格安で英語留学!コスパの良い留学プログラムまとめ

益岡 想
留学したいんだけど、資金集めが大変だよね。

ingwish man
でも工夫次第では、格安で留学ができるよ。

益岡 想
そうなんだね、コツを教えて!

ingwish man
では、今回は格安留学について詳しくお話ししていくよ~!
【留学の頼れるパートナー!】UCSゴールドカード

海外旅行や留学ではクレジットカードの利用がとても便利ですが、中でもingwish編集部がおすすめしたいのが「UCSゴールドカード」です。

旅行好きには外せない国内・海外損害保険が国内のカードの中でもトップレベルで手厚く、補償額も多め。更に、国内主要空港で空港ラウンジサービスを受けることができます。

通常、ラウンジサービスは平均して3,000円入室にお金がかかるところ、年会費3,300円なので1回利用するだけでほぼ元が取れるのも魅力。

格安で英語留学するならフィリピン!

留学 格安

格安で英語が学べるフィリピンは語学留学を検討しているみなさんには有名な渡航先でしょう。

実際にフィリピン留学が人気なのには理由があるのです。

フィリピン留学の費用

留学 格安

フィリピン留学でかかる費用は大まかに以下の通りです。

入学金約15000円前後
学費・滞在費約80000円(1週間)、
180000円(1か月)、
550000円(3か月)など
空港からの交通費など約3000円

以上に加え、外食費や交際費がかかったり、滞在する寮のタイプによって宿泊費が変わったりします。

さらに日本から現地への航空券も早めに予約、ハイシーズンを避けることで安く入手することができるでしょう。

フィリピン留学のメリット

留学 格安

フィリピンを留学先に選ぶメリットは費用の安さだけではありません。

まず、英語を学べる渡航先の中でも日本と距離も文化も近く過ごしやすいことから海外経験が少なくても挑戦しやすい点が挙げられます。

さらにマンツーマンレッスンも破格で受けられるので短期間でぐっと語学力をアップしたい方におすすめの渡航先です。

益岡 想
安く充実したレッスンが受けられ、日本人に向いているからフィリピン留学が人気なんだね!

ホームステイで滞在費用を削減

留学 格安

留学の際、現地の住居にはに住む・アパートメントを借りる他にホームステイという手段がありますよね。

ホームステイを利用すると、多くの場合他の宿泊方法より費用が安くなるのでぜひ検討してみてください。

ホームステイとは

留学 格安

ホームステイとは、留学先の家庭に住む滞在方法です。

現地の住人と生活を共にするので学校外でも日常会話を練習することができますし、より深い文化を体験することにつながるのでその魅力は費用の安さだけにとどまりません。

また、学習面だけでなくホストファミリーによっては国境を越えて第2の家族のように素敵な関係を築くことができるかもしれません。

ホームステイを利用するには?

留学 格安

多くの留学エージェントはホームステイをステイプランのオプションとして取り扱っています。

個人的に留学生を受け入れている家庭もありますが、トラブルを避けるため会社を通しての利用をおすすめします。

さらにどのような家庭なのか、学校とのアクセスはどうか、など事前にしっかり状況を把握しておくことが大切です。

ingwish man
授業以外でも現地の人々と交流でき生活を共にできるのは貴重な体験になるよ。

ワーキングホリデーする

留学 格安

少しでも滞在中にかかる費用を節約しながら留学を楽しみたい、海外での生活を楽しみたいという方におすすめなのがワーキングホリデー、通称ワーホリです。

近年は仕事をやめたり大学を休学してワーホリに行く方が増えています。

その背景には、どんな魅力があるのでしょうか。

ワーキングホリデーとは?どれくらい費用を抑えられる?

留学 格安

18歳~30歳の日本国民が利用でき、協定を結んでいる国に1年から2年の滞在と現地での労働が許される制度です。

ワーホリビザを取得すればフルタイムでの就労が可能なので、職を得ることができれば現地で生活費を稼ぐこともできます。

ただし、語学力がほとんどない、強みになるスキルもないといった場合は仕事が見つかるまで時間を要するので、ビザの申請に必要な残高証明金額よりも多めの資金を用意しておく必要があります。

