IELTSのスコアをTOEIC・TOEFL・英検スコアに換算するとどれくらい?

記事監修者紹介

益岡 想

應義塾大学経済学部卒のアメリカ在住12年間の帰国子女。

英語検定一級TOEIC990点TOEFLiBT 110点超えTOEICは990点を一度だけでなく、3回連続で出している数々の日本の英語検定系の試験を受けてきて、高得点を叩きだしてきた。

ingwish man
IELTSのスコアを他のテストと換算すると?

益岡 想
一概にはいえないけど、目安はあるよ。

ingwish man
詳しく教えて!

益岡 想
じゃあ今回はIELTSのスコアを他のテストに換算した場合のスコア比較を解説していくよ。

ingwish編集部では、ALUGO英会話を利用して「2ヶ月間でビジネス英会話が身につくのか!?」ということを実際に検証しています!

ナガス
下記の記事をぜひご覧ください!

また、現役人気英語講師が英会話スクール・オンライン英会話を徹底的にリサーチし、

実際の内容や評判・口コミに関して紹介をしています!

益岡 想
英会話スクール・オンライン英会話をご検討の方は是非ご一読ください!

IELTSについては以下の記事でも解説しておりますので、ぜひ一度ご確認ください。
この記事の要点
  • IELTSのスコアをTOEIC・TOEFL・英検と比較
  • IELTSの特徴(メリットやデメリット)を解説
  • ビザ申請で必要となるIELTSスコア目安

IELTSのスコアを他のテストに換算すると?

IELTSのスコアを他のテストに換算するとどうなのでしょうか。

テスト形式が異なるので、一概に換算することはできませんが、目安として把握しておきましょう。

TOEIC

IELTSのスコアをTOEICに換算した場合、以下になります。

IELTS TOEIC
7.5 970~990
7 870~970
6.5 820~870
6 740~820
5.5 600~740
5 550~600
4.5 500~550
4 450~490

IELTSの難易度はTOEICよりも高いため、7.5以上のIELTSのスコアはTOEIC満点以上のものといえるでしょう。

TOEFL

IELTSのスコアをTOEFLに換算した場合、以下になります。

IELTS TOEFL iBT TOEFL CBT TOEFL PBT
9 118~120 297~300 673~677
8.5 115~117 293 670
8 110~114 287~290 660~667
7.5 102~109 267~283 630~657
7 94~101 250~263 600~627
6.5 79~93 233~247 577~597
6 60~78 213~230 550~573
5.5 46~59 192~212 521~549

TOEFLの場合はIELTSと難易度が同等ですので、換算スコアを綺麗に出すことが可能です。

 

英検

IELTSのスコアを英検に換算した場合、以下になります。

IELTS 英検
7〜 1級
6.5 -
6 準1級
5.5 -
5 2級
4.5 -
4 準2級

英検に関しても、TOEICと同様にIELTSの方が難易度が高いため、7以上のスコアは全て満点として換算されます。

IELTSと他のテストの違い

IELTSと他のテストとの一番の違いは「総合的な英語力」が求められることです。

IELTSでは、リーディング・ライティング・リスニング・スピーキングと4つのセクションから構成されています。

一方TOEICや英検などの他のテストでは、リスニングとリーディングはあるものの、ライティングやスピーキングを全てカバーしていません。

また、取り扱う英語も異なります。他の英語テストは「アメリカ英語」なのに対し、IELTSではイギリス英語となります。

そのため、IELTSのリスニング問題では、オーストラリアやイギリス訛りの英語を聞き取る必要があります。

加えて、テスト形式が異なります。

他のテストはマークシート式のものが一般的ですが、IELTSでは手書きで回答する形式となっています。

IELTSの形式については「IELTSではどんな問題が出題される?セクションごとに紹介!
」の記事にて詳しく解説しています!

IELTSの3つのメリット

IELTSのメリット
  • 国際的に広く認められたテスト
  • 世界各国の大学や就職で活用可能
  • 手書きのテスト形式で受験可能

IELTSのメリットは、国際的に広く認められたテストであることです。

IELTSは世界140ヶ国・合計10,000以上もの機関が認定したテストであり、世界各国の大学や就職などでIELTSのスコアを活用できます。

昨今は日本でも認知度が高まっており、一定のIELTSスコアを持っている人は大学入試や就職で有利になります。

IELTSは世界的にメジャーな試験なんだね!

