【フィリピン留学】いくらかかる? 費用を項目別に解説!

価格が安いのがフィリピン留学の魅力ですが、留学費用はどの項目にどのくらいの費用がかかっているのが普通なのでしょうか?

留学の費用相場を知ることは、質が良く、料金がお得なスクールやエージェントを選ぶ上で大切な知識です。

何も知らないで留学会社に全て任せてしまわず、どんなことにいくらくらいお金がかかるのかしっかり理解することで、留学で失敗する危険性はだいぶ減ります。

そこで当記事では、フィリピンの留学でかかる費用の相場を大まかに説明し、留学の費用を解説します。

留学をお考えの方はぜひこちらの記事を参考に一読ください。

フィリピン留学 1ヶ月にかかる費用

授業料相場 滞在費(寮) 生活費相場 渡航費相場 合計相場
アメリカ 10万円 15万円 10万円 10万円 45万円
イギリス 15万円 15万円 10万円 10万円 50万円
フィリピン 10万円 6万円 3万円 5万円 24万円

欧米諸国への留学費用と比較して、フィリピンの留学費用は格段に安いのが特徴。

1ヶ月の滞在でも24万円程度の留学費用であり、イギリス留学やアメリカ留学と比較すると半額かそれ以下の金額となります。

フィリピンでも場所により留学の費用が異なります。

以下では、フィリピンの主要な留学地域の特徴と1ヶ月滞在した場合の料金相場を解説します。

マニラの留学費用相場

フィリピン 留学

フィリピンの首都であり、経済地域だけあり、インフラは他の地域よりも充実しています。

また、前述の通り日本人留学生がフィリピンの他の留学先と比較して多くないので、日本人がいない環境を希望する場合はおすすめ。

デメリットとしてよく言われるのが、空気が悪いこと、渋滞がかなり深刻なことなど。

相場は他の地域はおろか、世界的な留学先としてもかなり安い部類。

1ヶ月の滞在でおよそ16万円〜が相場と言われています。

セブの留学費用相場

セブ島は観光地としての人気もある美しい海や自然など、リゾート感を満喫できるのが特徴。

観光地・留学先として人気で日本人の来訪者が多いこともあり、とっさのトラブルや病気に比較的心強いがありがたいところ。

セブ島の留学相場は1ヶ月でおよそ30万円程度。

宿泊施設などにもよりますが、留学先としてはかなり安い部類のエリア。

クラークの留学費用相場

フィリピン 留学

クラークの特徴は『英語ネイティブの講師が多数在籍している』ということです。

英語を学ぶに当たって英語ネイティブの講師から学びたいという方は多いのではないでしょうか?

クラークは先ほど説明した通り、米軍基地が以前に存在していたことから英語ネイティブの方が多数いらっしゃいます。

英語ネイディブによるレベルの高い英語の授業を受けることも可能なのがクラークです。

1ヶ月およそ18万円〜20万円程度。

バギオの留学費用相場

フィリピン 留学

特徴は、大勢の学生が住んでいる学生街であり、治安も良好というポイント。

富裕層が住む街としても知られ、景観が美しいのも特徴です。

治安も良く、初めて海外旅行に行く、フィリピン旅行に行く、という方は一行のよりあり。もちろん、山登りが好きな人も。

バギオの留学相場もかなり安めに設定されており、1ヶ月およそ18万円〜20万円程度。

フィリピン留学の授業料・滞在費

フィリピン 留学

留学でかかる費用の最も大きいウェイトを占めるのが授業料・滞在費。

1ヶ月滞在した場合で平均で16万円程度かかります。

授業料や滞在費は選択するプランによって変わります。基本的には、フィリピンへの留学費用はこの金額に渡航費と雑費を足したものになります。

したがって、フィリピンへの留学の計画は授業料・滞在費を最初に確認して行うと良いでしょう。

滞在費は一部屋に一緒に暮らす人が増えれば増えるほどやすくなります。

部屋の種類 料金相場
個室 18万円
2人部屋 15万円
4人部屋 12万円

1ヶ月の費用では、個室と4人部屋では5万円以上の差が出るのは当たり前で、それ以上の場合もあります。

1人部屋には自室学習に集中できる、プライベートが確保できるというメリットがありますが、6万円という費用は安くありません。

一方で、集団生活に自信がない場合は安くても4人部屋を選ぶのはおすすめできません。

様々な国から英語留学に訪れているため、日本の常識で生活できないという場合も大いにありえます。

フィリピンへの渡航費

フィリピン 留学

フィリピンへの渡航費は時期にもよりますがおよそ5万円から8万円まで。

航空券が高くなるのは日本の夏休みやゴールデンウィークなど長期の休みが重なるタイミングです。

タイミングが許すなら、時期をずらすと良いでしょう。

航空券は留学の場合は留学エージェントが手配してくれるのが普通です。

エージェントもコストパフォーマンスの良い航空券を探してくれるものの、少しでも費用を抑えたいのなら費用の安い時期にフライトしましょう。

一般的に航空券は世間的な休暇と重なると高くなる傾向がありますので、休暇を避けて買うのがポイント。

フィリピンなら旅行者の多い夏よりも冬の方がお得になる場合が多いです。

 

フィリピン現地で支払う雑費

フィリピン 留学

授業料・滞在費に加え、渡航費の他に必要となる雑費はおよそ3万円程度から、滞在期間に応じて加算されます。

フィリピン留学では、現地に到着してから『特別就学許可証』の申請が必要となります。

こちらの手続きに関しては学校が代理で行いますが、費用として1ヶ月で1万7千円程度が、期間に応じてさらに必要となります。

また、30日以上であればビザの申請費用が発生します。

フィリピンの物価は基本的に日本より安く、食料などを格安で買うことができるので、現地での出費はあまりかからない傾向にあります。

▼食費の相場表

食品 価格
水(1.5ℓ) 50円〜100円
米(1kg) 50円〜100円
バナナ(1kg) 80円〜180円
トマト(1kg) 60円〜120円
りんご(1kg) 120円〜240円
牛肉(1kg) 500円〜870円

200円未満でハンバーガーセットを購入することができ、400円あれば大衆の食堂で食事することができます。

屋台なら300円もあればお腹いっぱい食べることができるでしょう。

まとめ

フィリピンの留学は英語留学先としては破格の安さです。

アメリカやイギリスに1ヶ月滞在するお金でフィリピンでは2ヶ月以上滞在することも可能という場合があるので、とにかく英語のアウトプットトレーニングを行いたい人には非常におすすめです。

ただし、フィリピンは未だ発展段階。

同じ価格でも実際のパフォーマンスにばらつきがある場合があるので、価格だけではなく評判なども必ずチェックしましょう。

また、同じフィリピンでも都心部のマニラや、人気の観光地であるセブなどは高めの傾向にあり、逆に田舎などに行くと留学費用も安くなっていくので、少しでも料金を節約したい方はマニラやセブ以外の留学地域を調べるのもおすすめです。

当サイトではフィリピンの様々な地域の情報を掲載しておりますので、興味があればぜひご一読くださいませ。

 

 

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事