フィリピン旅行の注意点―犯罪・衛生・気候の観点から解説

当記事ではフィリピンを旅行する際に注意すべきことを解説していきます。

いくつかの観点に分けて旅行中の注意点についてまとめていくのでこれからフィリピンへ行くという方は参考にしてください。

犯罪に関する注意

フィリピンは治安が悪いということは多くの人が知っていると思います。なので、旅行中に犯罪に巻き込まれてしまうケースは非常に多いので注意が必要です。

まずは、旅行中に犯罪に巻き込まれないようにするために注意することをいくつか挙げていきます。

スリやひったくり

フィリピン 旅行 注意

フィリピンを観光する際はスリやひったくりに十分に注意するようにしてください。

スリの被害にあわないようにするために後ろのポケットにスマホや財布を入れないようにしたり、カバンのはしっかりと閉じて持ち歩くといった注意はするようにしましょう。

ピアスやネックレスなどの貴金属類を身につけていたり、高級そうな服を身につけているとひったくりの標的にされやすいので注意です。ひったくりの被害にあわないようにするために、街中を歩く際には余計なものは身につけず、目立たない格好でいるようにしましょう。

それでも、万が一ものを盗られてしまったときに備えて貴重品や大金はできるだけ持ち歩かないといった対策はしておくことをおすすめします。

また、自分の荷物を盗られてしまっても犯人をむやみに追跡しないようにしましょう。下手に取り返そうとすると逆に危害を加えられる可能性も高いので注意してください。

置き引き

フィリピン 旅行 注意

スリやひったくりと同様に注意しなけらばならない犯罪が置き引きです。

フィリピンでは観光客の荷物を狙った置き引きもよく起こります。

空港やショッピングモールなどで荷物から少し目を離した隙に盗られているなんてことも少なくありません。

置き引きに合わないようにするには自分の荷物はしっかりと自分で管理するという心掛けが必要です。くれぐれもカバンやスーツケースを置いてどこかへ行ってしまうなんてことがないように旅行中は注意をしましょう。

強盗

フィリピン 旅行 注意

フィリピンではスリや置き引きなどの軽犯罪だけでなく、強盗も頻発しているので旅行中には注意しましょう。

特に多いのは路上強盗で歩いているところに銃を突き付けられ、金を要求されるといった類のものはよくあります。

また、睡眠強盗という観光客と親しくなり、睡眠薬の入った食事や飲み物を勧め、眠っている間に手荷物をすべて持って行ってしまうタイプの強盗もフィリピンではよく起こります。

これらの強盗に巻き込まれないようにするためにすべきことは主に2つです。

1つ目は夜中や早朝の外出は控えることです。路上強盗は昼よりも夜の方が被害にあう確率がずっと高いです。なので、観光や買い物は基本的に昼間に済ませ、夜はホテルなどで過ごすようにしましょう。

2つ目は現地の人に勧められた食べ物や飲み物はむやみに口にしないようにしましょう。日本人は勧めてくれたものを口にしないのは悪いと思ってしまう人が多いようですが、それでは犯罪に巻き込まれてしまいます。よく知りもしない人から勧められたものには十分に警戒してください。

ドラッグ関連の犯罪

フィリピン 旅行 注意

フィリピンの旅行中にドラッグ関連の犯罪に巻き込まれてしまうこともよくあります。

一部のドラッグはフィリピンの市場では普通に流通してしまっているので観光客がドラッグがらみのトラブルに巻き込まれてしまうという話はよく耳にします。

ドラッグに関係するトラブルでよく起こるのが、荷物や手紙を日本まで運んでほしいと依頼され、麻薬などのドラッグを知らぬ間に運ばされてしまうといった事件です。運んでしまった観光客に悪気がなくても犯罪にされてしまうケースが多いということは知っておきましょう。

見知らぬ人から荷物や手紙を頼まれても絶対に受け取らないようにすれば、この手の犯罪に巻き込まれるリスクは格段に小さくなるでしょう。

性犯罪

フィリピン 旅行 注意

女性の方は旅行中に性犯罪に巻き込まれないようにも注意してください。観光客が巻き込まれるようなことはめったにありませんが、日本人女性が強姦をされたなどの事例はあるので気を付けましょう。

