【TOEIC Part7】長文対策のおすすめ問題集・参考書と5つの対策法【990点ホルダー厳選】
記事監修者紹介

益岡 想

應義塾大学経済学部卒のアメリカ在住12年間の帰国子女。

英語検定一級TOEIC990点TOEFLiBT 110点超えTOEICは990点を一度だけでなく、3回連続で出している数々の日本の英語検定系の試験を受けてきて、高得点を叩きだしてきた。

ingwish man
TOEICのPart7の点数が上がらない…対策用に参考書でも買いたいな…

益岡 想
Part7についての参考書をお探しかい?

ingwish man
益岡くん!参考書探しを手伝って!

益岡 想
じゃあ今回はTOEICのPart7について『問題の概要と対策』『おすすめの参考書』を紹介していくね!
  • TOEICのPart7は新形式になって何が変わったの?
  • TOEICのPart7はなぜ苦手な人が多い?
  • TOEICのPart7解き方のコツやおすすめの問題集は?

当記事では、このような方の疑問を解消するための記事となっています。

Ingwish編集部激推し!TOEICPart7対策アプリ

TOEICPart5の学習なら、スマホアプリが断然おすすめです。何冊も持ち運ばなくても良いですし、音声なども確認しながら勉強できるので、うまく活用できるとTOEICの学習効率アップに効果的!
スタディサプリENGLISH
TOEIC対策コース
  • テスト20回分相当の豊富な問題を手のひらサイズに
  • 間違いを効率的に復習
  • 受講者は平均100点スコアアップ!

数万円レベルの講義がどこでも格安で受けられます。まずは7日間の無料体験から!

Part7(長文読解)の概要

TOEICの最後のパートで1番多くの英文を読まなければいけないため、早く読もうとすると内容が頭に入ってこなかったり、英語を英語のまま理解せず日本語で理解しようとすると時間がかかってしまう方が多いと思います。

英文を読んだ後設問を読んでも、「あれ?なんて書いてあったっけ?」と何回も英文と問題文を読み返し、確認することでどんどん時間は減っていきます。

益岡 想
そこで、Part7の解き方のコツや厳選したおすすめ問題集をご紹介していきます!

Single passages(1つの文書から読み解く問題)

TOEIC Part7 問題集

【画像出典:https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/about/format/sample07_01.html】

Part7全54問のうち29問を占める、1つの文書から問題を読み解く設問。

1つの英文につき2~3問の設問がついています。

設問が2問の場合、その答えのヒントとなる箇所はだいたい1問目が前半から中盤、2問目が中盤から後半となっています。

そのため、最初に設問を読み何が聞かれるが把握した上でまず前半を読み、答える→2問目で何が聞かれるか把握し、後半を読み分かった時点で答える、というのが早く解くコツです。

設問が3問の場合も同じです。

英文をだいたい3等分し、それぞれの設問のヒントとなる箇所を探しましょう。

益岡 想
しかし中にはメッセージのやりとりの問題など、全体から文脈を理解し答えを導き出すものもあるので注意が必要!

Multiple passages(複数の文書から読み解く問題)

TOEIC Part7 問題集

【画像出典:https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/about/format/sample07_03.html】

Part7全54問のうち、複数(2~3)の文書から英文を読み解く問題は25問あります。

本文に対して問題は5つあり、Single passagesと変わらず本文にヒントのある箇所と設問の順番はだいたい対応しています。

益岡 想
そのため、本文のヒントがある場所をだいたい意識しておき、設問と照らし合わせていくことで効率よく問題を解き進めましょう!

文書が3つある場合、その分ヒントがある箇所も広く分散する傾向がありますので、「ここにはヒントらしきことは書いていないな」と思ったらすぐに切り替えて読み進めることが大切です。

ポイント
  • 時間配分はしっかりする
  • Single passagesは「設問→本文」の順に読む
  • Multiple passagesは「ヒントがある箇所に目星をつけ少しづづ読む→設問」の順に読み、解いていく

【TOEIC Part7】5つの長文対策法

さてここからはPart7で高得点を獲得するための対策法を5つ紹介していきます。

TOEIC prat7で苦戦していて得点が伸びないという方や、もう少し得点を伸ばしたいという方はぜひ参考にしてみてください。

5つの対策法
  • Part7で頻出するフレーズを押さえる
  • 時間配分を考える
  • 集中力を維持する
  • 知らない単語が出てきた場合の対策法を押さえる
  • 対策問題集を解いておく

Part7で頻出するフレーズを押さえる

TOEIC Part7の対策法の1つ目として『Part7で頻出するフレーズを押さえる』ということが挙げられます。

TOEIC Part7には同様のフレーズが同様のフレーズが頻出するという特徴があります。

益岡 想
下記、参考書等を活用して、頻出するフレーズをしっかりと押さえておきましょう!

