カフェ・ランカル(LanCul)口コミ・評判は?メリットとデメリットを解説!
記事監修者紹介

益岡 想

應義塾大学経済学部卒のアメリカ在住12年間の帰国子女。

英語検定一級TOEIC990点TOEFLiBT 110点超えTOEICは990点を一度だけでなく、3回連続で出している数々の日本の英語検定系の試験を受けてきて、高得点を叩きだしてきた。

ingwish man
ランカル(LanCul)っていう英会話カフェが最近話題だけど、英会話カフェって、実際何をするところなの?

益岡 想
英会話カフェは英語の上達よりも話すことに重きを置いた英会話サービスだね。特にランカルは英語を通しての人と人との繋がりをテーマにしているカフェです。

ingwish man
日本人も含めて一緒くたに話すなんて、マンツーマンが基本のオンライン英会話とはまたちょっと違うね。

益岡 想
それがこのサービスの面白いところでもあるんだよね。今回はランカルの口コミから、料金やサービスの特徴をまとめました。

LanCul(ランカル)について

英会話 ランカル

【画像出典:https://ameblo.jp/suenbanno/】

LanCul(ランカル)は下北沢、新宿、自由が丘など都内各地に英会話スペースを構える英会話カフェです。

コンセプトとしては、英語をかっちり教わるのではなく、ドリンクを片手に英会話を楽しんだり、リラックスしながら海外の人と交流するなど、交流を主軸にしたサービスとなっています。

通い放題プランが豊富

英会話 ランカル

【画像出典:https://lancul.com/connect】

英会話カフェとしてのランカルの特徴の1つは「定額通い放題プラン」。

毎日通うほど1回あたりの費用を安くすることができ、また毎日通うことによって英会話コミュニティとの絆を強めることができます。

レッスン時間が固定されている英会話教室と違い、時間に制限がないのも強みです。

リラックスできるカフェ空間

英会話 ランカル

【画像出典:https://lancul.com/connect】

カフェは都内の洗練された場所にスペースが構えられており、ノンアルコールだけではなく、お酒も。

カフェは音楽や雑誌など普通にリラックスできる空間として設計されており、気負うことなく会話を楽しむことができます。

ちょうど海外にいるような体験ができるので、気分を盛り上げて英会話に参加できるのが魅力です。

使いやすい公式アプリ

ランカルに登録している会員はランカルのアプリを利用することができます。

アプリでは店舗の混雑状況やメイトと呼ばれる講師の出勤情報などを知ることができます。

また、メイトの名前や写真、趣味、日本語のレベルなども知ることもできます。

このアプリを利用することによって、お気に入りのメイトが出勤していなかった、なんてことを防げるでしょう。

LanCul(ランカル)のメリットとデメリット

 

モチベが上がる環境を手に入れる

ランカルを使う大きなメリットの1つは、英会話のモチベが上がる空間を手に入れることができる点。

予約せずにふらっと立ち寄れる、いつでも英語で会話できるお洒落な場所を手に入れることで、常に英語を使う機会に恵まれる、というのが魅力です。

レッスンという堅苦しい形でもないので、休憩時間などにカフェ休憩する感じでいつでも利用できるなど、英会話教室とは違う活用ができて、英語を生活にできる感覚が面白いですよね。

 

初心者はあまりいない

ただ、初心者の利用者は基本的に少なく、すでにある程度英語のアウトプットができる人向けなのかな、という感じはします。

まったく英語が話せないという状況で、英会話教室のような感覚で使用することはできないと考えて良いでしょう。

逆に、英語学習を別にやっていて、純粋に英会話を楽しみたい、英語を通して世界を広げたいという人には英会話教室などよりも楽しく感じる空間になっていると思います。

LanCulの口コミ・評判は?

おしゃれなカフェバー

お洒落なカフェの一角を使っていてモチベが上がります。内装は店舗ごとに異なりますけど、綺麗でお洒落なところは多いです!

お洒落なカフェで英会話

自由が丘などを中心にいくつかいってます。お洒落なカフェを一部借りてレッスンしていて、お茶以外にもアルコールも! 講師は誰でも参加できそうな話題を振ってくれます。

ホームページ上で人数が見られる

混んでるのが不安でしたが、ホームページ上で参加人数が見られるので、混みすぎてて無駄足、というのを回避できます。体感ですが、講師1人に生徒3人くらいがちょうどいいかな?その人数はホームページで快適と表示されて、人数が増えるごとに普通、混雑となっていきます。いつでも状況が確認ができるので割とどこでも均等にメンバーがいってるんじゃないでしょうか。

