HiNative Trekの口コミ・評判は? システムの特徴や強みをレビュー!辛口コメントあり
記事監修者紹介

益岡 想

應義塾大学経済学部卒のアメリカ在住12年間の帰国子女。

英語検定一級TOEIC990点TOEFLiBT 110点超えTOEICは990点を一度だけでなく、3回連続で出している数々の日本の英語検定系の試験を受けてきて、高得点を叩きだしてきた。

ingwish man
最近ちょくちょく見かけるHiNative Trekってどんな英語学習システムなの?オンライン英会話とは違う?

益岡 想
HiNative Trekはオンライン英会話ではなく、毎日の英語学習をネイティブ講師が指導・管理する通信英語コーチングプログラムですね!オンライン英会話と違って、毎日の勉強課題から学習の管理までしてくれる専属家庭教師に近いと言えます。

ingwish man
なんか今までありそうでなかったシステムだね。今までだったらネイティブ講師と週1回レッスン、あとは課題を学習、というスタイルが普通だったけど・・・

益岡 想
専属である分、みっちり自分にネイティブ講師がついてくれるのが特徴ですね!その代わり、毎日課題が出るなどスパルタな感じもありますが・・・ということで、今回はHiNative Trekのシステムの特徴や、実際に使っている人の口コミを掲載。HiNative Trekを使うか迷っている人はぜひご一読ください!

HiNative Trekとは?

HiNative Trek

システム英語学習サービス(アプリ、ウェブサイト)
月額月額16,333円〜
コースビジネスコース、ITコース
学習方法平日朝に課題が送られてくる→夕方に添削が返ってくる
先生アメリカ人ネイティブスピーカー(ビジネス経験あり)

HiNative Trekはオンライン英会話ではなく、平日に毎日1問英語の課題と担当ネイティブ講師からのフィードバックを提供する英語学習サービスです。

アメリカ西海岸のTech企業に勤めるネイティブ・スピーカーが教材を監修し、さらに総勢5名のアメリカ人チームがクオリティチェック。

リアルな会話や会話シーンなど本場の英語を学ぶことができるのがサービスの特徴となっています。

特にITコースに着目すると、IT・Web業界に特化した教材は、他のオンライン英会話には見られず、HiNativeTrekの大きな特徴と言えます。

料金は、月額19,600円です。年額プランにすると月あたり16,333円約2ヶ月分安くなる仕組み。

先生による添削

HiNative Trek

HiNative Trekではスコアを習得するための英語ではなく、実践的なコミュニケーションで役に立つ英語の習得を目指して教材が設計されています。

教材は提出したら1人の先生が専属で添削を担当し、受講者の苦手な傾向、発音などを体系的に指摘していきます。

自分の書いた文章や投稿した音声を、先生がひとりひとり添削してくれます。

先生はすべてビジネス経験のあるネイティブスピーカーで、細かい部分まで丁寧に添削してくれます。

1人の先生が継続的にあなたの担当をするので、苦手分野や傾向などについても教えてくれます。

月ごとの様々なテーマ

HiNative Trek
とりあつかうテーマが1ヶ月ごとに変化。

それぞれの月で新しいテーマを学習していくので、新鮮な気持ちで楽しく取り組むことができます。

リアルな場面を想定しているので、学んだその日から使える英語力が身につきますね

曜日ごとに変わる難易度

HiNative Trek
平日に1日1問ずつ課題が出されますが、その難易度は曜日ごとに異なります。

月曜日が最も易しく、金曜日には1週間の総復習のような問題になります。

休日が明けて月曜日から学習を再開するのに、いきなり難しい問題だとやる気がなくなりますよね

よって、学習を長期に渡って継続するのによい仕組みになっています。

HiNative Trekのメリットとデメリットは?

毎日の学習に細かいフィードバックが来る

英会話スクールでは週1回の課題というスタイル、オンライン英会話ではそもそも課題というものがありません。

毎日の課題フィードバックという意味ではPROGRITやRIZAPイングリッシュなどのコーチングが候補に上がりますが、コーチングはかなり高額になるため、なかなか簡単には手がだせません。

そんな中、HiNative Trekは毎日のフィードバックがありながら、月々1万円程度となり非常に手が出しやすいんですよね。

ただ、もちろんスパルタ気味なので、学習時間を確保できる人であったり、自己学習ができる人向けになっているとは思います。

料金が高く、無料体験がないのがネック

1か月1万円近く、無料体験もないので、入会ハールドルは高いです

サービスを試せないうちから登録するのは抵抗がありますよね。

ただ、HiNative Trekに無料体験があれば本当に自分に合うのかと言われれば、私は難しいと思います。

というのも、HiNative Trekは性質上、お金をかけずに無料で行うと気が抜けて効果が実感できない、ということがままあるため。

自分自身で、自分の英語学習にお金を払っているという感覚があるからこそ体感できる教材と言ってもいいかもしれません。

そういう意味では、3ヶ月返金保証などをアピールしているサービスよりも逆に信頼が置けるとも言えます。

HiNative Trekの口コミ・評判は?