ワーキングホリデーを利用するには

留学 格安

まず、ワーホリに行くためにはワーキングホリデービザ(就労許可証)の取得が必要です。

渡航前に申請し、取得から1年間有効となります。

ビザ取得に必要な書類は希望渡航先によって異なり、抽選がある国もあるので各自よく確認しましょう。

あとは現地でのステイ先と航空券を抑えて出発です。

ただし、アメリカには留学できない

留学 格安

イギリス、オーストラリアなど留学先として人気のある英語圏の国ではワーキングホリデーが可能ですが、アメリカ合衆国と日本はこの協定を結んでいないため、就労が不可能になっています。

現在ワーキングホリデーが可能な国は以下の24か国です。

英語圏オーストラリア、カナダ、
ニュージーランド、イギリス、
アイルランド
人気国ドイツ、フランス、デンマーク、
ノルウェー、韓国、香港、台湾
その他ポーランド、ポルトガル、スロバキア、
オーストリア、ハンガリー、スペイン、チェコ、
アルゼンチン、チリ、アイスランド、
リトアニア、スウェーデン

アメリカ合衆国に留学したいと考えている場合は、その他の方法で費用を抑えましょう。

益岡 想
お金を得ながら語学力の上達や文化、生活を体験できて、うまく利用すればとても助かる制度だね。

奨学金を使う方法

留学 格安

留学を志す方の中にはそれぞれ、どうしても貯金ができない、まとまったお金を用意できない、ワーホリ制度は利用せずに学習に集中したい…様々な事情があることでしょう。

しかし、金銭的な問題で留学の夢をあきらめないないために資金を調達する方法が奨学金制度です。

奨学金制度なら使用後も無理なく返済が可能なシステムになっているので安心です。

奨学金の種類

留学 格安

奨学金には大きく分けて返済する必要がある「貸与型」と、返済の義務がない「給付型」の2種類があります。

その提供元には日本学生支援機構を初めとする公的機関から、未来の世界で活躍する人材育成に力を入れている企業団体など多岐に渡ります。

地方にお住いの方は自治体が奨学金制度をもっている場合もあります。

それぞれ受給条件が異なるので自分に当てはまるものを調べてみましょう。

おすすめの奨学金制度

留学 格安

海外留学におすすめの奨学金は以下です。

JASSO(日本学生支援機構)選考あり給付型、学費及び生活費
IELTS北米奨学金選考あり給付型、6000USD
トビタテ!留学ジャパン選考ありコース毎異なる

もちろん誰にでも奨学金受給の権利があるわけではなく、いずれも選考があります。

どうして留学がしたいのか?将来にどう役立つのか?が分かっているあなたはぜひ奨学金を申請してみてください。

倍率が高いものもあり、必ずしも採用されるとは限らないので奨学金をもらえることを前提とした資金計画は危険ですので、あくまでも補助的なものとして位置付けて考えることが必要です。

ingwish man
給付型の奨学金を受給出来たらかなり助かるよね。留学を検討している人はこの条件を満たすためにも学校の成績などを高く保っておくことをおすすめするよ。

まとめ

留学 格安

今回は、費用を抑えて留学をしたい方に役立つ情報をお話ししました。

本記事のポイントは以下です。

本記事のまとめ
  • おすすめの格安留学先はフィリピン
  • ホームステイで滞在費削減
  • ワーホリならお金を得ながら海外滞在ができる
  • 奨学金もうまく活用する

お金がないから…といった理由で留学を断念してしまってはもったいありません。

本記事を参考に上手に費用を節約して海外で勉強したい・暮らしてみたいという夢を実現させましょう。

留学は、留学する地域の治安を始め、準備しなければいけないもの、必需品、語学学校の事情など様々な情報が必要となります。

もちろん時には勢いは大切ですが、転ばぬ先の杖と言いますし、できれば日本にいるうちから情報を集めておくのが大切です。

以下では、留学経験者が多数在籍するingwishスタッフが選ぶ留情報サイトをまとめました。
School With(スクールウィズ)

世界23カ国の留学に対応し、4000校以上の語学学校の情報を掲載、紹介しています。

情報サイトでありながらエージェントでもあるため、留学の申し込みをそのまま行うことができるのが強み。

 

留学デビュー
留学デビューは女子を対象とした留学情報サービス。
留学で必要なことを一から初心者に解説してくれるので、留学のことがまだよくわからない、という女性の方に特におすすめのサービスです。
Global Dive(グローバルダイブ)

Global Dive(グローバルダイブ)は設立15年以上を誇る老舗の留学・ワーキングホリデーエージェント。

料金の安さが最大の特徴で、フィリピン留学なら1ヶ月107,000円からのプランを紹介しています。

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事