【ベトナム 旅行】何泊必要?都市ごとにおすすめの泊数をご紹介!

益岡 想
ベトナム旅行を計画しているんだけど、日程はどれくらいになるのかな。

ingwish man
訪れる都市ややりたいことにもよるかなあ。気温や湿度が高いからあまりスケジュールを詰めすぎてしまうと疲れてしまうかもね。

益岡 想
そうなんだね!観光スポットなどについても詳しく教えてよ。

ingwish man
それでは、今回はベトナム旅行のおすすめ日程について解説していくよ~!

 

益岡 想
今なら3,000円のキャッシュバックを受けることが可能!

みなさんご存知のホテル予約サービスBooking.comが出している『Booking.comカード』。

ホテルが5%OFFで予約可能な上にレンタカーの利用料も8%OFFに!。

もちろん海外・国内旅行傷害保険も付いており、しかも年会費は完全無料!

益岡 想
さらに今入会すると先着順で「Genius会員」にアップグレードできる!

上記Genius会員になると、世界各国の人気宿泊施設10%OFFになるサービスや、レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなど嬉しい特典が満載です。

カードのお申し込みは今が大変おトクなチャンスです!ぜひお試しください。

ハノイは何泊必要?

ハノイは目立つようなスポットこそないものの、ハロン湾をはじめとする味わい深い観光地の豊かな言わば穴場的ポジションです。

近年は格安の飛行機の普及に伴いさらに人気を集めており今大注目の都市にもなっています。

そんなハノイを効率的にかつたっぷりと味わうには、2泊3日あれば十分でしょう。

ハノイのおすすめ観光ルート

訪れたいスポットが目白押し、というわけではないのですが、「ハロン湾」「ホーチミン廟」といった目玉スポットが濃厚である点を踏まえ余裕を持って3日間の日程をおすすめします。

ハロン湾は丸1日かけて観光したいおすすめスポットですし、ホーチミン廟は午前中のみ訪問が可能なのでうまくスケジュールに組み込みたいところです。

以下が理想的なモデルスケジュールです。

こちらを基にフライトや興味関心に合わせて調整すると効率の良いまわり方ができるでしょう。

さらに、ハロン湾観光を日帰りでなく1泊2日ツアーにすると通常見ることのできない奥地まで行き美しい夜空を船上から眺めることができるのでおすすめです。

ただし、この場合は+1泊の3泊4日にすると負担が少なくなるでしょう。

1日目 午前:ハノイ空港着、市街地へ

午後:ホアンキエム湖、ショッピングなどのんびり観光

2日目 ハロン湾へ

日帰りクルーズ、クルーズと陶器の大生産村であるバッチャン村見学のセットなどのパッケージプランも人気です。

3日目 午前:ホーチミン廟へ。入場は10時30分または11時までですが、かなり並ぶことが多いため早めに行きましょう。

午後:各々の興味に合わせて行き残した場所へ

1日目

ホアンキエム湖はハノイの中心地にあるため滞在地に左右されず行きやすいスポットです。

湖には2つの小島が浮かんでいるのですが、その内1つにそびえる亀の塔は夜になるとライトアップされひそかに観光名所として愛されています。

さらに、見た者に幸福が訪れるという言い伝えのある大きな亀がいるのだとか。

ぜひ探してみましょう。

ショッピングの際にはぜひ旧市街を訪れてみましょう。

2日目

ベトナム 旅行記

【出典:https://4travel.jp/travelogue/11143735】

ハロン湾ではハノイから日帰りで行けるクルーズツアーが実施されています。

日本語のツアーもあるので、英語は苦手という方でも安心して参加できるのが嬉しいポイントですね。

多くの場合ハノイのホテルでピックアップしてもらえ、ツアーバスで2~3時間かけて現地へ。

クルーズでは奇石など雄大な自然を眺めながら船上での食事が楽しめます。

また、村をあげて陶器を生産しているというバッチャン村の見学もできるパッケージプランもあるので興味がある方はぜひご検討ください。

3日目

ホーチミン廟は革命家であるホーチミンの遺体が安置されており、厳格な雰囲気の観光名所です。

入場時間は7時30分~10時30分(11/1から3/31は8時~11時)までとなっていること、アクセスはタクシーやバイクタクシーのみとなっていることにご注意ください。

また、短すぎるパンツやノースリーブなどの露出は控えた服装で行きましょう。

益岡 想
ハノイは自然や文化的な観光地が多いんだね。

ホーチミンは何泊必要?

