セブ島のコンセントと電圧事情!変圧器や変換プラグは必要?

セブ島は日本と同じコンセントタイプ!だけど電圧が違うから変圧器は持って行って方がいいかもね

ドライヤーとかは特に電圧変わると使えないことあるもんね

変圧機は他の旅先でも意外と使うし、そんなに高いものじゃないから買ってもいいと思う

スマホなんかはアダプタが変圧してくれるから大丈夫だったりするね
ingwishでは留学経験豊富なスタッフたちによるセブ島観光情報を多数掲載しています!

 

ingwish man
セブ島の観光情報について詳しく知りたい方は下記の記事をご一読ください!

コンセントの形状

セブ島 コンセント

まずはセブ島のコンセントの形状について解説をします。

変換プラグがないと日本の電化製品は使えない場合があるのでコンセントの形状についてはある程度把握しておいてください。

▼コンセントの形状
セブ島 コンセント

セブ島にはこの3つの形状のコンセントがあります。

自分の宿泊するホテルのコンセントはどの形かをできれば事前に調べておくことをおすすめします。

ほとんどはAタイプ

セブ島 コンセント

セブ島には3種類のコンセントがありますが、ほとんどはAタイプのコンセントです。

画像を見ていただいてもわかる通り、日本のコンセントと同じ形状です。

つまり、大半のホテルでは変換プラグがなくても、日本の電化製品を使用することができます。

しかし、そのままは使わないようにしてください。

セブ島でコンセントを使用する際は形状だけでなく電圧にも注意が必要です。後ほど詳しく解説をするのでそちらを読んでいただければと思います。

BタイプとCタイプはほとんどない

セブ島 コンセント

BタイプとCタイプのコンセントはあるにはありますが、実はほとんどないです。

なので、どの変換プラグを買うのか見たいなことはそこまで悩む必要はありません。

ただ、念のために宿泊先のコンセントがそのままでも使えるかはできれば知っておいた方がいいでしょう。

Cタイプのコンセントのホテルは稀にありますが、Bタイプはほとんどないです。

電圧は日本と違う

セブ島 コンセント

セブ島のコンセントの形状はほとんどの場所で日本と同じですが、電圧と周波数は違うので注意が必要です。

特に注意が必要なのは電圧です。

▼電圧と周波数

日本電圧: 100V

周波数: 50Hzまたは60Hz

セブ島電圧: 220V

周波数: 60Hz

日本の周波数が2パターンあるのは東日本と西日本で違うからです。東日本が50Hzで西日本が60Hzです。

セブ島は日本に比べて電圧が高く、日本の電化製品の多くは負荷に耐えることができません

電化製品には電圧や周波数の記載があるので、セブ島でも使えるものかどうかはきちんと確認をしましょう。

セブ島でも使える電子機器

セブ島 コンセント

セブ島は日本とは電圧が異なり、使えない電化製品が多いです。

しかし、中にはセブ島の電圧にも対応している電子機器があります。

まずは、そういった電子機器をいくつか挙げていきたいと思います。

iPhone

セブ島 コンセント

iPhoneはセブ島でも問題なく充電することができます。

充電に使うACアダプターは幅広い電圧に対応しているので、コンセントの形状さえ同じであれば充電可能です。

iPhoneユーザーでスマホ以外に電子機器を持っていく予定がないという方は電圧については心配する必要はないのでご安心ください。

iPhone以外のスマホは海外の電圧には対応していないことが多いので注意してください。

パソコン

セブ島 コンセント

仕事や留学でセブ島に行くという方はパソコンを持っていくことも多いでしょう。

実は、パソコンもセブ島で問題なく使うことができます。

全部ではありませんが、最近は海外の電圧に対応しているパソコンも増えています。

もしかすると、セブ島の電圧に対応していない可能性はあるのでそのまま充電して問題ないかは確認しましょう。

デジカメ

セブ島 コンセント

デジカメも最近のものであれば240Vまでの電圧に対応していることが多いです。

旅行の思い出を収めるためにデジカメを持っていくという方は多いと思います。

これもパソコンと同じで絶対に大丈夫なわけではありませんが、最近のものならほとんど心配はいりません。

念のために、セブ島のコンセントを使う前に対応している電圧を確認するようにしましょう。

変圧器は必要か

セブ島 コンセント

セブ島の電圧でも問題なく使える電子機器についていくつか紹介をしましたが、日本製の電化製品の多くはセブ島では使えません。

問題なく使うためには変圧器を持っていく必要があります。

しかし、デジカメやスマホなどの旅行でよく使う電子機器は電圧を変換しなくても問題なく使えます。

なので、変圧器が本当に必要かどうかを解説していきます。

旅行なら基本はいらない

セブ島 コンセント

数日間の旅行であれば基本的に変圧器がなくても過ごすことができるでしょう。

すでに紹介した通り、旅行に持っていくであろう電子機器というのは海外旅行向けに作られていることも多いので基本的には変圧器がなくても問題はありません。

ただし、電圧が対応していないスマホやドライヤーを持っていくという方もいると思います。

そういった方は事前に準備しておくことをおすすめします。

日本で買える!おすすめの変圧器

Amazonで売っている変圧器の中でもおすすめなのがこちら。

先ほど説明したように、変圧器を用いる場合というのは限られているので、こちらの商品のようにUSB端子に対応しているものは変圧器として以外にもUSBポートとして有用。