特にビーチでのナンパには十分に警戒をしてください。親しげに接してくる男性でも何か企みがある可能性はあるので注意しましょう。

衛生面での注意

フィリピンを旅行する際には犯罪以外に衛生面にも十分に注意しておいた方がよいでしょう。

日本に比べて、水や食品に対する処理がいい加減なことが多く、注意しておかなければ病気になったりするのでフィリピンの公衆衛生の状況はしっかりと理解しておきましょう。

フィリピン 旅行 注意

衛生面で最も注意をしなければいけないのが水です。

日本にいるときと同じ感覚で水道水を飲むといった行為はフィリピンでは絶対にしてはいけません。

フィリピンの水道管は非常に劣化していたり、素人が勝手に分岐させたりすることも珍しくないので非常に不衛生です。飲むと間違いなくお腹を壊すので、絶対にやめましょう。

飲料水はとても安い値段で買うことができるので水は買って飲むようにしましょう。

また、フィリピンの飲食店で出される水にも注意が必要です。お店によっては水道水を提供してしまうところや水は飲料水だけど氷は水道水で作ったといったものを提供するところもあります。

特に地元の庶民の方向けの小さいお店だとそういった水が提供されることがあるので、手は付けない方がいいと思います。

食品

フィリピン 旅行 注意

フィリピンの食品は日本のものほどしっかりと滅菌加工をされているわけではないので食事にも気を付けるようにしましょう。

特に、屋台や小さな飲食店だと店構えからしても衛生面が行き届いていないところが多いです。食品の調理に関してもいい加減なことが多いので注意してください。

食事をする場所はしっかりと選ばないと、旅行中に胃腸炎などを起こすことになので気を付けましょう。なるべく、食事は店構えからして衛生面がしっかりしている場所を選ぶように心がけましょう。

安いホテル

フィリピン 旅行 注意

宿泊費を抑えようと思っているという方はホテルの衛生面にも注意しておきましょう。

フィリピンの安いホテルではゴキブリやその他の虫はそこらにいるのでかなり居心地が悪く感じるかもしれません。

快適に過ごしたいという方は多少お金がかかっても衛生面がしっかりとしているホテルを選択するようにしましょう。

気候に関する注意

フィリピンの旅行では気候にも注意が必要です。日本に比べて気温が高かったりするので、気候の変化で体調を崩してしまう人は多いです。

快適で楽しい旅行にするためにも対策はしっかりとしましょう。

熱中症

フィリピン 旅行 注意

フィリピンは常夏の国なので旅行に行く際には熱中症に十分注意してください。

特に、気を付けてほしいのは6~10月の雨季3~5月の酷暑季です。

湿度が高い雨季と気温が異常に高い酷暑季は熱中症になりやすいのでこの時期にフィリピンに行くのであれば熱中症対策は万全にしておきましょう。

乾燥

フィリピン 旅行 注意

11~2月の乾季にフィリピンに旅行へ行く場合は地域にもよりますが乾燥に対してもしっかりと注意しておきましょう。

フィリピンといえば熱帯地域の国で乾燥とは無縁と思う方も多いと思いますが、乾季は意外と乾燥していて場所によって肌荒れなどのトラブルに旅行中に見舞われることもあります。

乾燥が気になりそうという方は保湿のためのクリームや化粧水を念のために持っていくことを推奨します。

まとめ

フィリピン 旅行 注意

フィリピンに旅行へ行く際の注意点を犯罪、衛星、気候の観点から紹介しました。情報がお役に立てたのであれば幸いです。

フィリピンは日本と環境や治安が大きく異なるので注意すべきことが多いですが、あなたの身を守り、楽しい旅行にするために対策は怠らないようにしてください。

特に、犯罪関連のトラブルには絶対に巻き込まれないように注意してください。旅行中に人生が狂わされるような事態になりかねないことなので危機管理を万全に行うようにしましょう。

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事