TOEFL ITPスコア550点ってどれくらいのレベル?TOEICとの比較や対策を紹介!

記事監修者紹介

益岡 想

應義塾大学経済学部卒のアメリカ在住12年間の帰国子女。

英語検定一級TOEIC990点TOEFLiBT 110点超えTOEICは990点を一度だけでなく、3回連続で出している数々の日本の英語検定系の試験を受けてきて、高得点を叩きだしてきた。

TOEFL ITPテストで550点。一見難しく思えるけど実は楽勝です。

ちょっと独特の対策があるから、それさえこなせば基礎力でいけるね

基礎力がない!という場合はまずは最低英検2級くらいクリアはしておきたいかも

大切なのはPARTごとに攻略することだよね!

ingwish編集部では、ALUGO英会話を利用して「2ヶ月間でビジネス英会話が身につくのか!?」ということを実際に検証しています!

ナガス
下記の記事をぜひご覧ください!

また、現役人気英語講師が英会話スクール・オンライン英会話を徹底的にリサーチし、

実際の内容や評判・口コミに関して紹介をしています!

益岡 想
英会話スクール・オンライン英会話をご検討の方は是非ご一読ください!

TOEFL ITPテストの平均スコア

セクション 問題数 時間制限 スコア
リスニング 50問 35分 31-68点
文法 40問 25分 31-68点
リーディング 50問 55分 31-67点
全体 140問 115分 310-677点

企業や大学がTOEFLのスコアを選考の基準とする場合、TOEFL iBTのスコアを指すことが一般的です。

ただ、一部のコミュニティカレッジでは、TOEFL ITPのスコアが使えることもあるので、受けておいて損はないでしょう。

具体的には、TOEFL ITPスコア500点が足切りとなることもあるので、まずは550点を目指しておくのも悪くありません。

また、大学の英語のクラス分けにTOEFL ITPのスコアが利用されることもあり、英語をしっかり学びたい方は、TOEFL ITPで高得点を取っておくと上位のクラスにいけます。

TOEFL ITPで高いスコアをとっておき、上級クラスで英語の実力を伸ばしていくと良いでしょう。

対策方法

どのサイトでも強調していることだと思いますが、まずは単語の学習が大切です。

ただ、単語学習の方法ですが、もくもくと単語を覚えるのではなく、音とセットで覚えることが大切です。

通常、単語を覚えるというと、英単語の意味を覚えることと思いがちですが、発音を覚えないことで機会損失が生まれてしまいます。

【オーディブル】キクタン

キクタンはいち早く音とセットの単語学習を取り入れたベストセラー単語帳。

従来、リーディングは比較的得意とされながら、発音・リスニングが苦手な日本人。実は、原因の一つは単語を覚える際に発音とセットで記憶しないことだと言われています。

キクタンシリーズはフレーズ・例文とセットで音声を中心に学習していくことで、音と単語の意味をセットで記憶。

しかもレベル別に多くの単語帳が刊行されているので、自分のレベルが上がるごとに本を変えていくことでわかりやすく成長を実感できるのも魅力です。

実はオーディブルでも無料で手に入ります!個人的には単語は音でも覚えたいので非常に便利!

オーディブルとはAmazonのオーディオブックサービス。

プロのナレーターが書籍を音読して、耳で本を楽しむことができる次世代のメディアです。

このオーディブル、英語学習と非常に相性が良いです。今まで文字に偏りがちだった英語学習を音の学習にしてくれるので、うまく使うとびっくりするくらい英語力が上がります!

オーディブル版のメリット
  • スマホに音源を入れて持ち運べるので本いらず
  • 通勤中に音で学習できる
  • リスニング対策と単語学習を同時に行える

単語は耳で覚える」で英語は劇的に伸びます!

【単語】TOEFLテスト英単語3800

TOEIC ITP 550

TOEFLテストの特徴はアカデミックな出題が多いということ。TOEICはビジネスよりですが、TOEFLはより高度で専門的な英単語が出てくるので専用の対策は必須です。

「TOEFLテスト英単語3800」はTOEFL ITP、iBT共通の必読書。TOEFL頻出単語が抑えられ、単語セクションをはじめ、リーディングセクションなどのスコアアップが狙えるでしょう。