時間配分を考える

TOEIC Part7の対策法の2つ目として『時間配分を考える』ということが挙げられます。

TOEIC Part7は3つの部分に分かれていますが、それぞれ時間配分を決めておきましょう。

そうでないと最後まで問題を解ききれず、マークシートの色塗りで終わってしまう可能性があります。

益岡 想
私がおすすめする時間配分はこちら!
シングルパッセージ 25分
ダブルパッセージ 10分
トリプルパッセージ 20分
合計 55分

集中力を維持する

TOEIC Part7の対策法の3つ目として『集中力を維持する』ということが挙げられます。

益岡 想
Part7の設問は合計で54問と非常に長いことが特徴として挙げられます!

Part7の問題構造を把握して適宜数秒程度の小休止を挟んだり、自分が今現在のどの部分の問題を解いているのかを意識をすることで、集中力の持続をはかりましょう。

知らない単語が出てきた場合の対策法を押さえる

TOEIC Part7の対策法の4つ目として『知らない単語が出てきた場合の対策法を押さえる』ということが挙げられます。

Part7のような問題の中ではわからない単語が出てくる場面は絶対に出てくるはずです。

益岡 想
そういった場面でも正解を回答するために、わからない単語を推測する能力を身につけておきましょう!

語形から推測する方法であったり、文章展開から意味を推測する方法であったり、様々な方法があります。

また、時には、文章の中でそれほど重要な単語でない場合もあるため、無視するというのも1つの手です。

対策問題集を解いておく

TOEIC Part7の対策法の5つ目として『対策問題集を解いておく』ということが挙げられます。

Part7の対策法としてここまでいくつか紹介をしてきましたが、この対策法が最も重要です。

益岡 想
小手先のテクニックの有無で数十点程度、変動する可能性も!

ただ、問題を解き慣れているかどうかによってはそれ以上に点数が変動する可能性があるといえるでしょう。

ですので、おすすめの問題集を下記で説明していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

個人的には、TOEIC模試【e─test】というオンラインサービスがおすすめ!
1ヶ月間2,100円(税込)の固定価格で、3000問題より受験し放題のオンラインTOEIC模試です。約30分間のテストで、その場で採点されTOEICスコアに換算されます。
多くの企業や教育機関でも導入されています。

 

【スコア600突破目標】の問題集・参考書

さてここからはスコア600突破を目標としている人におすすめの参考書を紹介していきます。

自分にあった参考書かどうか参考にしてみてください!

TOEIC参考書ならオーディブル!

オーディブルとはAmazonのオーディオブックサービスで、いつでもどこでも本を聴ける新時代の読書体験。

英語においては「聴く」という能力が非常に重要になりますが、オーディブルを使うことで聴くを中心とした学習を簡単に行うことが可能!

ちなみに他のタイトルでも良し。個人的には日本語のビジネス書などを読むのに使うのにもおすすめです。

以下はオーディブルで使えるおすすめのTOEIC参考書の一例。どれも無料体験中に無料で入手できます!
新TOEICテストにでる順 英単語 6本セット
通常価格: ¥ 7,000→無料

TOEIC問題集をコンピューターで分析し、3300単語を頻度順に編集。英単語→日本語訳→英文用例の順で収録されているため、コロケーションで無理なく覚えられます。Part6(2536~3060)までを終えると出題単語のカバー率は96%。長文読解はまず単語から!
キクタン
通常価格: ¥ 2,500→無料

キクタンシリーズはフレーズ・例文とセットで音声を中心に学習していくことで、音と単語の意味をセットで記憶。しかもレベル別に多くの単語帳が刊行されているので、自分のレベルが上がるごとに本を変えていくことでわかりやすく成長を実感できるのも魅力です。

TOEIC(R)テスト 基本例文700選 例文+和訳編
通常価格: ¥ 2,500→無料

「TOEIC(R)テスト 基本例文700選」は、「常に出る」英文パターンの暗記で、正解を即座に選べる「TOEIC脳」を作ります。頻出の単語・表現・文法・ストーリー展開を含む例文を聞くことで、テスト本番の解答処理能力が上がります。

常に最新の出題傾向を分析している現役のTOEIC講師陣が、テストに頻繁に登場している単語・表現・文法・トピックを盛り込んで例文を執筆しています。

また、長文対策なら洋書のオーディオブックを聞いてみるのもありかもしれません!

 TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問

参考書の特徴

  1. 非公式問題集のベストセラー。模試3セットのお得ボリュームが魅力
  2. 丁寧な解説と、有名な講師によるコラム「必勝Tips」でテクニック強化
  3. 苦手が見つかりやすい項目別正答率の把握で基礎力アップ

【特徴】非公式問題集の定番

TOEIC非公式問題集の中でもベストセラーの一冊。本家TOEICの傾向を掴んだ模試が3セットつき、さらに人気講師による解説やTipsなどが凝らされています。

本番よりも少し難しいくらいに設定されているという評判が高く、本番対策の定番としてよく知られています。

また、公式の問題集はほぼ同価格で模試が2セットですが、こちらは3セット。

公式よりも低コストな点が人気の理由の一つです。

実はKindle Unlimitedで無料対象! 

