マニラの気候を解説!雨季のマニラは注意することが多い

当記事ではマニラの雨季について解説をしていきます。

マニラへ旅行や留学などを考えている方は参考にしてください。

マニラの気候

【画像出典: https://www.rappler.com/nation/】

まずは、マニラの気候について解説をしていきます。

気温や季節について解説をしていくので、マニラがどのような場所なのかイメージしていただければと思います。

マニラの年間の気温

マニラの平均気温は年間を通じて、30度以上で安定しています。

フィリピンというと南国で年中暑いと思う方もいるかもしれませんが、実はそうでもないです。

真夏の東京のように35度を超える猛暑になることはほとんどないので、意外と過ごしやすいです。

日本の初夏が1年中続いているような感じですので、服装は半袖半ズボンを基本にすれば問題ありません。

雨季(6月~11月)

マニラには日本のような四季はありませんが、主に乾季雨季という2つの季節が存在します。

マニラでは6月~11月が雨季になります。

頻繁に雨が降る時期なのでこの時期にマニラに訪れる方は雨具などは準備しておいた方がいいです。

雨季については後ほど詳しく解説をするのでそちらを参照してください。

乾季(12月~5月)

マニラ 雨季

マニラでは12月~5月乾季になります。

乾季といっても時期によって過ごしやすさや気候は変わってくるので解説しておきます。

乾季の中でも12月~2月は比較的涼しく、湿度も低いのでとても過ごしやすいです。

旅行に行くのであれば、この時期は快適なのでおすすめです。

また、3月~5月酷暑季とも呼ばれる時期で、日差しが強く、気温も1年の中では比較的高いです。

この時期の旅行では日焼けや熱中症への対策をしておいた方がいいです。

雨季の特徴

マニラ 雨季

次に、マニラの雨季について詳しく解説をしていきます。

雨季は天気も変わりやすく、気を付けるべきこともあるので気候の特徴は知っておくようにしましょう。

雨季にマニラに滞在する予定があるという方は参考にしてください。

短時間の強い雨

【画像出典: https://news.abs-cbn.com/】

マニラでの雨の降り方は日本の梅雨とは全く異なります。

スコールという短時間の強い雨が頻繁に降るのが特徴です。日本の梅雨のように弱い雨が1日中降り続くようなことはほとんどないです。

大体1日おきくらいに強い雨が2~3時間ザーッと降ります。

スコールは時間を問わず降りますが、比較的夕方に降りやすいです。

雨季に観光する際は雨具を忘れずに携帯するようにしましょう。

台風シーズン

【画像出典: https://www.samaa.tv/global/2014/07/typhoon-kills-10-in-manila/】

雨季の中でも8月~10月は台風シーズンになります。

ただ、近年は気候が変化しているのか11月頃まで台風のシーズンが伸びてきているといわれいます。

フィリピンの中でもマニラは台風が通過しやすい場所なので、旅行に行く際は天気をしっかりと確認しておくことをおすすめします。

特に、台風が多いのが8月です。例年、8月だけで台風が2~3回は通過するのでマニラをしっかり観光したい方にはあまりおすすめできない時期です。

洪水に巻き込まれて死亡してしまう方も毎年いるので、旅行中はしっかりと注意をしておきましょう。

雨季のマニラでの注意

マニラ 雨季

雨季のマニラでは注意しなければいけないことがいくつかあります。

ここでは、雨季に注意すべきことについて詳しく解説していきます。

マニラに行く前にしっかりと確認をしておいていただければと思います。

スコールは予報されない

【画像出典: http://www.southbound-inc.com/】

雨季に旅行に行くのであれば、天気予報は事前に確認すると思います。

しかし、天気予報では予想されていなかったのにスコールが急に降りだすということは普通にあります。

スコールは何の前触れもなく降りだすゲリラ豪雨なので、予想が難しい雨です。なので、天気予報では特に予想されていないことは普通です。

雨の予報でなくても雨具は持って出かけるようにしましょう。

台風情報は確認しておく

マニラ 雨季

台風シーズンの時期にマニラに行く方は滞在中の台風情報はしっかり確認するようにしてください。

台風の影響で飛行機が欠航になることはよくあります。

台風が直撃して帰国が遅れるという事態も考えられるので台風の情報は確認をしておくことをおすすめします。

仕事などで帰国が遅れるわけにはいかないという方は事前に飛行機を予約し直すなどの手続きが必要なので台風にはしっかり気を配っておきましょう。

格安ホテルは注意

マニラ 雨季

雨季に旅行に行く際はホテル選びにも意外と注意が必要です。

特に、格安ホテルを利用する際は気を付けるべきことがあります。

格安ホテルというのはインフラがあまり整備されていない場所に建てられていることも多く、大雨で周囲が洪水のような状態になることも考えられます。

雨が強いのはありますが、マンホールの水はけが悪かったりとインフラがしっかり整備されていないために甚大な被害になることもあります。

▼イメージ

マニラ 雨季

安いホテルは地代が安い場所であることが多いので、こういったことも起こります。

なので、ホテルを選ぶ際は大雨が降っても浸水の心配がなさそうかということも確認しておくといいでしょう。

インフラ以外にも近くに河川があるようなホテルも宿泊先としてはあまりおすすめできません。

デング熱に注意

マニラ 雨季

雨季のマニラではデング熱にも注意をしましょう。

雨が降ると水たまりがそこら中にできて、蚊が繁殖しやすくなるので雨季はデング熱に感染する人が多くなります。

なので、滞在中はあまり蚊に刺されないように注意をしてください。

ホテルでは蚊取り線香をつけておくことをおすすめします。

また、外出中も蚊に刺されないように虫よけスプレーなどをしておくといいでしょう。

タクシーは止めにくい

マニラ 雨季

【画像出典: http://primer.ph/guide/living-guide/post_45/】

雨が降るとタクシーを利用する客は増えるので雨季は意外とタクシーを拾えないなんてこともマニラではよくあります。

特に、雨が降りだした瞬間止んだ直後というのはタクシーに乗りたい人が多いのでつかまえにくいです。

タクシーが拾いにくいということはマニラに行く前に知っておいていただければと思います。

タクシーの代わりとして、Grabという配車サービスに事前に登録しておくことをおすすめします。

▼Grab

マニラ 雨季

これは近くを走っているGrabの車両を探して、手配することができるのでタクシーが拾えなかったときにおすすめです。

交通渋滞

マニラ 雨季

雨が降ると車で移動しようとする人が増えるので渋滞が起こりやすくなります。

また、マニラの場合は道路があまり整備されていない場所もあり、雨で浸水するような場所もあるのでそういった影響もあります。

タクシーやGrabは道路の状況などをしっかり見てから、利用する方が賢明です。

あまりに道路の状態が悪そうな日はタクシーを使わなくても行ける範囲で観光するといったことを考えてみてもいいと思います。

まとめ

マニラ 雨季

マニラの雨季について解説をしてきました。マニラ旅行について参考になりそうな情報はありましたでしょうか。

実際、雨季にマニラに旅行に行くのはあまりおすすめはできません。特に、8月~10月は台風で予定が台無しになるなんてことも珍しくないのでできたら避けた方がいいでしょう。

旅行に行くのであれば、雨が降らない乾季の時期の方がおすすめです。

マニラで雨が降ると色々と注意しなければならないことが多いので、7月~11月に旅行に行くという方は当記事で紹介したことを旅行中も実践していただければと思います。

また、留学などで長期滞在する方もここで注意したことを参考にマニラで過ごすようにすることをおすすめします。

 

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事