【TOEIC Part7】スコア別おすすめ問題集5選と5つの対策法【990点ホルダー厳選】
記事監修者紹介

益岡 想

應義塾大学経済学部卒のアメリカ在住12年間の帰国子女。

英語検定一級TOEIC990点TOEFLiBT 110点超えTOEICは990点を一度だけでなく、3回連続で出している数々の日本の英語検定系の試験を受けてきて、高得点を叩きだしてきた。

ingwish man
TOEICのPart7の点数が上がらない…対策用に参考書でも買いたいな…

益岡 想
Part7についての参考書をお探しかい?

ingwish man
益岡くん!参考書探しを手伝って!

益岡 想
じゃあ今回はTOEICのPart7について『問題の概要と対策』『おすすめの参考書』を紹介していくね!
  • TOEICのPart7は新形式になって何が変わったの?
  • TOEICのPart7はなぜ苦手な人が多い?
  • TOEICのPart7解き方のコツやおすすめの問題集は?

当記事では、このような方の疑問を解消するための記事となっています。

Part7の概要

TOEIC Part7 問題集

TOEICの最後のパートで1番多くの英文を読まなければいけないため、早く読もうとすると内容が頭に入ってこなかったり、英語を英語のまま理解せず日本語で理解しようとすると時間がかかってしまう方が多いと思います。

英文を読んだ後設問を読んでも、「あれ?なんて書いてあったっけ?」と何回も英文と問題文を読み返し、確認することでどんどん時間は減っていきます。

益岡 想
そこで、Part7の解き方のコツや厳選したおすすめ問題集をご紹介していきます!

Single passages(1つの文書から読み解く問題)

TOEIC Part7 問題集

【画像出典:https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/about/format/sample07_01.html】

Part7全54問のうち29問を占める、1つの文書から問題を読み解く設問。

1つの英文につき2~3問の設問がついています。

設問が2問の場合、その答えのヒントとなる箇所はだいたい1問目が前半から中盤、2問目が中盤から後半となっています。

そのため、最初に設問を読み何が聞かれるが把握した上でまず前半を読み、答える→2問目で何が聞かれるか把握し、後半を読み分かった時点で答える、というのが早く解くコツです。

設問が3問の場合も同じです。

英文をだいたい3等分し、それぞれの設問のヒントとなる箇所を探しましょう。

益岡 想
しかし中にはメッセージのやりとりの問題など、全体から文脈を理解し答えを導き出すものもあるので注意が必要!

Multiple passages(複数の文書から読み解く問題)

TOEIC Part7 問題集

【画像出典:https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/about/format/sample07_03.html】

Part7全54問のうち、複数(2~3)の文書から英文を読み解く問題は25問あります。

本文に対して問題は5つあり、Single passagesと変わらず本文にヒントのある箇所と設問の順番はだいたい対応しています。

益岡 想
そのため、本文のヒントがある場所をだいたい意識しておき、設問と照らし合わせていくことで効率よく問題を解き進めましょう!

文書が3つある場合、その分ヒントがある箇所も広く分散する傾向がありますので、「ここにはヒントらしきことは書いていないな」と思ったらすぐに切り替えて読み進めることが大切です。

ポイント
  • 時間配分はしっかりする
  • Single passagesは「設問→本文」の順に読む
  • Multiple passagesは「ヒントがある箇所に目星をつけ少しづづ読む→設問」の順に読み、解いていく

【TOEIC Part7】問題形式・問題数など新形式になって何が変わった?

TOEIC Part7 問題集

2016年以降、Part7は問題数が「48問」から「54問」に増えました。

問題形式としては、Single passages(1つの文書) 29問、Multiple passages(2~3の文書) 25問から構成されています。

試験問題は設問含め全て英語であり、「英語圏に住む人が日常生活やビジネスの場で目にするような文書」が様々な形で出題されます。

そのため、メールや請求書、予定表、チラシなどあらゆる文体の問題があります。

TOEIC Part7 問題集

【画像出典:https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/about/format/sample07_01.html】

複数の文書から情報を読み取って時間制限のある中でスコアを伸ばしていく必要があり、Part7はTOEIC受験者にとって最後の最難関パートとなっているようです。

複数設問がある問題はそのヒントが文書に散りばめられており、結果的に全てに目を通さなければ解けない問題がほとんどです。

【TOEIC Part7】5つの対策法

さてここからはPart7で高得点を獲得するための対策法を5つ紹介していきます。

TOEIC prat7で苦戦していて得点が伸びないという方や、もう少し得点を伸ばしたいという方はぜひ参考にしてみてください。

5つの対策法
  • Part7で頻出するフレーズを押さえる
  • 時間配分を考える
  • 集中力を維持する
  • 知らない単語が出てきた場合の対策法を押さえる
  • 対策問題集を解いておく

Part7で頻出するフレーズを押さえる

TOEIC Part7の対策法の1つ目として『Part7で頻出するフレーズを押さえる』ということが挙げられます。

TOEIC Part7には同様のフレーズが同様のフレーズが頻出するという特徴があります。

益岡 想
下記、参考書等を活用して、頻出するフレーズをしっかりと押さえておきましょう!