TOEICでもっとも大切といってもいいのが単語対策ですが、この本を高速で周回することで飛躍的にスコアアップを狙えるでしょう。

なるべく早く回すことで、同じ単語や文法事項が目に触れる回数を増やすことが、単語や文法を脳に定着させる秘訣です。

【文法】全問正解するTOEFL ITP TEST文法問題対策

TOEIC ITP 550

TOEFL ITPの文法問題は大学入試の文法問題と比較しても難しくありません。

そこそこちゃんと英語を勉強してきた人なら「全問正解するTOEFL ITP TEST文法問題対策」で全問正解することも容易いでしょう。

TOEFL ITPの文法セクションに特化した内容となっていて、この本を2周ほどこなせばほとんどわかるはず。

文法セクションは知っていればそれだけ点数が取れるポイントなので、大切なのは反射的に回答できる力です。

この本を読み込んで模試でスピードを意識した回答を心がけましょう。

【リーディング】TOEFL ITPテスト完全制覇

TOEIC ITP 550

リーディング対策としては、分からない単語や文法構造を無くしていくことと、解答の根拠を探す練習をする必要があります。

具体的には、問題を解きながら分からない単語や文法、答えの根拠となる本文中の文言にチェックを入れていきます

そして答え合わせのときに、チェックを入れたところを確認するのと同時に、答えの根拠となる部分が正しかったかもチェックしておきましょう。

地道ですが、最も確実で効果のある方法ですので、繰り返して問題形式にも慣れていきましょう。

【リスニング】TOEFL ITPテストリスニング問題攻略

TOEIC ITP 550

TOEFL ITPのリスニング問題は比較的易しめで、数秒~数十秒の短い音声を聞き取れれば、問題に答えることができます。

TOEFL ITPの対策方法としては、以下のような方法が挙げられます。

リスニング対策
  • ディクテーション:音声を聞きながら正確に書き取る
  • シャドウイング:音声に少し遅れて真似て発音する
  • 速読練習:簡単な英語の文章を高速で読む

最後の速読練習は、一見リスニングのトレーニングには思えませんが、英語を英語のまま理解する練習として非常に効果的です。

ディクテーション・シャドウイングで音を聞き取る能力を上げ、速読練習で英語の理解力を上げていきましょう。

おすすめの参考書は「TOEFL ITPテストリスニング問題攻略」。

TOEFL ITPテストのリスニングに特化した問題集で、「練習問題・解説」「模擬試験」「重要語彙リスト」の3つから構成されています。

「練習問題・解説」では、各PARTで頻出の会話および講義パターンを網羅。編集しているのはTOEFLを運営するETS公認トレーナーである五十嵐聖氏です。

注目ポイントや問題傾向を掴むことができます。

「模擬試験-Practice Tests」では模擬試験を3回分収録。もちろん、リスニングの日本語訳と解説も載っています。「重要語彙リスト」では、掲載されている問題の中でも重要な単語がリスト形式でまとめられています。

TOEFLスコアをTOEICスコアと比較

TOEIC ITP 550

そもそもTOEFLには、大まかに分けて二種類あり、一般的に世間でTOEFLといわれるものはTOEFL iBTといいます。

本記事でお話しするTOEFL ITPとは、団体向けのTOEFLテストのことで、一般的なTOEFLと違ってライティング・スピーキングのセクションがありません。

そういったことも踏まえた上で、TOEFL ITPのスコアを、TOEICのスコアと比較していきましょう。

TOEIC TOEFL ITP
990 640
900 610
800 573
750 557
730 550
650 540
600 523
550 503

上図のように、TOEFL ITP スコア550点は、TOEICスコア換算でおおよそ730点となり、英語にそれなりに抵抗がない人の数値であるといえます。

TOEFL攻略ならバークレーハウス

日本ではまだまだメインではないTOEFL対策。きちんとした対策をしてくれるスクールというのは実は多くないのが現状です。

そんな中、ingwishスタッフがおすすめしたいのが東京・市ヶ谷のバークレーハウス。

40年以上の実績をもとに、ネイティブ講師と日本人講師の組み合わせがTOEFLで重要なアウトプットとインプットを強化。

無料体験レッスンではTOEFL攻略のポイントを解説してくれるので、1回行くだけでもスコアアップが期待できます。

TOEFL対策をお考えの方はぜひ一度無料体験レッスンをお試しください。

TOEFLの点数を上げるために英会話を活用する

ingwish編集部では、ALUGO英会話を利用して「2ヶ月間でビジネス英会話が身につくのか!?」ということを実際に検証しています!

ナガス
下記の記事をぜひご覧ください!

また、現役人気英語講師が英会話スクール・オンライン英会話を徹底的にリサーチし、

実際の内容や評判・口コミに関して紹介をしています!

益岡 想
TOEFLの点数を上げるために英会話を始めるの1つの手段だね!

英語学習はオーディブル

せっかくだから自分の好きな題材でシャドーイングのトレーニングをしたいところ。

でも、既存の教材って、なかなかいいものが見つからないことありますよね?

そこでおすすめしたいのがAmazonのオーディオブックサービス、“オーディブル”。

 

オーディブルの特徴

40万以上の洋書タイトルをプロのナレーターが朗読

再生スピードを調整可能

いつでもどこでも本を聴ける

30日間無料で試せて、最初の一冊は無料で選べます!

英語学習をもっと楽しく!

まとめ

TOEIC ITP 550

今回は、TOEFL ITPのスコアとTOEICのスコアとの比較と、TOEFL ITPで550点を取るための対策方法をご紹介してきました。

本記事の要点は、以下の通りです。

本記事のまとめ
  • TOEFL ITPスコア550点は、TOEIC換算でおよそ730点くらいの難易度
  • TOEFL ITPのスコアは一部のコミュニティカレッジで採用されているので取っておいて損はない
  • TOEFL ITPのスコアは上げやすいのでしっかり対策をしてスコアアップを狙う

この記事を参考にして、TOEFL ITPテストの難易度を把握しておき、あなたに合った目標を立てて効果的な勉強をし、まずはTOEFL ITP550点を目指しましょう。

 

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事