです。

    イギリスやニュージーランド、オーストラリアのアクセントでの会話や講義が出てくる可能性がありますので、これらのアクセントのListeningも、練習しておくことをオススメします。

    TOEFLの内容3 Speakingセクション

    スピーキング

    Speakingセクションの内容は、学校生活やビジネスなど、身近な内容となっています。

    マイク付きのヘッドセットを装着して、口頭で回答します。

    その回答はデジタル録音されインターネットで送られて、採点されるようになっています。

    制限時間と問題数

    Speakingセクションの制限時間は、17分

    問題数は4問です。

    出題形式について

    初めに音声を聞いて答えるパターン、文章を読んでからListeningして回答するパターンなどがあります。

    いずれにしろ、回答は口頭で行います。

    また、Listeningした文章が画面に表示されることはありませんので、メモを取るのは必須でしょう。

    TOEFLの内容4 Writingセクション

    ライティング

    Writingセクションでは、アカデミックな内容と幅広い話題について、自分の意見を求められます。

    制限時間と問題数

    Writing制限時間は50分、問題数は2問です。

    出題形式について

    1問目は、アカデミックな内容のReading、Listeningの後、回答を150~225単語程度でWritingします。

    回答時間は20分設けられていますので、ReadingとListeningの際に取ったメモを参考に、回答しましょう。

    自分の意見ではなく、ReadingとListeningした内容をベースに、回答を書きます。

    回答時間が残っていても2問目に進むことはできますが、2問目に進むと1問目には戻れませんので、良く見直してから進むと良いでしょう。

     

    2問目では、一般的な内容について、自分の意見を求められます。

    画面に質問が表示されますので、それを読み自分の意見を最低300単語以上でWritingします。

    回答時間は30分、設けられています。

    日頃からニュースなどを見て、自分の意見をまとめる練習をしておくと、良いかもしれませんね。

    Writingセクションが終了したら、toeflの全問題が終了したということになります。

    まとめ

    toeflは、内容的にもボリューム的にも、かなりハードな試験です。

    しっかりと事前対策をして臨むことが、スコアを伸ばす秘訣と言えるでしょう。

    受験の際に慌てないよう練習を繰り返し、ベストコンディションで受けられるよう心がけましょう。

    スタッフおすすめ!TOEFL攻略ならバークレーハウス

    日本ではまだまだメインではないTOEFL対策。

    きちんとした対策をしてくれるスクールというのは実は多くないのが現状です。

    そんな中、ingwishスタッフがおすすめしたいのが東京・市ヶ谷のバークレーハウス。

    40年以上の実績をもとに、ネイティブ講師と日本人講師の組み合わせがTOEFLで重要なアウトプットとインプットを強化。

    無料体験レッスンではTOEFL攻略のポイントを解説してくれるので、1回行くだけでもスコアアップが期待できます。

    TOEFL対策をお考えの方はぜひ一度無料体験レッスンをお試しください。

    \Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

      英会話 友達追加   留学 友達追加

    Twitterでフォローしよう

    PICK UP
    おすすめの記事