初心者向け英語の勉強方法を解説!独学で学習するためのポイント

記事監修者紹介

益岡 想

應義塾大学経済学部卒のアメリカ在住12年間の帰国子女。

英語検定一級TOEIC990点TOEFLiBT 110点超えTOEICは990点を一度だけでなく、3回連続で出している数々の日本の英語検定系の試験を受けてきて、高得点を叩きだしてきた。

独学で英語を勉強したいけど、方法がわからない」「初心者向けの英語の勉強方法を教えてほしい

今回は、そういった方に向けて、英語の勉強方法や、英語の勉強を進める手順について、ご紹介いたします。

この記事を読めば、英語の勉強方法が分かり、初心者でも少しずつ英語を上達させることができます。

ingwish編集部では、ALUGO英会話を利用して「2ヶ月間でビジネス英会話が身につくのか!?」ということを実際に検証しています!

ナガス
下記の記事をぜひご覧ください!

また、現役人気英語講師が英会話スクール・オンライン英会話を徹底的にリサーチし、

実際の内容や評判・口コミに関して紹介をしています!

益岡 想
英会話スクール・オンライン英会話をご検討の方は是非ご一読ください!

初心者は英語を勉強する目標を立てる

英語 初心者 勉強

「英語を勉強したい」と思って、独学で勉強を始める人は多いですが、残念ながら途中で挫折してしまう人が多いのも事実です。

英語を勉強し始める多くの人は、 「なんとなく英語を勉強しといた方がいいかな」と思って、勉強を始めます。

英語を上達させるためには、右も左もわからない英語学習初心者こそ、英語を勉強する目的を明確にすることが大切です。

具体的には、以下のような目的が挙げられます。

  • TOEICや英検などの資格を取りたい
  • 外国人の友達を作っておしゃべりできるようになりたい
  • 海外の企業に就職してグローバルに働きたい

これらのような明確な目的があると、その目的を達成するためには、どのような知識やスキルが必要なのか意識することができます。

とりあえずの目標でもいいので、何かゴールを決めてしまうと、英語の上達が早くなるでしょう。

初心者がやってはいけない英語の勉強方法

英語 初心者 勉強

「よーし、目的に向かって勉強するぞ!」と、いきなり英語音声の聞き流しをしたり、英会話をしたりするのはおすすめしません

もちろん、聞き流しや英会話も、効果的な方法なのは間違いないですが、勉強を始めたての人にとって効果は薄いです。

なぜなら、文法や単語の基礎的な知識なく英語の音声を聞いても、初心者には雑音にしか聞こえないからです。

ある程度成長したら、赤ん坊のように英語を聞き流したり、ひたすら話したりしても、効果的に英語を伸ばすことはできません

そこを勘違いしている人が多いため、英語を聞き流す教材を買ったけど伸びなかったりして、英語の勉強に挫折してしまうのです。

初心者におすすめの英語の勉強方法

英語 初心者 勉強

初心者が英語を効率よく伸ばすためには、手当たり次第に勉強するのではなく、英語の勉強を順序立てて進める必要があります。

なぜなら、英語のスピーキングやリスニングといった力は、文法や単語などの基礎知識の上に積み上がるものだからです。

これから英語の勉強を始めるという方は、以下の方法で勉強を進めていき、段階的にレベルを上げていきましょう。

基礎的な英単語を身につける

英語 初心者 勉強

基礎的な英単語力を身につけるというと難しく感じるかもしれませんが、中学校で習うレベルの単語を覚えれば問題ありません。

なぜなら、日常会話で使う単語の9割は、中学校で習う英単語で、事足りてしまうからです。

具体的には、日本の中学校で習う英単語は、たったの1500語ほどしかありません。

1500語といきなり聞くと多いと感じるかもしれませんが、大学のセンター試験には約5000語、難関私立大学で7000語も必要です。

それに比べれば、1500語は大した数ではありません。

しかも、誰もが1度は通った道なので、勉強し直してみると、意外と頭に入ってきやすいものです。

まずは、中学校で使った英単語などを使って、日常会話で頻繁に使う1500語をさらっと復習しておきましょう。

基礎的な英文法を身につける

英語 初心者 勉強

どれだけ英単語を知っていても、文の作り方がわからないと、コミュニケーションを図ることができません。

なので、単語の次は基本的な英文法を身につけていきましょう。

単語と同様に、英文法についても、まずは中学校レベルの知識があれば、日常会話で困ることはほとんどありません

中学校レベルの英文法には、主に以下のようなものがあります。

  • be動詞、一般動詞
  • 否定文、疑問文、命令文、感嘆文
  • 疑問詞
  • 三単現のs・三人称単数
  • 過去形、進行形、未来、現在完了形
  • 助動詞:can, will, must, may, should, shall, would, could
  • 比較級・最上級
  • 受け身
  • 不定詞
  • 間接疑問文