「海外のエンジニアと気兼ねなく会話したい」という思いが、継続的な英語学習につながった。

"朝は6:00頃起きてて、そこから9:00までの間にHiNative Trekをやっています。 朝に投稿して、昼に先生から通知が来るのでそれをチェックして、夜にあらためて添削内容をチェックしています。それで、なんでこのシチュエーションでこれがダメなの?という風に、単語の微妙な違いに関する質問を積極的にするようにしています。

自分の抱えている英語に対する「課題感」みたいなものと、毎日の課題で求められる文章のクオリティとちょうどマッチしているので、レベル的にもちょうどいいですね。"

「少しずつ何かを始めることで、自分のやりたいことを習慣にできる。」そういったコンセプトが自分に合っている。

"仕入れてくる情報のほとんどは英語表記になっており、日本語での情報は後回しになっていきます。 そんな中、一次情報を得るために英語は最低限読めなければなと、大学院で研究を始めた頃から感じていました。
日中は忙しいので、家に帰ってからゆっくり時間が取れる夜12時頃に5分〜10分くらいで問題を解いています。たまに飲み会などに行くと、家に帰る時間が遅くなってしまうので、そういった場合は次の日の出勤前に提出しています。英会話ほど時間をかける必要がないので、無理なく続けられてますね。"

会社での仕事や父親としての仕事を両立させながら、HiNative TrekとPodcastで毎日英語学習を。

"HiNative Trekは自分の領域に近いトピックをベースに出題されるので、自分が将来使えそうな単語もでてくるし、課題内容が頭に入って来やすいところがいいですね。 前から英語記事を読むことでインプットはしていたんですけど、アウトプットになると「あれ、なんていうんだろう」と思う表現がでてくるので、そこを確実に学べるというところも魅力です。"

 

 

HiNative Trekのコース・教材は?

HiNative Trek

ビジネスコース

特徴
  • 実践ビジネス英語
  • 月ごとに様々なテーマがあるのでビジネスマンに必要な英語表現の網羅性が高い
  • リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング全てをカバー

日々の学習で、実践ビジネス英語を確実に身につけることをゴールに教材を作成。

アメリカ在住のビジネスのプロフェッショナル達がこの教材作成に関わるほか、ビジネスシーンで実際に使われている英語をリサーチし、受講者が様々な環境において活用できる英語表現を学べます。

ビジネスマンに必要なスキルに対応するシーンに沿った使える英語力を形成

ビジネス英語を学びたい人」や「すぐに実践できる英語を身に付けたい」という方は「ビジネスコース」がおすすめです。

IT・スタートアップコース

HiNative Trek

特徴
  • メールとpush通知で、毎朝課題の到着をお知らせ。
  • 先生から個別フィードバック
  • IT・Web業界の実践的な英語表現に加え、現地での振る舞い方も学べる
専門知識や現地での業界内での振る舞いまで学べて実践的

IT企業・スタートアップ人向けに作成された英会話です。

ビジネスコースとは異なり、専門的な用語まで網羅してカリキュラムが作成されています。

HiNative Trekを効果的に使う方法

HiNative Trek

HiNative Trekで効果が出ている、という人がいる一方で、HiNative Trekは全てを解決するわけではない、という口コミも多く見られます。

特に多く見られるのは、「英語を本当に初めて学習する人には難しい」という意見。

実はHiNative Trekを有効活用するためには、事前に前提となるポイントがあります。

以下では、HiNative Trekを有効活用するためのポイントを2つ解説します。

中学程度の英語知識を身につけておく

レアジョブ

Hinative trekは英語の課題を進める通信教育ですが、基礎力が低い状態で受けたとして自分の能力とすることは難しいでしょう。

例えばビジネス英語を勉強したい、という場合でもまずは中学レベルの英語知識を確かにしてから学ぶのとそうしないとでは、習得の効率に大きな差が出るでしょう。

課題以外にも学習する

レアジョブ

よく勘違いしやすいことですが、英語学習は自習でこそ最も能力が向上します。

一般的に、英語学習に必要な学習時間は1000時間以上必要と言われており、この学習時間と言うのは自習時間のことです。

Hinative trekの課題をやるための学習ももちろん有効ですが、それとは別に単語帳を読んだり、シャドーイングしたりと自分の基礎力を常に自習で鍛えましょう。

Hinative trekは、自分の学習の成果の確認、いわば発表です。

例えば楽器でも上達するのは地道な練習で、ライブやセッションという発表を通じて、自分の成果を実感しますよね。

そういう意味で、ただ課題をやるのではなく、しっかりと自習を行い、課題を発表の場と考えると効果的に使うことができるはず。

まとめ

HiNative Trek

無料のお試しはありませんが、逆に「お金を払って学習を頑張る」ということもHiNative Trekを使う上では大切な前提。

1ヶ月1万円で初めてみて、それでも自分が頑張れないようなら辞めた方がいいですし、逆に続けることができると感じたなら初めてみるのがいいでしょう。

おすすめなのが、自分の中でも忙しめの時期に始めること。

忙しい時期でも課題をこなしていけるのなら、1年続けることも難しくありません。

大切なのは、自分の英語学習に対するモチベーションの高さを把握することです。

オンライン英会話スクールの一覧を見る

0

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事