英検準一級の難易度とTOEICを比較!形式と試験内容の特徴の違い
記事監修者紹介

益岡 想

應義塾大学経済学部卒のアメリカ在住12年間の帰国子女。

英語検定一級TOEIC990点TOEFLiBT 110点超えTOEICは990点を一度だけでなく、3回連続で出している数々の日本の英語検定系の試験を受けてきて、高得点を叩きだしてきた。

英検とTOEIC、実は2つの試験ってそう簡単に比べることができる試験ではないって知ってますか?

英検準一級=TOEICで何点、みたいなのって言えないってこと?

一般的には相関する点数表があるんだけど、一概には言い切れないんだ。ということで、今回は英検準一級とTOEICの点数の比較や、違いを解説!

 

英検とTOEICスコアの難易度を比較

TOEICのスコア 英検
リスニング:490-495
リーディング:455-495
一級
リスニング:400-485 追加:
リーディング:385-450
準一級
リスニング:275-395
リーディング:275-380
二級
リスニング:110-270
リーディング:115-270
準二級
リスニング:60-105
リーディング:60-110
3、4、5級

比較表は、国際標準規格「CEFR(セファール)」に基づいたもの。

英検準一級はTOEIC換算でおよそ800点のレベルとなっています。

しかし実際は、英検準一級の方がTOEIC800点よりも対策が必要と言われています。

TOEICはビジネスにマトを絞った試験内容となっていますが、英検は様々な職業を想定し、アカデミックな話題も頻出するため、より広範囲の英語知識が問われるため。

したがって実際は、「英検取得者がTOEIC受験した場合の点数目安」であることに注意。

英検とTOEICの違いとは?単語や問題の特徴

英検
日本英語検定協会が実施。年3回、受験料9,500円
資格試験のため期限なし
TOEICよりもアカデミックな内容
英検準一級の必要語彙数は12,500~13,500語
TOEIC
テスト開発期間ESTが実施。年に10回、全国80都市で、受験料は5,725円。
スコアの期限は2年
出題内容は主にビジネス
スコア800で8,500程度が必要

英検1級でカバーしている単語数は12,500から13,500単語といわれており、豊富な語彙力が求められます。

一方で一般に英検準一級相当と言われるTOEIC800点で必要な語彙数は8,500語と言われており、概算とはいえ、4,000〜5,000近くの差があることになります。

TOEICには一般的な語彙が頻出しますが、英検準一級の問題にはより専門的な語彙が使われており、全く知らない単語や熟語が現れたりします。

TOEICに必要な語彙力、TOEICの問題形式については以下の記事でも紹介しています!

英検とTOEICどちらを受けるべき?

TOEICのための勉強をしていると、スピーキングやライティングがおざなりになってしまう可能性が高く、英検でいい結果を得ることは難しいです。

一方で英検に向けて勉強をしていれば、英語の4技能を自然とまんべんなく学習することになるので、TOEICのテスト形式に慣れてしまえば意外とスコアは伸びます。

英検に備えた勉強で英語力を底上げしつつ、必要に応じてTOEICの試験形式に合わせていくことをおすすすめします。

英検の勉強をした方がいい人

純粋に英語力を伸ばしたいというのであれば、英検を受験することをおすすめします

なぜなら、英検は純粋な英語の知識をインプットするだけでは合格できず、英語でのコミュニケーションスキルや、あらゆる広い知識を学ぶことになるからです。

英語でコミュニケーションを取りたい、英語で何かをしたいという方は、英検を受験するのが役に立ちます。

TOEICがおすすめの人

TOEICの対策勉強がおすすめの人は就職や転職を控えている社会人や大学生。

TOEICのスコアの提出を求める大学や会社は多いので、ハイスコア獲得用の勉強をして、英語力は色々時間ができた後にこなす、というのがおすすめです。

就職とTOEICについては「【大学別・学年別】大学生のTOEIC平均点は?何点を目指すべきか解説
」の記事をご一読ください!

【オーディブル】キクタン

キクタンはいち早く音とセットの単語学習を取り入れたベストセラー単語帳。

従来、リーディングは比較的得意とされながら、発音・リスニングが苦手な日本人。実は、原因の一つは単語を覚える際に発音とセットで記憶しないことだと言われています。

キクタンシリーズはフレーズ・例文とセットで音声を中心に学習していくことで、音と単語の意味をセットで記憶。

しかもレベル別に多くの単語帳が刊行されているので、自分のレベルが上がるごとに本を変えていくことでわかりやすく成長を実感できるのも魅力です。

実はオーディブルでも無料で手に入ります!個人的には単語は音でも覚えたいので非常に便利!

オーディブルとはAmazonのオーディオブックサービス。

プロのナレーターが書籍を音読して、耳で本を楽しむことができる次世代のメディアです。

このオーディブル、英語学習と非常に相性が良いです。今まで文字に偏りがちだった英語学習を音の学習にしてくれるので、うまく使うとびっくりするくらい英語力が上がります!

オーディブル版のメリット
  • スマホに音源を入れて持ち運べるので本いらず
  • 通勤中に音で学習できる
  • リスニング対策と単語学習を同時に行える

単語は耳で覚える」で英語は劇的に伸びます!

英語力がつく!英検対策おすすめの参考書

英検対策には専門の参考書が必須!