また、日本人に馴染みのある手書きのテスト形式で受験できるのもIELTSのメリットといえます。

先ほどもふれましたが、他のテストはマークシート式のため、慣れないマークシートで普段の実力を発揮できない人もいるでしょう。

その点、IELTSは日本人にとって馴染みのあるテスト形式で受験可能です。

IELTSの3つのデメリット

一方IELTS受験のデメリットとしては、「受験に2日かかる」・「受験可能な都市が少ない」・「早めに申し込みが必要」の3点です。

IELTSのデメリット
  • 受験に2日かかる
  • 受験可能な都市が少ない
  • 早めに申し込みが必要

他のテストでは、1日で終わりますがIELTSでは2日にわたってテストが行われます。

基本的には、1日目にリーディング・リスニング・ライティング、2日目がスピーキングの日程で実施されます。

また、IELTSは東京・横浜・名古屋をはじめとする全国16都市で受験可能です。

TOEICやTOEFLが全国80都市で受験可能なことを考えると、受験できる都市が限られています。

それに加えて、IELTSは試験日の19日前までに申し込みを済ませる必要があります。

ビザ申請のスコア目安

英語圏への留学や就職の際にIELTSのスコアが必要となります。大学留学・就職・海外移住のケースに分けて、IELTSのスコア目安を紹介します。

自分の目標のIELTSスコア目安を把握しておきましょう。

大学留学

イギリスの大学に必要なIELTSのスコアは以下になります。

  • オッスクフォード大学:7.0
  • ケンブリッジ大学:7.0
  • ロンドン大学:7.0
  • エジンバラ大学:6.5

オーストアリアやカナダの大学でも、最低ラインがIELTS5.5以上となっています。

オックスフォード大学のような、いわゆる偏差値の高い大学になると、IELTS6.5〜7.0以上必要となります。ただし、あくまで最低ラインです。

オックスフォードなどの有名大学は人気があるため、IELTS7.5以上ないと厳しいといわれています。

場合によっては条件付きでIELTS5.5で入学可能な大学もあるので、興味のある方は調べてみてください。

留学については以下のページにてまとめてありますので、ぜひご一読ください!

就職

一定のIELTSスコアを満たすことで、海外の企業や日本の外資系企業への就職に有利になります。IELTSの場合、履歴書に書いて評価されるのは、「6.0」からとなります。

まずはスコア6.0越えを目指しましょう!

まだまだ日本の企業ではTOEICの方が認知度は高いですが、IELTSのスコアを参考にする企業も増えています。外資系企業や国際機関の場合は最低でも7.0以上が必要だといわれています。

例えば、日本の外務省はIELTSを採用基準にすることを公表しており、外務省の公式ホームページによるとIELTS7.0以上の英語レベルを推奨しています。

海外移住

一部の英語圏の国では、移住する際に一定のIELTSスコアが必要となります。

IELTSスコアを採用している国としては、イギリス・カナダ・オーストラリアなどが挙げられます。

例えば、オーストラリアに移住する場合、各セクションで6.0以上必要です。ただし、専門性の高い職業の場合は7.0以上必要な場合もあります。

カナダの移住では、IELTSスコアが6.5以上必要です。

また、IELTSにはアカデミックモジュールとジェネラルトレーニングモジュールの2種類ありますが、国によって採用している試験の種類が異なります。

例えば、カナダの永住権では、ジェネラルのスコアが必要となります。国によって要件が異なるので事前に確認してください。

自分が移住したい国の要件をチェックしてみてください。

まとめ

IELTSは世界的に認められた英語の試験です。

TOEICやTOEFLなどの他のテストとは違い、スピーキング・リスニング・ライティング・リスニングと総合的な英語力が求められます。

また、IELTSで取り扱う英語は「イギリス英語」と、アメリカ英語ではないことも他のテストとは違うところです。

そのため、リスニングテストでは、イギリスやオーストラリア訛りの英語が出題されます。

IELTSのスコアは、英語圏の大学留学だけではなく、最近では大学入試や就職でも優遇されるようになっています。

自分の現状レベルや目標となるレベルを把握して、英語の勉強を進めてください。

IELTSについては以下の記事でも解説しておりますので、ぜひ一度ご確認ください。

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事