1駅1題 TOEIC L&R TEST 読解特急

参考書の特徴
  • TOEIC500点を目指す方に向けての参考書
  • 非常にわかりやすい構成
  • 無料のンラインサポート

【特徴】実テストより優しいトレーニング本

こちらの参考書は実際のテストよりも単語数が少なめだったり、比較的に優しめに設定されています。

加えて、オンラインでのサポートも充実しており、特急シリーズのサイトから無料で音声などをダウンロードできる特徴があります。

 

【勉強法】音声を使用して文法とリスニングを鍛える

おすすめの勉強法は、必ず一緒に音声を使用する事です。

聞くことによって、リスニングを同時に鍛える事ができ、尚且つ英語のリズム・文法を感覚的に掴むこともできます。

一見めんどくさく感じますが、実はとても効率が良く、上級者の方は必ずと言っていいほど実行しています。

益岡 想
リーディングは時間制限がネックに!

リーディングは時間のかかる章でもあるので、勉強の段階から常に時間は意識しましょう。

TOEIC TEST 速読WPMトレーニング(音声DL付)

参考書の特徴
  • 1分間に読める英語を可視化し、速度を上げる
  • 速読能力とともにボキャブラリーも身につく
  • ダウンロードできる音声付き

【特徴】速読力を上げてくれるベストプラクティス

WPMとは「words per munites」の略で、1分間に何語の英語を読めるか測定し数値化することができます。

TOEICを最後まで解き切るには150WPMの速さが必要である一方、日本の大学生の平均WPMは80となっています。

このことからもわかるように、150WPMの速さで正確に英文を読み理解するには相当な練習が必要と言えます。

【勉強法】繰り返し読んで速読の基礎を身につける

この本はPart4レベルの100wordsの英文を繰り替えし読むことで速読の基礎を身につけ、最後にはPart7レベルの200wordsの英文で速読の訓練ができます。

益岡 想
それぞれの英文には全訳と、無料でダウンロードできる読み上げ音声付きです。速読のコツについて解説も

【スコア700〜900レベル】おすすめ参考書

さてここからはスコア700〜900レベルを目標としている人におすすめの参考書を紹介していきます。

ぜひ自分にあった参考書かどうか参考にしてみてください!

TOEIC(R)テスト新形式精選模試リーディング2

参考書の特徴
  • 「精選模試シリーズ」第2弾
  • 本番のリーディング5回分収録
  • 全ての問題に正答率を掲載

【特徴】

高評価を受けた「精選模試シリーズ」の第2弾。TOEIC満点を保持する講師たちが厳選した500問で徹底的に対策ができます。

最新の問題傾向や対策法を丁寧に解説しており、学習をサポートする無料ダウンロード特典つきです!

益岡 想
リーディングが苦手でなかなかスコアが伸びないという方におすすめ

新形式問題対応TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7 TOEIC L&R テスト 究極のゼミシリーズ

参考書の特徴
  • シリーズ10万部突破のベストセラー
  • 本番よりも難しいPart7で徹底的に対策
  • 本番と同じ48問のミニ模試が2回分収録されている

【特徴】シリーズ累計10万部突破のベストセラー

シリーズ累計10万部を突破した、大人気の「TOEICテスト究極シリーズ」のPart 7「読解問題」編です。

Part7を設問タイプごとに細かい解説や解き方を掲載し、難化したPart7を徹底的に対策できる1冊です。

益岡 想
別冊には本番と同じ48問の「ミニ模試」を2回分収録し、自分の弱みを見つけることができる!

【勉強法】タイマーを片手に速読力をアップ

本書にはPart7の本番よりも難しい問題が多く掲載されているので、時間を計りながら解いていきましょう。

解いた後は解説をじっくり読み、自分の読解力を確認。足りないようなら高レベルのTOEICテスト対策単語を記憶していきましょう。

益岡 想
無料でダウンロードできる「Part 7問題文の読み上げ音声」なども活用しましょう! 

