【セブ島】シュノーケリングにおすすめのスポット7選

当記事ではセブ島でのシュノーケリングについて解説をしていきます。

シュノーケリングのおすすめスポットを紹介するので潜ってみたい場所を決めるのにぜひ活用してください。

ingwishでは留学経験豊富なスタッフたちによるセブ島観光情報を多数掲載しています!

 

ingwish man
セブ島の観光情報について詳しく知りたい方は下記の記事をご一読ください!

モアルボアル

セブ島 シュノーケリング

【画像出典: https://www.csp-cebu.com/islandhopping/moalboal/】

シュノーケリングのスポットとして一番におすすめしたいのがモアルボアルです。

セブの南西部に位置する田舎町で、この町の近海は豊富な種類の魚が生息しているのでずっと海中を眺めていても飽きないでしょう。

このモアルボアルで特に見ていただきたいのが、イワシの群れウミガメです。

▼イワシの群れ

セブ島 シュノーケリング

【画像出典: https://www.papalagi.co.jp/】

このイワシは現地ではサーディンと呼ぶらしいですが、モアルボアルの近海を大群で泳いでいることが多いです。

そんなに深くないところを群れで泳いでいるので、シュノーケリングでも見ることができます。

また、セブ島でもウミガメが見られるスポットは限られますが、モアルボアルは結構な確率で遭遇することができます。

色々な海の生き物と出会いたいという方はモアルボアルでのシュノーケリングがおすすめです。

見られる海の生き物たち
  • ウミガメ←見どころ
  • イワシ(サーディン)←見どころ
  • マグロ
  • イルカ
  • サンゴ礁
  • 色々な熱帯魚

ヒルトゥガン島

セブ島 シュノーケリング

【画像出典: https://tabinaka.co.jp/magazine/articles/11592】

次におすすめしたいのがマクタン島からボートで30分ほどの場所にあるヒルトゥガン島です。

この場所はダイビングのスポットとして人気の場所ではありますが、シュノーケリングを楽しむことも十分にできます。

その理由としては深いところに大型の魚がたくさん泳いでいるからです。シュノーケリングでも遠目に見ることはできます。

しかし、浅い場所では色とりどりの魚がそこらを泳いでいるのでシュノーケリングは十分に楽しむことができます。

▼カラフルな魚たち

セブ島 シュノーケリング

【画像出典: https://tabinaka.co.jp/tour/1666】

ここまで魚が豊富な理由はこの島の近海は海洋保護区になっているためです。

海の透明度が非常に高く、のぞき込むと海中がくっきりと見えます。

海も穏やかで波もほとんどない場所なのでシュノーケリングのコンディションは最高です。

見られる海の生き物たち
  • カラフルな熱帯魚←見どころ
  • サンゴ礁
  • 大型の魚(エイなど)