    これらの文法事項を覚えれば、日常会話のほとんどの場面では、意味が理解でき、言いたいことが言えます。

    大学受験のために習う「仮定法過去完了」などのような難解な文法事項は、ほとんど出てきません

    まずは、中学校レベルの文法を知識として覚え、ライティングやスピーキングで使うための土台を整えましょう。

    ライティング・リーディング力を身につける

    英語 初心者 勉強

    単語・文法の基礎知識を身につけたら、それを使いこなせるように、練習をしていきます。

    日本人がとっつきやすいのは、リーディングでしょう

    リーディングのスキルをつけるのにおすすめの勉強法は、楽しく負荷をかけることなくできる、「多読」というトレーニングです。

    多読トレーニング
    • 優しい英語で書かれたストーリーを読む
    • とにかく速くたくさん読む
    • 前から理解していき絶対に返り読みしない

    映画のノベライズ版や、童話など、楽しんで読める多読本が出ているので、そちらを使うのがおすすめです。

    また、ライティングのトレーニングも、あまり抵抗はないでしょう

    ライティングは、文法の知識をスピーキングで使えるところまで持っていくには、良いトレーニングになります。

    例えば、英語で日記を付けてみるというトレーニングがおすすめです。

    英語日記
    • 単語帳や文法書の例文を書き換える
    • 短文で、かつシンプルに書く
    • 感情が動いた出来事を書く

    最初から自分で文章を書くのは難しいので、まずは、もともとある例文の一部を置き換えながら書くのが良いでしょう。

    そうすることで、文法がそのうち自分のものになっていきます。

    また、短文でシンプルに書くことは、スピーキングのトレーニングにもなります

    なぜなら、会話の中では瞬時に文を組み立てなければならないので、長く複雑な文を考えている暇がないからです。

    これらのポイントに感情を乗せることで、記憶に定着させやすくすると、さらに効果的に英語力を伸ばせるでしょう。

    リスニング・スピーキング力を身につける

    英語 初心者 勉強

    リーディングがある程度できるようになったら、リスニングの勉強もしていくと良いでしょう。

    多読トレーニングをしていれば、入門的な教材のリスニング音源であれば、話にはそれなりについていけるはずです。

    ただ、おそらく、ところどころ理解できないところが出てくると思います。

    入門的なリスニング音源を使っていて、リスニングができない場合、英単語や文法の知識が足りていないことがほとんどです。

    リスニングのスクリプトを見ながら音源を聴いてみて、音がわからなかったのか、単語や文法がわからなかったのかを確かめてください。

    最後に、日本人がおそらく1番苦手で、かつ練習するのに抵抗のあるスピーキングに挑戦します。

    ただ、やはり、人前で話すのに抵抗があるのは仕方ないので、1人でできる「瞬間英作文」という方法をおすすめします。

    瞬間英作文
    1. 日本語と英語が書かれた例文集を用意する
    2. 日本語を見て瞬時に英語に訳して口に出す
    3. わからなければ考えず、すぐに答えを見る

    瞬間英作文に使う例文集は、中学校レベルの簡単なものが理想ですが、適当なものがない場合、市販品でも出ています。

    瞬間英作文のコツは、とにかく一瞬で英語を組み立てて、すぐに口に出すことです。

    考えて考えて文を作れても会話では意味がないので、すぐに答えを見て文法事項を確認します。

    このトレーニングができるようになれば、言いたいことは、ほとんど言えるようになるでしょう。

    初心者がモチベーションを維持して英語を勉強する方法

    英語 初心者 勉強

    英語の勉強は、英語が読めない・書けない・聞けない・話せないうちが最も辛く、挫折してしまう人が多いです。

    文法や単語を勉強しているときは、ほとんど楽しいとは思えません。

    ただ、少しでも英語が読めたり、書けたりしてくると、楽しくなってくるものなのでそこまでが辛抱です。

    上達するまで英語の勉強を続けるには、小さな目標を立てて、それを1つずつ1つずつクリアしていきましょう。

    小さな目標の例
    • まずは1日10分の勉強を続ける
    • とにかく英検やTOEICを受ける
    • 英語で自己紹介できるようになる

    1日5時間勉強するには10分できなきゃ絶対に無理ですし、英検1級を取ろうと思ったら受けなければ始まりません。

    とても小さな目標ですが、その目標を達成することで、自分に自信がついたり、次の目標が見えてきたりします

    まずは、どんな小さな目標でもいいので、達成可能な目標を立てて、1個1個クリアしていきましょう。

    まとめ:独学での英語の勉強は正しい方法で進めていこう!

    今回は、英語の勉強方法や、英語の勉強を進める手順について、ご紹介いたしました。

    本記事の内容は、以下の通りです。

    本記事のまとめ
    • 英語の各スキルは基礎知識の上に成り立つ
    • 日常会話レベルなら中学で習う英文法と英単語で十分
    • 小さな目標を立てて達成していくことが上達に繋がる

    この記事が、あなたが効率よく英語を上達させ、英語の勉強を進められる手助けになれば幸いです。

     

    \Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

      英会話 友達追加   留学 友達追加

    Twitterでフォローしよう

    PICK UP
    おすすめの記事