良い参考書が多いですが、今回はおすすめの3冊を厳選しました。

英検準1級 でる順パス単

「英検準1級 でる順パス単 」は英検のデータを分析して頻度順に掲載してまとめた英検対策単語本。

英検準一級からは語彙のレベルがぐっとあがるため、語彙がわからず苦戦する受験者のため、効率的に頻出単語を掲載しています。

インターネットから無料音声をダウンロードできるので、単語の意味と同時に発音の学習もできます。全ての見出し語に例文がついているので文脈で覚えることができるのも魅力。

難関大学の受験にも使用できるおすすめの参考書となっております。

最短合格! 英検1級 英作文問題完全制覇

「最短合格! 英検1級 英作文問題完全制覇」は英検準一級の英作文問題について、答案の書き方をわかりやすく解説。

時間配分やメモの取り方と言った細かなポイントから、POINTSの使用に困った時の打開策、というテクニックを解説しています。

また、英作文の書き方についても、意見や判断の述べ方や原因・理由・結果の表現などをアドバイス。ジャンル別に英作文に必須なフレーズを掲載しています。

また、「教育・育児」「社会・経済」「生活・健康」「ビジネス・テクノロジー」という4つの頻出分野についてはすぐに使用できる英文を200以上掲載。

一冊やるだけで英検と言わず英語作文能力が向上するおすすめの参考書となっています。それぞれの問題に肯定・否定の両パターンを掲載しているのも嬉しいポイント。

最短合格! 英検準1級 リスニング問題 完全制覇

「最短合格! 英検準1級 リスニング問題 完全制覇」は、英検の過去問を過去5年分にわたり徹底的に分析し、出題傾向をもとにリスニングのオリジナル問題を160問以上掲載する対策書。

過去5年分のデータは最新データに基づいているので、英検の最新の傾向に噛み合うように作成されています。

問題だけではなく、解き方のポイントや英検準一級のリスニング対策で注意するポイントなども丁寧に解説しているので、リスニングに対する実践力が身に付きます。

また、レベルの高い英検準一級のリスニングに挑む前に基礎固めをするためのポイントを設置。リスニング力を効率的に成長させる様々なトレーニング方法が掲載されています。

TOEIC対策ならスタディサプリENGLISH

スタディサプリ

ポイント
  • 3分から学習できるコンテンツの短さで隙間時間を有効利用
  • 有名脚本家が手がけるドラマ式レッスンや、200本以上収録の名物講師による授業

スタディサプリイングリッシュはコンテンツが多数収録された「英語アプリ」です。

有名な脚本家が手がけるドラマ式レッスンや有名講師が手がけるレッスンなど豊富な教材が数多くあり、有名講師による授業動画が200本収録されているなどコンテンツの豊富さが魅力です。

ベーシックプラン(基本プラン)

本番に近い問題形式の問題集が毎月200問追加され、TOEICスコアアップの有名講師による解説動画が140本以上も収録されているなど、コンテンツの豊富さは他の追随を許しません。

これだけのコンテンツ量を参考書で買うと非常にお金がかかるところですが、スタディサプリENGLISHなら月額2,980円と格安。

益岡 想
全ての機能が7日間使える無料体験もあり。この7日間だけでも参考書数冊分の価値の勉強ができるので、ぜひお試しください。
パーソナルコーチプラン

パーソナルコーチプランはTOEIC対策のベーシックプランに加えて、オンラインで専属コーチが徹底サポート。

パーソナルコーチがその人に合わせて明確な学習プランを作成し、しかもプランの進捗を日々管理してくれるので、集中して効率よくスコアを伸ばすことができます。

コーチはレベルに合わせた課題やアドバイスをしてくれるので、初心者から上級者までスコアアップを期待できます。

益岡 想
なんとこのパーソナルプランも7日間無料で体験できます!指導してくれる人物の大切さを改めて実感しました笑 ぜひ試してみてください

TOEICの点数を上げるために英会話を活用する

ingwish編集部では、ALUGO英会話を利用して「2ヶ月間でビジネス英会話が身につくのか!?」ということを実際に検証しています!

ナガス
下記の記事をぜひご覧ください!

また、現役人気英語講師が英会話スクール・オンライン英会話を徹底的にリサーチし、

実際の内容や評判・口コミに関して紹介をしています!

益岡 想
TOEICの点数を上げるために英会話を始めるの1つの手段だね!

英語学習はオーディブル

せっかくだから自分の好きな題材でシャドーイングのトレーニングをしたいところ。

でも、既存の教材って、なかなかいいものが見つからないことありますよね?

そこでおすすめしたいのがAmazonのオーディオブックサービス、“オーディブル”。

 

オーディブルの特徴

40万以上の洋書タイトルをプロのナレーターが朗読

再生スピードを調整可能

いつでもどこでも本を聴ける

30日間無料で試せて、最初の一冊は無料で選べます!

英語学習をもっと楽しく!

まとめ

今回は、英検に対するTOEICのスコアの比較と、それぞれのテストの違いについてもご紹介しました。

本記事の要点は、以下の通りです。

本記事のまとめ
  • 英検準一級の合格者のTOEICスコア平均点は713点である
  • 英検とTOEICでは問題の形式や特徴が異なるのでスコアは参考程度にする
  • 英検とTOEICで英語のスキルを伸ばしたいなら英検受験を想定する

ここまで見てきたように、どちらの試験にも特徴があり、一概にどちらが良いとは言い切れないのが、実際のところです。

このページを参考にして、あなたの目標としているものにはどちらの試験が良いのか考えて受験する試験を決めて、今後の英語学習の計画に活かしましょう。

 

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事