TOEIC(R)テスト リーディング プラチナ講義

参考書の特徴
  • Part7の英文パターンを網羅した新形式対応問題集
  • リーディングを説く手順を徹底的に解説
  • 豊富な解説で勉強方法の指針に

【特徴】Part7の解き方を丁寧に説明した解説付き

Part7頻出の英文パターンを完全網羅した、以下のような新形式対応の問題集です。

リーディングを説く手順から、問題に対する考え方などを詳細に解説してくれており、どんな問題にも対応できる基礎能力を向上させることができます。

  • 文書内に新たな一文を挿入するのに最も適切な箇所を選ぶ問題
  • テキストメッセージやインスタントメッセージ、オンラインチャット形式で複数名がやり取りを行うパッセージ
  • 3つの関連する文書(トリプルパッセージ)を読んで解答する問題
  • 文書中で書き手が暗示している意図を問う問題

【勉強法】

読解の質、スピード共に大きく改善ができる問題集です。

益岡 想
上級者におすすめ

解説が豊富なので、問題を解いてみて、解説をじっくりと読み、足りないと思ったらその都度単語や文法などの暗記系の知識を身につけていきましょう。

【TOEIC Part7】問題形式・問題数など新形式になって何が変わった?

2016年以降、Part7は問題数が「48問」から「54問」に増えました。

問題形式としては、Single passages(1つの文書) 29問、Multiple passages(2~3の文書) 25問から構成されています。

試験問題は設問含め全て英語であり、「英語圏に住む人が日常生活やビジネスの場で目にするような文書」が様々な形で出題されます。

そのため、メールや請求書、予定表、チラシなどあらゆる文体の問題があります。

TOEIC Part7 問題集

【画像出典:https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/about/format/sample07_01.html】

複数の文書から情報を読み取って時間制限のある中でスコアを伸ばしていく必要があり、Part7はTOEIC受験者にとって最後の最難関パートとなっているようです。

複数設問がある問題はそのヒントが文書に散りばめられており、結果的に全てに目を通さなければ解けない問題がほとんどです。

 

【TOEIC Part7 問題集】まとめ

TOEICを解き初めて1時間以上経ってからPart7に入るため、体力や集中力、時間が足りなくなる方が多いです。

ミスを少なくするために丁寧に解くと時間が足りなくなり、結果的に全て解けずスコアが伸びない、、、という方も多いのではないでしょうか?

このような問題を少しでも解消するためには、英文を速く読む訓練が必要です。

まずは参考書から!

 

TOEICの長文対策のハイスコアを目指すなら、やはり速読力が必要となります。

速読力のような基礎の力は実は短期講座で集中的に鍛えるのも一つの手ですね。

教科書だと複数読んでステップアップする必要がありますが、講座なら一つで完結できるのが強み。以下では、ingwish編集部おすすめのTOEIC短期講座をまとめました。

スタディサプリENGLISH TOEIC(R)対策パーソナルコーチプラン

「スタディサプリENGLISH」は冒頭でも取り上げましたが、こちらは3ヶ月以内で平均スコアアップ100点以上を実現する為のパーソナルコーチプラン。

パーソナルコーチプランでは、オンラインでコーチが徹底伴走。 忙しい社会人の方や、短期間で結果を出したい方のために、 いつ、何をやればいいのか明確にした一人ひとりの学習プランを作成。

その遂行を精鋭コーチが日々のチャットコミュニケーションと定期的な音声通話でサポートし、 あなたのスコアアップを現実にしていきます。

こちらのプランもまずは7日間無料体験から! ちなみに新規入会特典を使うと20,000円キャッシュバック!


TOEIC(R)L&R TEST 攻略コース

動画・音声講座を使った、プロの講師による3カ月のカリキュラムのTOEIC講座。

アルクのTOEIC®テスト対策コースは目標別に6レベル設定され、600点達成目標の人から、900点のハイスコア目標まで対応しています。

実は当ブログでも著書をよく紹介しているTOEIC入門書で有名なロバート・ヒルキ氏やヒロ前田氏が講師の研修を担当しており、多数の有名講師を排出しています。

目標スコアを達成できなかった場合は全額返金する保証制度あり!しかも達成した場合はお祝いとして最大9,000円のamazonギフト券の進呈があります!
  • 換算スコアもでる、限りなく本番に近い模擬試験
  • 学習アプリ「ALCO」でいつでもどこでも学習できる
  • 通信講座での学習をサポートする通信講座受講生専用サイト



TOEIC(R)L&R TEST 攻略コース

「トライズ TOEIC(R)対策プログラム」は、 徹底的にTOEIC(R)のスコアを上げることを目的とした専門プログラムです。

TOEICのスコアを上げるのには、通常、100点アップさせるのに200時間かかると言われています。

トライズは、TOEIC(R)対策のスペシャリストである専属コンサルタント・講師によるWサポート体制によって、2ヶ月200点のスコアアップを実現。

無駄を省いた3つの学習方法で、最低3時間、2ヶ月の集中トレーニングを行います。

    • 2000語の単語暗記
    • 150wpmの速読力とリスニング
    • 高校レベルの文法トレーニング

4/30までのご予約で受講料が50,000円割引!まずは無料カウンセリングを体験しよう!


 

 

 

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事