TOEFLスコアの有効期限は?海外留学や就活に必要なスコアとは

記事監修者紹介

益岡 想

應義塾大学経済学部卒のアメリカ在住12年間の帰国子女。

英語検定一級TOEIC990点TOEFLiBT 110点超えTOEICは990点を一度だけでなく、3回連続で出している数々の日本の英語検定系の試験を受けてきて、高得点を叩きだしてきた。

TOEFLスコアって一度とったら終わりじゃなくて期限があるの知っていた?

ええ〜そうなんだ。でも、留学前に取ることが多いからそんなに困らないかも?TOEICはどうなんだろう

実はTOEICもTOEFLと同じ団体が運営しているから期限は同じなんだよね。

同じなの!?知らなかった!

ingwish編集部では、ALUGO英会話を利用して「2ヶ月間でビジネス英会話が身につくのか!?」ということを実際に検証しています!

ナガス
下記の記事をぜひご覧ください!

また、現役人気英語講師が英会話スクール・オンライン英会話を徹底的にリサーチし、

実際の内容や評判・口コミに関して紹介をしています!

益岡 想
英会話スクール・オンライン英会話をご検討の方は是非ご一読ください!

toeflスコアの有効期限は?取り直す必要があるかも

TOEFL 有効期限

結論からいうと、TOEFLスコアには有効期限があり、スコアを取得してから2年間有効です。

この有効期限は、いわゆる公式のTOEFLスコアとして見られることの多い「TOEFLiBT」だけでなく、TOEFL ITPなどの他のTOEFLスコアも同様です。

TOEFL受験から2年以上が経過してしまうと、My TOEFL Home上でスコアを確認できなくなり、Official Score ReportsやTest Taker Score Reportも発行できなくなります。

2年以上前にTOEFLを受けたけど、海外留学や就職活動で使いたいという方は、TOEFLのスコアを取り直す必要があるので、注意してください。

海外留学に必要なTOEFLのスコアは最低60点

TOEFL 有効期限

海外留学で最低限必要になるTOEFL iBTのスコアは、一般的に60点だといわれています。

TOEFLのスコア60点は、英語での日常会話がある程度問題なくできるレベルの英語力だからです。

ただし、TOEFLのスコア60点は最低限のスコアなので、留学先の大学はメジャーでない地方の大学などに絞られるので、あくまで目安として考えておきましょう。

海外留学で必要なTOEFLのスコアは60点なのですが、有名な大学になればなるほど、もちろん高いスコアが必要になります。

一般的に、都会にあるようなメジャーな大学では、70点~80点のスコアが要求されることが多いです。

また、スタンフォード大学やハーバード大学など、トップクラスの大学になると、最低でもTOEFL100点以上のスコアが求められます。

就職に必要なTOEFLスコア

TOEFL 有効期限

日本ではまだまだTOEFLの認知度が低く、企業や学校ではTOEICのスコアや英検の級を基準として採用しているところも多いです。

ただし、海外就職を考えている方や、外資系の企業への就職を考えている方は、TOEFLのスコアを取得しておいて損はないでしょう。

一般的に外資系の企業への就職を考えている場合は、TOEFLスコア105点以上が理想であるといわれています。

TOEFLは世界中で利用されている英語の技能試験で、今後もこの流れは広がっていくと考えられるので、今のうちからTOEFLを意識しておくと良いでしょう。

TOEFLとTOEICはの違いは?

TOEFL 有効期限

実はTOEFLもTOEICも同じETSという団体が主催しているテスト。

TOEFLは英語圏の大学など高等教育機関におけるコミュニケーション能力を要求しています。

そのため、具体的に要求される能力は講義の受講をはじめ、学術書の読解、ディスカッション能力など。英語圏以外の学生が英語圏の大学などにいく場合に入学基準として使用されています。

一方でTOEICはビジネス英会話や日常英会話を主眼としたテスト。

実は受験者の65%以上が日本人という割とローカルなテストですが、日本では就職活動の評価基準の一つによく使われます。TOEFLの簡易版ともよく言われています。

TOEFL 有効期限

海外留学を目指すならTOEFL、国内就職ならTOEICを受験するのが定番です。

ただ、実際の能力はTOEFL>TOEICなので、TOEICのスコアを重視してTOEFLのスコアを軽視する企業は英語に対する感度があまり高くないかもしれません。

そう言う意味で、「英語を使って仕事をしたい」と考える場合でもTOEFLを受験することをおすすめします。もちろん、どちらとも受けるのが一番良いとも言えます。

本当に英語力をつけたいと考えて勉強を始めるならTOEFLをおすすめします。TOEICの受験対策をずっとしていた人がTOEFLで点数を取るのは難しいですが、逆は簡単だからです。

TOEFL 有効期限

そう言う意味では、英語検定(英検)もおすすめ。英検は英語の総合的な能力がテストされるので、対策しているうちに自然と英語力が身につくテストと言われています。

就職活動で有効とされているのは準一級からと言われていますが、2級取得でも難関大学の長文読解ができるレベル。面接のテストもありますし、英語教育の素地を作る意味で英語初心者の方にはTOEICよりもおすすめです。

まとめ

TOEFL 有効期限

今回は、TOEFLスコアの有効期限と、海外留学や就職で必要なTOEFLスコアを紹介します。

本記事の要点は、以下の通りです。

本記事のまとめ
  • TOEFLの有効期限は受験から2年間で、それ以降は再受験の必要がある
  • 海外留学で求められる最低限のTOEICのスコアは60点、有名大学では100点以上である
  • TOEICのスコアに有効期限はなく、英検は半永久的だが留学では2年間有効である
  • TOEICのスコアは海外就職や外資系の企業への就職の際にも有効である

このように、海外留学をする際TOEICのスコアは2年間が有効で、また、英語力は短期間で変化するので、こまめな受験が必要です。

この記事を参考にして、TOEFLスコアの有効期限を把握しておき、これからTOEFLを受けるならどれくらいのスコアを目標にすればいいのか、目標を定めておきましょう。

英語学習はオーディブル

せっかくだから自分の好きな題材でシャドーイングのトレーニングをしたいところ。

でも、既存の教材って、なかなかいいものが見つからないことありますよね?

そこでおすすめしたいのがAmazonのオーディオブックサービス、“オーディブル”。

 

オーディブルの特徴

40万以上の洋書タイトルをプロのナレーターが朗読

再生スピードを調整可能

いつでもどこでも本を聴ける

30日間無料で試せて、最初の一冊は無料で選べます!

英語学習をもっと楽しく!

スタッフおすすめ!TOEFL攻略ならバークレーハウス

日本ではまだまだメインではないTOEFL対策。

きちんとした対策をしてくれるスクールというのは実は多くないのが現状です。

そんな中、ingwishスタッフがおすすめしたいのが東京・市ヶ谷のバークレーハウス。

40年以上の実績をもとに、ネイティブ講師と日本人講師の組み合わせがTOEFLで重要なアウトプットとインプットを強化。

無料体験レッスンではTOEFL攻略のポイントを解説してくれるので、1回行くだけでもスコアアップが期待できます。

TOEFL対策をお考えの方はぜひ一度無料体験レッスンをお試しください。

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事