ベトナム観光地

ホーチミンは広くはないですが、観光スポットが密集している濃厚な都市になっています。

ベトナムの最大都市として経済の中心の役割を担い、おしゃれな飲食店があり、ショッピングにも困りません。

とは言え、2泊3日~3泊4日程度で満喫できるでしょう。

ホーチミンのおすすめ観光ルート

ベトナム 旅行 注意 点

ホーチミンでぜひ行きたいスポットはたくさんありますが、その中でも人気なのが「サイゴン中央郵便局」、「サイゴン大教会」、「ドンコイ通り」「ベンタイン市場」などでしょうか。

さまざまなお土産を入手することができるのがホーチミンの魅力の1つでもあるので、「観光デー」「お買い物デー」と分けてみても良いかもしれません。

以下がモデルスケジュールですが、この他にも人気の観光スポットがあるのでご自身の関心に合わせてアレンジしていってください。

1日目 午前:到着、市街地へ 午後:ドンコイ通り
2日目 サイゴン中央郵便局、サイゴン大教会
3日目 ベンタイン市場でショッピング
その他人気スポット
  • ロンヴァン水上人形劇場
  • 戦争証跡博物館
  • 統一会堂
  • 人民委員会庁舎
  • サイゴンスカイデッキ
  • ブイビエン通り

1日目

ドンコイ通りはプチパリという別称に負けない、ベトナムのおしゃれと流行の中心地になっています。

伝統民芸品からお土産用に大量買いできるようなお手軽なグッズまで様々な雑貨が手に入るお買い物天国です。

2日目

鮮やかな黄色の外観が映えるサイゴン中央郵便局。

現在でも郵便局の機能を果たしていながら観光客でにぎわう必見スポットです。

サイゴン大教会は2020年1月現在工事中で中に入ることはできませんが、外観だけでも見る価値があるでしょう。

3日目

ベトナム 旅行記

【出典:https://tabizine.jp/2019/01/04/228335/】

ベンタイン市場も、様々な商品がそろう賑やかなショッピングスポットです。

中には人がごった返しており、お昼以降はさらに気温が上がり過ごしにくくなるためなるべく早い時間に訪れることをおすすめします。

スリにも注意しつつ値下げ交渉も楽しみましょう。

ingwish man
ホーチミンはお買い物好きな人におすすめの街だね。

ダナンは何泊必要?

ダナンは日本からすぐ行けるビーチリゾートとして今や大人気の都市です。

のんびり休暇を過ごしたいならベトナムでの目的地はダナンをおすすめします。

こちらも2泊3日での観光が最適でしょう。

ダナンのおすすめ観光ルート

ダナンでは必見の観光スポットというものは少なく、リゾート感が強いスポットになっています。

ランドマークはなくとも、おしゃれなお店でのショッピングやお食事が楽しめる他、リーズナブルなマッサージスパを楽しむこともできます。

さらに日程に余裕があれば、ホイアンへ日帰りツアーに行くことも可能です。

1日目 午前:到着 午後:散策
2日目 スパ、マッサージでリラックスしたり、ビーチでマリンスポーツなども。
3日目 午前:ショッピング、カフェ巡り 午後:出発

ホイアン日帰りツアー

 

ベトナム 旅行記

【出典:https://tabisuke.arukikata.co.jp/album/19098/?page=1】

ダナンからタクシーやバスを使って個人でも日帰りでホイアン観光を楽しむことが可能です。

最終バスが早めであること、発着駅が市街地から遠いことからタクシーでの移動をおすすめします。

夜になると見られるランタンのライトアップされた姿は息を飲む美しさですので、ぜひご検討ください。

益岡 想
ダナンではお手軽にラグジュアリーな旅行が楽しめるんだね。

ベトナム一周は何泊必要?

各都市の滞在日数を2~4日、3,4都市とし、ベトナムを一周したいと考えたら10日間~2週間必要でしょう。

各都市から日帰りで行ける小旅行なども組み合わせることでベトナムを満喫できるプランになるのでぜひ自分だけのベトナム旅行を作ってみてください。

ingwish man
ベトナムは都市間の移動もお得にできるからぜひ一周旅行もしてみてほしいな!

まとめ

今回は、ベトナム旅行では何泊必要か、おすすめ観光ルートなどについて詳しく解説しました。

本記事のポイントは以下です。

本記事のまとめ
  • ハノイは2泊3日でディープな旅を満喫
  • ホーチミンは2泊3日でお買い物を楽しもう
  • ダノンは2泊3日でリゾートを堪能
  • ベトナム一周するなら10日から2週間で制覇可能

各都市ごとにそれぞれの楽しみ方があって、ベトナムは旅行先としてとても魅力的な国ですね。

本記事を参考に最適なスケジュールを組んで、ベトナムを余すことなく堪能し、思い出に残る旅行にしてくださいね。

ingwish編集部イチ押し!クレジットカードランキング
アプラスG・O・Gカード
すごすぎる!頼れるクレジットカード
旅行で頼れる!スマホ・パソコンなどの修理に強みを持つアプラスG・O・Gカード。
旅行中にうっかりスマホを壊してしまった時にとても便利でした。
デジタル世代のクレジットカードはこれに決まりといっても過言ではありません。

 

エポスカード
海外旅行のクレジットカードの定番
利用率の高さと多くの旅行者を支えてきたエポスカード。令和時代に突入してもその信頼度は健在。
かくいう私も学生時代の旅行ではエポスカードに頼りきりでした笑
海外旅行保険の保障の手厚さや、盗難保険の完備など基本的なポイントを抑えているので、初めての海外旅行におすすめです。

 

シェルPontaクレジットカード
圧倒的ポイント力!みるみる貯まるPontaポイント
ポイントを貯めたい人の最終手段的なクレジットカードです。ガソリンを入れるたびにPontaポイントが貯まるので、頻繁に車に乗る人なら、みるみるPonta長者になっていきます。
Pontaポイントはローソンをはじめ国内の色々な場所で使うことができるのも魅力。

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事