TOEFLの対策方法を解説!TOEFLの勉強におすすめの本を紹介!

TOEFL対策におすすめの本を教えてほしい

TOEFLでスコアアップを狙いたいので、対策方法が知りたい

この記事を読めば、TOEFLでスコアアップを狙う上で、効果的に勉強をすることができる本がわかります。

TOEFLの参考書選びで失敗しないコツ

TOEFLの対策本は数多く出ていますが、どのような学習をするかでおすすめの書籍は変わります。

言い換えれば、その人が今、どの段階の学習が必要としているかというのが大切な要素。

簡単にいうと、「将来なんとなく受けたい」と思っている人と、「具体的にいつ受けるのかはっきり決まっている人」では勉強が変わっていくと思います。

当サイトでおすすめしたいのが、TOEFL受験が初めてという場合は挫折しないように隙間時間で達成できる参考書を買うということ。

電車の中やちょっとした空き時間で使える単語学習はいつやっても腐りません。

本格的にTOEFLの受験を考えているのであれば、TOEFLを受験する上で、必ず持っておいて欲しいのが、TOEFLの公式問題集です。

TOEFLでスコアアップするためには、TOEFLの問題傾向を把握しておくことが何よりも大切で、対策が打ちやすくなります。

自分の課題がわかり次第、パート別に対策を練っていきましょう。

また、一番最初は初心者向けの解説本を一冊は読んでおくのも大切。これは電車の中など空き時間でも大丈夫です。

具体的に取り組む前にイメージすることが大切です。

また、単語をある程度覚えた段階で公式問題集を解いてみることで、自分がどのセクションに弱いのかを理解しておくことも大切です。

TOEFL TEST 必須単語 5600

TOEFL TEST 必須単語 5600は、リーディングも同時に鍛えることができる英単語です。

リーディング教材と単語帳を合わせたような本で、TOEFLに出題されるジャンルの長文の中で単語を学ぶことができます

TOEFLに出題される文章の中で単語を覚えられるので、単語を覚えても実際文章になると意味が出てこないという方におすすめです。

この本で、単語を覚えつつ、TOEFLのリーディングの感覚をつかんでいってはいかがでしょうか?

The Official Guide to the TOEFL Test

The Official Guide to the TOEFL Testは、TOEFLテストを作成しているETSの公式TOEFL参考書です。

全部で3回分のテストが収録されているほか、解答や本番同様に解くことができるCDが付属しており、本番をイメージした練習ができます

また、スピーキングやライティングセクションの解答には、解答例と採点者のコメントが記載されており、初受験する人でもしっかり対策ができるのがポイントです。

TOEFLを受けるのであれば、ETSが出版しているこちらの公式参考書は、必ず手元に置いておくべきでしょう。

TOEFL iBT TESTエッセンスシリーズ

TOEFL iBT TEST リーディングのエッセンスは、内容が充実しており、本番に向けてしっかり対策ができる教材です。

20問以上の問題と、論理的な解答解説、リーディング内容の簡潔なまとめなどが収録されており、徹底的にリーディング対策ができます

リーディングの問題集などでは、答えの解説が不十分だったりすることがありますが、解き方までしっかり理解できるのがこの本の特徴です。

文法や単語は理解しているけど、リーディングを解くのは苦手という方は、こちらの本で解き方を学んでいきましょう。

TOEFL iBT TEST リスニングのエッセンスは、シンプルながら重要な点はしっかり押さえられている教材です。

CDが付いているのはもちろんのこと、リスニング内容のテキストや、日本語訳、問題の解答解説が付属しています。

また問題数も30問以上収録されているので、質と量のバランスの取れた教材を求めている方におすすめです。

CDをiPhoneなどに入れておけば、スキマ時間にリスニングのトレーニングをすることもできるので、そういった使い方もしてみてはいかがでしょうか?

TOEFL iBT TEST ライティングのエッセンスは、独学で学ぶことが難しいライティングを、効果的に学ぶことのできる教材です。

問題数は30問以上が用意されているほか、Independentライティング、Integratedライティング、それぞれの内容のまとめ方が開設されています。

また、解答解説も充実しており、「不十分な解答例」と「適切な解答例」を比較しながら、TOEFLライティングのコツを掴んでいくことができます。

独学でライティングを学ぶのであれば、こういった解答例が付属されているライティング教材がいいでしょう。

TOEFL iBT TEST スピーキングのエッセンスは、英語で順序だてて話す技術が身につく一冊です。

スピーキングを練習するのは、本では難しいと思われるかもしれませんが、TOEFLでは順序だてて主張を組み立てる能力が問われます。

解答の際にどういった手順で話を組み立てるのか、また、どのような解答が高いと評価されるのかが解説されています。

問題数も30問以上収録されているので、繰り返し問題にあたることができ、確実にTOEFLスピーキングセクションの対策をすることができます。

まとめ

今回は、TOEIC対策にどんな本が必要なのか、また、それぞれの対策におすすめな本を紹介してきました。

本記事の要点は、以下の通りです。

本記事のまとめ
  • TOEFLに頻出の単語を覚えて基礎的な英語力の底上げを図る
  • TOEFLの公式問題集を解いて自分の得意不得意を把握しておく
  • 各セクションの対策本を基に自分の不得意を潰していく

この記事を参考にして、自分にあった対策本を選び、効果的に勉強をすることで、TOEFLのスコアアップを狙いましょう。

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事