時間配分を考える

TOEIC Part7の対策法の2つ目として『時間配分を考える』ということが挙げられます。

TOEIC Part7は3つの部分に分かれていますが、それぞれ時間配分を決めておきましょう。

そうでないと最後まで問題を解ききれず、マークシートの色塗りで終わってしまう可能性があります。

益岡 想
私がおすすめする時間配分はこちら!
シングルパッセージ 25分
ダブルパッセージ 10分
トリプルパッセージ 20分
合計 55分

集中力を維持する

TOEIC Part7の対策法の3つ目として『集中力を維持する』ということが挙げられます。

益岡 想
Part7の設問は合計で54問と非常に長いことが特徴として挙げられます!

Part7の問題構造を把握して適宜数秒程度の小休止を挟んだり、自分が今現在のどの部分の問題を解いているのかを意識をすることで、集中力の持続をはかりましょう。

知らない単語が出てきた場合の対策法を押さえる

TOEIC Part7の対策法の4つ目として『知らない単語が出てきた場合の対策法を押さえる』ということが挙げられます。

Part7のような問題の中ではわからない単語が出てくる場面は絶対に出てくるはずです。

益岡 想
そういった場面でも正解を回答するために、わからない単語を推測する能力を身につけておきましょう!

語形から推測する方法であったり、文章展開から意味を推測する方法であったり、様々な方法があります。

また、時には、文章の中でそれほど重要な単語でない場合もあるため、無視するというのも1つの手です。

対策問題集を解いておく

TOEIC Part7の対策法の5つ目として『対策問題集を解いておく』ということが挙げられます。

Part7の対策法としてここまでいくつか紹介をしてきましたが、この対策法が最も重要です。

益岡 想
小手先のテクニックの有無で数十点程度、変動する可能性も!

ただ、問題を解き慣れているかどうかによってはそれ以上に点数が変動する可能性があるといえるでしょう。

ですので、おすすめの問題集を下記で説明していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

【スコア600突破目標】の問題集

さてここからはスコア600突破を目標としている人におすすめの参考書を紹介していきます。

自分にあった参考書かどうか参考にしてみてください!

1駅1題 TOEIC L&R TEST 読解特急

参考書の特徴
  • TOEIC500点を目指す方に向けての参考書
  • 非常にわかりやすい構成
  • 無料のンラインサポート

【特徴】実テストより優しいトレーニング本

こちらの参考書は実際のテストよりも単語数が少なめだったり、比較的に優しめに設定されています。

加えて、オンラインでのサポートも充実しており、特急シリーズのサイトから無料で音声などをダウンロードできる特徴があります。

1駅1題 TOEIC L&R TEST 読解特急を購入したい方はこちら

【勉強法】音声を使用して文法とリスニングを鍛える

おすすめの勉強法は、必ず一緒に音声を使用する事です。

聞くことによって、リスニングを同時に鍛える事ができ、尚且つ英語のリズム・文法を感覚的に掴むこともできます。

一見めんどくさく感じますが、実はとても効率が良く、上級者の方は必ずと言っていいほど実行しています。

益岡 想
リーディングは時間制限がネックに!

リーディングは時間のかかる章でもあるので、勉強の段階から常に時間は意識しましょう。

口コミ

補助的に活用するには最適なテキスト

◎最適
・とりあえずPart7をいっぱい読みたい!
・電車の中とかでサッと読みたい!
・丁寧な解説が欲しい!×不適
・机に座ってノートにメモしながらじっくりやりたい!
・本番同様に解きたい!(延々と問題が続いていく内容です)
・精読する為に書き込みまくりたい!(小さいテキスト)個人的な評価
◎公式問題集を中心に補助的に活用するには最適
◎スキマ時間にサッと読むには最適(電車の中で読んでますが、小さいので取り出しやすい)
△訳の量が2ページだったりするので、確認するときページめくるのがめんどい
△解説があっさりしてるところが少しある(600〜700点ホルダーの見解)

シンプルで使いやすい

TOEICのEメールやビジネスレターが出題されるリーディングセクションが勉強できます。問題数も多いので飽きません。コンパクトなので外出先でも使えます。

TOEIC TEST 速読WPMトレーニング(音声DL付)