旅行の時には変圧器、帰ってからもUSBアダプタとして使えるので無駄になりにくいのが魅力です。

デザイン性にこだわりたい方にはこちらのアイテムもおすすめ。

ただし、こちらは高い電圧のものに対応していないので注意が必要です。

変圧器はあまり安いものを選ぶと漏電などの問題が起こる可能性があるので、ある程度はちゃんとしたものを買った方が良いでしょう。

安くて持ち運びやすいという意味では、こちらのコンパクトな変圧器もおすすめ。USBのポートは少ないですが最低限の機能は備えているため短めの旅行にもおすすめです。

現地でも買える

セブ島 コンセント

持っていかなかったけど必要だったという場合は、現地で購入することもできます。

なので、使うかわからないくらいの状況なのであればわざわざ日本で準備しておく必要もないでしょう。

ただし、日本で売っている変圧器よりもだいぶ品質は悪いのでその点は理解しておいた方がいいです。

それに、説明も英語で書かれているので英語に不安がある方は日本で準備しておくことをおすすめします。

変圧器を使用する際の注意

セブ島 コンセント

最後に変圧器を使用する際の注意点について解説をしておきます。

変圧器を買う際や使う際に意外と多くの人が見落としてしまうのが、使用可能なW数です。

実は変圧器はそこまで強い電流に耐えられないものも多いので注意が必要です。

特に、ドライヤーなどの熱電力を使用するものは電力消費が多いので注意が必要です。

こういった電化製品を変圧器に差し込むと変圧器の方が爆発を起こして壊れることがあります。

変圧器がどれだけの電流の負荷に耐えられるかどうかということもしっかりと確認をしてから購入することをおすすめします。

使用中に煙などが発生してきたら要注意なので、すぐに使用をやめるようにしましょう。

セブ島に持っていきたいもの

セブ島 コンセント

セブ島旅行において本当に必要なものは実はそれほど多くありません。

しかし、いかに現地で調達可能と言っても、旅行の予定によっては最初の方にショッピングできずに現地調達できない、というケースはよくあること。

以下では、セブ島旅行で用意したい持ち物をまとめました。

パスポート必須航空券必須
ペソ通貨雨具
クレジットカード日焼け止め
ポケットWi-fi帽子
海外旅行保険証書必須防寒着

 

ポケットWi-Fi

セブ島 持ち物

現地でインターネットを使うにはポケットWi-Fiは欠かせません。

旅行でセブ島に行く方はポケットWi-Fiは必ずレンタルするようにしましょう。

海外旅行ではわからないことも多く、外出先でもインターネットを使って調べたくなる場面は多々あります。

ちょうどよくフリーWi-Fiが使える場所が近くにあるとは限らないのでいつでもインターネットを利用できる環境は準備しておくことをおすすめします。

あると便利!セブ旅行でSIMカードを手に入れる方法

セブ島 コンセント

旅先でのインターネットの利用は絶対に欠かせないものです。

マクタン空港で購入する場合、空港の出口付近に「SMART」と「GLOBE」のお店が並んでいます。

マクタン空港で選べるキャリアはこの2社だけなので特に迷うことはほとんどありません。

違いは選択できるプランだけなのでどちらにするのかはプランの内容で決めるのがいいかと思います。

性能や値段に大きな差はありません。値段は8GBプランでも3,000円しません。

ただし、SIMフリー端末のみとなるので、必ずSIMロック解除はしておきましょう。

できない場合はレンタルWi-fiを使うというのも一つの手です。

SMARTのプラン

SMARTで選べるプランは次の3種類です。

データ容量有効期限料金
4GB7日間600ペソ
6GB14日間900ペソ
8GB30日間1,200ペソ

GLOBEのプラン

GLOBEで選べるプランは次の3種類です。

データ容量有効期限料金
1GB7日間398ペソ
4GB30日間599ペソ
8GB30日間999ペソ

まとめ

セブ島 コンセント

セブ島のコンセントと電圧について解説をしてきました。

セブ島での電化製品の使用については短期の旅行であればほとんど心配はいりません。

コンセントの形状は基本的に日本と同じで、海外旅行に持っていくような電子機器は電圧が対応しているものが多いからです。

ただし、セブ島の電圧に対応していない電化製品や変圧器を使用する際はいくつか注意すべきことがあるので気を付けるようにしてください。

誤った使用をすることがないように、旅行先では電化製品の電圧や電流についての表記はしっかり読んでから使用するように心がけてください。

無理な使用をすると、小さい爆発など普通に起こるのでくれぐれも気を付けましょう。

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事