【タイ旅行】両替はどこで行う?お金の準備とおすすめの両替テクニック

益岡 想
今度の休みはタイ旅行に行くんだ。

ingwish man
へえ。何か困っていることはある?

益岡 想
あ!タイで使うお金は両替などどうすれば良いのかな?

ingwish man
では、今回はタイ旅行での両替についてお話ししていくよ。

 

益岡 想
今なら3,000円のキャッシュバックを受けることが可能!

みなさんご存知のホテル予約サービスBooking.comが出している『Booking.comカード』。

ホテルが5%OFFで予約可能な上にレンタカーの利用料も8%OFFに!。

もちろん海外・国内旅行傷害保険も付いており、しかも年会費は完全無料!

益岡 想
さらに今入会すると先着順で「Genius会員」にアップグレードできる!

上記Genius会員になると、世界各国の人気宿泊施設10%OFFになるサービスや、レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなど嬉しい特典が満載です。

カードのお申し込みは今が大変おトクなチャンスです!ぜひお試しください。

タイ旅行のお金の基礎情報

タイ旅行に行く時は、滞在中のお金の管理はどうすれば良いのでしょうか。

特に東南アジアへの旅行が初めての方は、タイ旅行の際のお金事情がどうなっているか気になりますよね。

旅行では何をするにもお金は必ず必要になりますよね。

旅行前にしっかりと確認して安心して楽しめるようにしましょう。

タイの通貨は?

タイの通貨はBaht(バーツ、バート)、Satang(サタン)で、100サタンで1ダーツになります。

単位はB(THB)Sと表記されます。

現在1バーツ=3.61円(2019/11/27)で、大体3.5円前後と考えましょう。

どんな場面で現金が必要になる?

タイでもカード払いは主流ですが、クレジットカードに対応していない、対応しているカードの種類が少ないなど、ローカルな飲食店お土産屋では現金での支払いが必要なことがあります。

クレジットカードを持っていないという方は、海外旅行の際にはかなり重宝するのでこれを機に作っても良いでしょう。

使いすぎが不安な方は口座から即時引き落としのデビットカードが同様に多くの国で使えるのでおすすめです。

また、現金が必要になるのは少額の買い物の際が多いので、高額紙幣よりも使いやすい50バーツ、20バーツで持っておくと便利です。

ingwish man
2018年から新貨幣が使われているけど、旧デザインのものも変わらず使えるから両替などで受け取っても安心してね。

タイ旅行に必要な現金は?

それでは、実際にどの程度の金額を両替すれば良いのでしょうか。

バーツから日本円への両替はレートが悪くなってしまうため、両替しすぎて帰国時に現金がたくさん余ってしまうという事態も避けたいところです。

余裕があれば全日程まとめてではなく何回かに分けて両替するのも1つの手です。

ツアーの場合

ツアーなどでの短期滞在で航空券・ホテルの代金を支払い済みの場合は、1日1万円から2万円ももっておけば安心です。

タイで支払いが必要な物費用
タクシー初乗り35B(約123円)
地下鉄初乗り16B(約57円)
屋台などの料理一品60B(約216円)
レストランでの一品300B(約1080円)
ペットボトルの水500ml6B(約21円)
マッサージ60分300B(約1080円)
観光地の入場料0~500B(約1800円)

お土産等の購入がなければ1万円以下で過ごすことも可能なのでご自身に合わせて調節してくださいね。

バックパック旅行の場合

ここでは比較的長期滞在をする場合についてご紹介します。

バックパック旅行で身軽でリーズナブルに旅行する時は、現地人も利用するゲストハウスを宿に利用すれば1日300B(約1080円)~600B(約2160円)ほどで宿泊することができます。

食費などはツアー観光と同様、さらに観光費などの諸経費があまり必要でないことを考えれば1日あたり必要な現金は5000円前後になります。

毎日観光をするというわけではないでしょうから、その日の予定に合わせて調節していきましょう。

益岡 想
旅行の内容によって必要な現金は変わってくるんだね。

タイ旅行 両替はどこがおすすめ?