参考書の特徴
  • 1分間に読める英語を可視化し、速度を上げる
  • 速読能力とともにボキャブラリーも身につく
  • ダウンロードできる音声付き

【特徴】速読力を上げてくれるベストプラクティス

WPMとは「words per munites」の略で、1分間に何語の英語を読めるか測定し数値化することができます。

TOEICを最後まで解き切るには150WPMの速さが必要である一方、日本の大学生の平均WPMは80となっています。

このことからもわかるように、150WPMの速さで正確に英文を読み理解するには相当な練習が必要と言えます。

【勉強法】繰り返し読んで速読の基礎を身につける

この本はPart4レベルの100wordsの英文を繰り替えし読むことで速読の基礎を身につけ、最後にはPart7レベルの200wordsの英文で速読の訓練ができます。

益岡 想
それぞれの英文には全訳と、速読のコツについて解説が付いている!/div>

無料でダウンロードできる読み上げ音声付きです。

口コミ

TOEICリーディングテストに対応した速読の練習になる

TOEICのスコアは715点です。リーディングテストで30問くらい残してしまいます。WPMが150程度ないと時間内に全問解くことは難しいということは承知しております。英文を多読することがリーディングスピードを上げる正道なことも知っております。その上で本書はTOEICリーディングでWPM150を実現するテクニックを教えてくれると期待したのですが、著者独自の速読法「予測読み」は私にはいまいちピンとこなかったです。本書で最も役に立つのはTOEICのPart4を意識した100単語の英文が12,Part7に対応した200単語の英文が25あることです。この英文を読めた秒数でWPMがすぐ分かり大変便利です。何度も繰り返せば進歩する感じはあります。私は80wpm→100wpm程度に5回ほどの繰り返しで到達しましたが、これ以上は無理?

効果あり

リーディングスピードの目安があり便利。
スピード少し意識しながら繰り返してやるとTOEICリーディングのコツが掴めます。
ある程度の単語力は必要。

【スコア700〜900レベル】おすすめ参考書

さてここからはスコア700〜900レベルを目標としている人におすすめの参考書を紹介していきます。

ぜひ自分にあった参考書かどうか参考にしてみてください!

TOEIC(R)テスト新形式精選模試リーディング2

参考書の特徴
  • 「精選模試シリーズ」第2弾
  • 本番のリーディング5回分収録
  • 全ての問題に正答率を掲載

【特徴】

高評価を受けた「精選模試シリーズ」の第2弾。TOEIC満点を保持する講師たちが厳選した500問で徹底的に対策ができます。

最新の問題傾向や対策法を丁寧に解説しており、学習をサポートする無料ダウンロード特典つきです!

益岡 想
リーディングが苦手でなかなかスコアが伸びないという方におすすめ

口コミ

TOEICの長文読解の時間切れで悩む人にお薦め

私はTOEICのReadingパートを全問制覇した事がありません。いつも時間切れでPart7の
W Passageを2つほど残します。
この新形式精選模試は長文問題が結構難問揃いで、最初は1回分全問制覇に90分でしたが、数を重ねる毎に時間短縮し、今では70分を切るまでに至りました。自信がつきます。
解説もロジカルで丁寧なので納得できます。
長文読解の時間切れで悩む人にお薦めです。

難易度は高い

回答が丁寧に書かれているし正答率が書いていて、解いていて楽しい。
正答率15パーセントくらいの問題はさすがに変更した方が良いのでは?と思ってしまうが。
あとはかなり厳しいクレームとか本番で出ないような文章が散見されるのは本来の趣旨から外れてしまう気がするのでマイナスか。

公式問題集で分量が足りない人、英語をガンガン解きたい人にお勧め。

新形式問題対応TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7 TOEIC L&R テスト 究極のゼミシリーズ

参考書の特徴
  • シリーズ10万部突破のベストセラー
  • 本番よりも難しいPart7で徹底的に対策
  • 本番と同じ48問のミニ模試が2回分収録されている

【特徴】シリーズ累計10万部突破のベストセラー

シリーズ累計10万部を突破した、大人気の「TOEICテスト究極シリーズ」のPart 7「読解問題」編です。

Part7を設問タイプごとに細かい解説や解き方を掲載し、難化したPart7を徹底的に対策できる1冊です。

益岡 想
別冊には本番と同じ48問の「ミニ模試」を2回分収録し、自分の弱みを見つけることができる!

【勉強法】タイマーを片手に速読力をアップ

本書にはPart7の本番よりも難しい問題が多く掲載されているので、時間を計りながら解いていきましょう。

解いた後は解説をじっくり読み、自分の読解力を確認。足りないようなら高レベルのTOEICテスト対策単語を記憶していきましょう。

益岡 想
無料でダウンロードできる「Part 7問題文の読み上げ音声」なども活用しましょう! 