オスロブ島

セブ島 シュノーケリング

【画像出典: https://www.travel.co.jp/guide/article/6055/】

次におすすめするのはセブの最南端にあるオスロブ島です。

オスロブ島はなんといっても、ジンベイザメが見られることで非常に有名なスポットです。

かなり浅い場所を泳いでいることも多いので触れられるくらいの距離にまで接近することができます。

▼ジンベイザメとのシュノーケリング

セブ島 シュノーケリング

【画像出典: https://stworld.jp/earth_info/PH/op_tour/CEB/CEB60/】

サメとこんなに近くで泳いでも大丈夫なのか心配になる方もいるかもしれませんが、安心してください。

ジンベイザメは性格が非常に温厚で餌も海中のプランクトンなので、人間が襲われることはまずありません

ジンベイザメだけでなく、他にも色々な種類の魚も泳いでいるのでそういった生き物たちも見ていて楽しいです。

また、南の方の海はマクタン島周辺よりも透明度がずっと高いので基本的のどのポイントで潜っても楽しいです。

見られる海の生き物たち
  • ジンベイザメ←見どころ
  • 熱帯魚たち
  • サンゴ

スミロン島

セブ島 シュノーケリング

【画像出典: https://ceburyugaku.jp/37632/】

オスロブ島とあわせておすすめしたいのがスミロン島です。

オスロブ島のすぐ近くなので、オスロブ島に行くのであればぜひ一緒に訪ねてほしいスポットです。

スミロン島の魅力は透明度が非常に高い海白い砂浜です。

シュノーケリングをするのであれば周辺のサンゴ礁をぜひ見ていただきたいです。

▼スミロン島近海のサンゴ礁

セブ島 シュノーケリング

美しいサンゴ礁が広がっていて、とても見ごたえがあります。

サンゴ礁には熱帯魚もたくさん集まってくるので、そういった魚を見るのも楽しいですよ。

見られる海の生き物たち
  • サンゴ礁←見どころ
  • 熱帯魚

ナルスアン島

セブ島 シュノーケリング

【画像出典: https://tabinaka.co.jp/magazine/articles/11277】

ナルスアン島はセブで最も小さい離島として知られている場所です。

アイランドホッピングの定番スポットで長い桟橋が特徴的な島です。

ヒルトゥガン島と同じで周辺の海域は海洋保護区に指定されています。

そのため、多種多様な魚が泳ぎまわっています。

▼ナルスアン島の海の中

セブ島 シュノーケリング

【画像出典: https://bestofcebuislandhopping.com/nalusuan/】

小魚が多いですが、本当にたくさんの魚が泳いでいるのでまるで水族館のように錯覚するかもしれません。

小さい魚が泳ぎまわっている光景を見たい方はナルスアン島がおすすめです。

パンなど持って海に入るとすぐに魚が手の周りに集まってきて面白いですよ。

見られる海の生き物たち
  • 多種多様な小魚たち←見どころ

バリカサグ島

セブ島 シュノーケリング

【画像出典: https://pare-ko.com/philippines-travel-balicasag】

バリカサグ島はウミガメとの遭遇率が最も高い場所として有名なスポットです。

シュノーケリングで訪れた観光客のウミガメとの遭遇率はほぼ100%です。

近年、人気が急上昇している場所なのでセブ島を訪れた際は行ってみてはいかがでしょうか。

この場所を訪れるのであれば一緒にボホール島を訪れるのもおすすめです。

▼ボホール島

セブ島 シュノーケリング

【画像出典: https://www.travelbook.co.jp/topic/32468】

シュノーケリングとは特に関係がない島ですが、独特な地形世界最小のメガネザルなど見どころがたくさんある場所です。

バリカサグ島のすぐ近くにあるのでウミガメを見に行くついでにいくのもいいと思います。

見られる海の生き物たち
  • ウミガメ←見どころ
  • 色々な魚

マクタン島

セブ島 シュノーケリング

【画像出典: https://cebu-info.com/sea-dirty/】

アクセスのしやすい場所としておすすめなのがマクタン島です。

リゾートホテルのプライベートビーチなどでもシュノーケリングをすることはできます。

なので、宿泊先のホテルがプライベートビーチを所有しているのであればそこでシュノーケリングをするのもいいでしょう。

何か特別な生物が見られるというわけではないですが、熱帯魚サンゴはマクタン島にもいるのでシュノーケリングを楽しむには申し分ないでしょう。

マクタン島の観光もしたいという方は多いと思うのでそういった方は近場でのシュノーケリングもありだと思います。

見られる海の生き物たち
  • 熱帯魚
  • サンゴ

まとめ

セブ島 シュノーケリング

【画像出典: https://worldofuro.com/archives/246】

セブ島のシュノーケリングのスポットを紹介してきました。

潜ってみたい海は見つかりましたでしょうか。

セブ島は意外とどのポイントで潜ってもシュノーケリングを十分に楽しむことができます。

しかし、やはりなかなか見られない珍しいものを見られた方がシュノーケリングはずっと楽しいです。

なので、シュノーケリングのスポットはしっかりと選ぶことをおすすめします。

普段は見られないものを見て、思い出作りをしてきていただければと思います。

 

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事