それでは実際に、どこで両替を行えば良いのでしょうか。

現金が必要なのに、どこで両替すれば良いのか分からない…なんてことは避けたいですよね。

そこでタイ旅行者におすすめの両替所をご紹介します。

空港

空港内の両替所のレートは決して良いとは言えませんが、街への移動の際や軽食などにも現金が必要になってきます。

空港内には複数両替所があるので、比較してレートの良いものを選びましょう。

また、市内のレートの良い両替所を見つけるまで手間がかかってしまうことも考えられますので、不安な方は空港で多めに両替しておくと良いでしょう。

バンコク市内・スーパーリッチ ラチャダムリ本店

基本情報
  • アクセス:BTS Chit Lom(チットロム)駅から徒歩約10分
  • 営業時間:10:00~20:00

比較的良いレートであることが多い両替所ですが、店舗ごとにレートが異なるので注意が必要です。

タニヤスピリット

基本情報
アクセス:BTS Sala Daeng(サラデーン)駅から徒歩1分
またはMRT Si Lom(シーロム)駅から徒歩3分
営業時間:9:30~20:30

両替の取り扱いが日本円⇔バーツのみなので、顧客はほとんど日本人でにぎわっています。

夜遅くまで開店していますし、店員の方もかなり日本人に慣れているので初めての方も安心して両替ができるのでおすすめです。

また上記の2つ以外にもバンコク市内にはレートの良い両替所はいくつかありますが、あまり大きな差は生まれにくいため旅程的にアクセスしやすい場所にある両替所を利用するのがおすすめです。

さらに、翌日予定が詰まっていて両替する時間がないと考えられる場合はまとめてしておくと安心です。

ホテル

両替所に行き損ねた、思いのほか現金を使ってしまった…そんな時はホテルのフロントでも両替を取り扱っている場合があります。

もし急に現金が必要になったら滞在しているホテルに確認してみましょう。

レートはあまり良くないので緊急事態のみの利用をおすすめします。

益岡 想
タイではいろんなところで両替ができるんだね!

タイ旅行 お金の両替以外のテクニック

タイ旅行では、日本円を持ち込んで両替する以外にもお金を用意する方法があります。

現金のみですと紛失やスリなどの被害に遭った時の被害が大きくなってしまうので、これらの方法を組み合わせて旅行することがおすすめです。

クレジットカードを使う

現在はタイでもクレジットカード払いできる店舗がかなり多くなっています。

特に観光客向けの価格のお高めのレストランお土産の購入時などは大金を持って行くよりもカードでお支払いをした方が安全でスムーズです。

クレジットカードは紛失したら止めることができますし、不正利用されたら返金さえますが、現金は海外旅行保険の対象にもならず失ったら返ってきません。

クレジットカードを併用する際は盗難防止のためにも持ち歩く現金を少なめにすると安心です。

海外キャッシング

クレジットカード・デビットカードの種類によっては海外ATM現地通貨を引き出せる海外キャッシング機能を利用することができます。

対応ATMさえあれば両替の元になる日本円がなくてもすぐに現地の現金を引き出すことが可能です。

タイだけでなく他の外国に旅行に行った時にも同様に使えるので、こういったカードを1つは持っておくと便利です。

ただし、利用には制限があることがあるので旅行前に使えるかしっかりと確認しましょう。

ingwish man
自分が旅行でどんな部分にお金をかける予定なのかも踏まえて持ち歩く現金を決めることが大切だよ。

まとめ

今回は、タイ旅行時の両替事情について詳しく解説しました。

タイでは、非常にリーズナブルにグルメや観光を満喫することができます。

本記事を参考にお金の心配から解放されて思い切りタイ旅行を楽しんでくださいね。

ingwish編集部イチ押し!クレジットカードランキング
アプラスG・O・Gカード
すごすぎる!頼れるクレジットカード
旅行で頼れる!スマホ・パソコンなどの修理に強みを持つアプラスG・O・Gカード。
旅行中にうっかりスマホを壊してしまった時にとても便利でした。
デジタル世代のクレジットカードはこれに決まりといっても過言ではありません。

 

エポスカード
海外旅行のクレジットカードの定番
利用率の高さと多くの旅行者を支えてきたエポスカード。令和時代に突入してもその信頼度は健在。
かくいう私も学生時代の旅行ではエポスカードに頼りきりでした笑
海外旅行保険の保障の手厚さや、盗難保険の完備など基本的なポイントを抑えているので、初めての海外旅行におすすめです。

 

シェルPontaクレジットカード
圧倒的ポイント力!みるみる貯まるPontaポイント
ポイントを貯めたい人の最終手段的なクレジットカードです。ガソリンを入れるたびにPontaポイントが貯まるので、頻繁に車に乗る人なら、みるみるPonta長者になっていきます。
Pontaポイントはローソンをはじめ国内の色々な場所で使うことができるのも魅力。

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事