口コミ

6カ月でR445になりました - R385程度で分かってるけど間違ってしまう人にお勧め

できる人はこういう思考で回答を選択しているのかと言うのが分かります。例えばセンター試験国語の解説にありがちな「そんなの個々人の考え方次第だろ」みたいなのが全く無くて解説がすんなり入ってきますね。

なので「その解説が正しいのかを検証する時間」を取られずに楽しく勉強できました。

設問が難しい

師匠と学徒との論壇形式でレクチャーが進んでいます。
問題のボリュームはダブルパッセージ等のテーマごとの設問および解説がメインで、巻末にミニテストが2回分あるので多いです。
設問が難しい気がしましたが、精読の癖がつくという点では良いです。

TOEIC(R)テスト リーディング プラチナ講義

参考書の特徴
  • Part7の英文パターンを網羅した新形式対応問題集
  • リーディングを説く手順を徹底的に解説
  • 豊富な解説で勉強方法の指針に

【特徴】Part7の解き方を丁寧に説明した解説付き

Part7頻出の英文パターンを完全網羅した、以下のような新形式対応の問題集です。

リーディングを説く手順から、問題に対する考え方などを詳細に解説してくれており、どんな問題にも対応できる基礎能力を向上させることができます。

  • 文書内に新たな一文を挿入するのに最も適切な箇所を選ぶ問題
  • テキストメッセージやインスタントメッセージ、オンラインチャット形式で複数名がやり取りを行うパッセージ
  • 3つの関連する文書(トリプルパッセージ)を読んで解答する問題
  • 文書中で書き手が暗示している意図を問う問題

【勉強法】

読解の質、スピード共に大きく改善ができる問題集です。

益岡 想
上級者におすすめ

解説が豊富なので、問題を解いてみて、解説をじっくりと読み、足りないと思ったらその都度単語や文法などの暗記系の知識を身につけていきましょう。

口コミ

素晴らしい参考書です

リーディングを解く手順、考え方などをここまで具体的かつ詳細かつ丁寧に解説している本はなかなかないと言えるレベルに素晴らしい参考書です

自分は、リーディング対策まず1冊目はこの本でどんな問題文でも対応できる安定した読解法を身につけ、それから問題集で練習を重ねて受けた所、時間も相当余裕で940点でした

結局、無駄のない安定した読解法を身に付けることがスピードアップにもつながるので、時間で悩んでる人にとっても一読の価値があるかも知れません

part7対策

期待通りの問題集です。
解説が豊富で、part7対策として、
やりこみます。

TOEIC対策ならスタディサプリENGLISH

スタディサプリ

ポイント
  • 3分から学習できるコンテンツの短さで隙間時間を有効利用
  • 有名脚本家が手がけるドラマ式レッスンや、200本以上収録の名物講師による授業

スタディサプリイングリッシュはコンテンツが多数収録された「英語アプリ」です。

有名な脚本家が手がけるドラマ式レッスンや有名講師が手がけるレッスンなど豊富な教材が数多くあり、有名講師による授業動画が200本収録されているなどコンテンツの豊富さが魅力です。

ベーシックプラン(基本プラン)

本番に近い問題形式の問題集が毎月200問追加され、TOEICスコアアップの有名講師による解説動画が140本以上も収録されているなど、コンテンツの豊富さは他の追随を許しません。

これだけのコンテンツ量を参考書で買うと非常にお金がかかるところですが、スタディサプリENGLISHなら月額2,980円と格安。

益岡 想
全ての機能が7日間使える無料体験もあり。この7日間だけでも参考書数冊分の価値の勉強ができるので、ぜひお試しください。
パーソナルコーチプラン

パーソナルコーチプランはTOEIC対策のベーシックプランに加えて、オンラインで専属コーチが徹底サポート。

パーソナルコーチがその人に合わせて明確な学習プランを作成し、しかもプランの進捗を日々管理してくれるので、集中して効率よくスコアを伸ばすことができます。

コーチはレベルに合わせた課題やアドバイスをしてくれるので、初心者から上級者までスコアアップを期待できます。

益岡 想
なんとこのパーソナルプランも7日間無料で体験できます!指導してくれる人物の大切さを改めて実感しました笑 ぜひ試してみてください

TOEICの点数を上げるために英会話を活用する

【TOEIC Part7 問題集】まとめ

TOEIC Part7 問題集

TOEICを解き初めて1時間以上経ってからPart7に入るため、体力や集中力、時間が足りなくなる方が多いです。

ミスを少なくするために丁寧に解くと時間が足りなくなり、結果的に全て解けずスコアが伸びない、、、という方も多いのではないでしょうか?

このような問題を少しでも解消するためには、英文を速く読む訓練が必要です。

英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事