話せない人にはちょっと大変かも

参加してる人は(私から見ると)みんなペラペラと英語で話していて、全然話せない自分のような人は英会話スクールから始めた方がいいかもと思った。

初心者はいない・・・

初心者用の時間などもありますが、参加している人は最低限の英会話を身につけていて、超初心者というのはいませんね。全く英語を話せないなら英語教室に行った方が吉。ちょっと喋れるかも、という人は全然問題ないと思います。とにかくアウトプットしたい人向け。

学習のために払うお金としては高すぎる月会費

素人のヘンテコな英語でも通じて、良くも悪くも間違いを直してくれることもないので、英語を勉強したい初心者には良くないかも。逆に、ある程度英語が話せる上級者はアウトプットの場としていいと思います。個人的には、お洒落な場所で英会話するというモチベ以外はオンライン英会話の方が上だと思いました。リアルでの会話経験を積みたい人にはおすすめです。

英語を話せる空間

駅から近い教室が多いですね。小さくて心地よいスペース。英語を学ぶ、というより英語を話せる空間を手に入れる、という意味でいいです。

コーヒーを飲みに行く感覚で30分

予約しないでふらっと立ち寄れるので、コーヒーを飲みに行くような気分で30分くらいいるなど、ちょっとした隙間時間とか、空き時間に使いました。通勤場所の近くでアクセスしやすいならおすすめ。

LanCul(ランカル)の料金

ランカルの料金プランは主に使い放題プランと回数プランの2つ、さらにそれとは別にマンツーマンレッスンがあります。

通い放題プラン(CONNECT)

通い放題プランは時間帯・曜日が「いつでも」使える「いつでもプラン」と、平日昼限定、夕方限定、土日祝限定のプランがあります。

プラン時間帯料金
いつでもいつでも19,980円
平日午後プランOPEN-6PM9,980円
平日夕方プラン6PM-CLOSE12,980円
土日祝プランOPEN-CLOSE9,980円
平日午後+夕方
/土日祝プラン
平日午後+
夕方/土日祝
15,980円

ちなみに通常の英会話カフェの相場は1時間で1000円程度。

1回1時間程度の時間と考えたとき、ランカルの「いつでもプラン」は週5日以上行くと同じくらい、それ以上の頻度ならどんどんお得になっていきます。

ベーシックプラン

プラン月回数料金
スタンダード4回10,980円
ベーシック2回6,980円

使い放題プランとは別の回数制限ありのスタンダードプラン、ベーシックプランの2つ。

いずれも時間帯は自由となっています。

マンツーマン(MY CONNECT)

英会話 ランカル

「My Connect」は通常プランではグループに1人配置されていた講師とマンツーマンで英会話できるコース。

マンツーマン英会話を通い放題で利用できるため、制限なく思うがままに英会話できるのが最大の魅力。

CONNECT月会員一般会員
19,980円/月35,980円

こちらのマンツーマンプランは月額9,980円で3ヶ月のトライアルあり(既存のプランに加入している必要あり)。

LanCulの効果は?

英会話 ランカル

ランカルは、語学スクールよりも気軽に英会話を楽しみたい、身につけた英語を忘れない様に使いたい、という「英会話したい人」に向けた英会話カフェサービスです。

したがって、使用目的としてそもそも英会話教室と異なり、あくまで「英語を使える環境の獲得」にフォーカスしている点が特徴となっています。

利害関係なしで会話できる場

英会話 ランカル

ランカルでは、参加者が他の国の人の考えや文化の多様性に触れ、利害関係なしで会話できる場所が提供されます。

参加者の間に上下関係もなく、日本人同士でも英会話することによって、フラットな会話が楽しめます。

会話によって異文化に触れ、多様性を実感すること、人とのつながりができることは生活に彩を与えます。

会話を楽しむことによって、日常生活に活力がもたらされると言うのがランカルの最大の魅力の1つだと思います。

英会話仲間を作る

英会話 ランカル

単に英語を話すだけならオンライン英会話でも事足ります。

しかし、オンライン英会話に良くあるのは「モチベーションの低下による退会」です。

それは「人と人との繋がりが弱い」というオンライン英会話が持つ弱点があるからです。

一方でランカルではコミュニティへの参加という形になりますので、人との繋がりの濃さはオンライン英会話と比になりません。

「今日はこの人が来てる!」ということがモチベーションになるため、マンツーマンであるオンライン英会話よりも継続できるのが魅力です。

LanCul(ランカル)の無料体験

英会話 ランカル

無料体験では、実際にカフェに行き、ランカルのカフェ英会話を体験することができます。

無料レッスンの流れ
  1. 公式サイトのバナーから無料体験をクリック
  2. 体験の希望カフェを選択
  3. 体験希望日時を入力
  4. 体験を予約
  5. 確認メールの日程で体験カウンセリング

LanCul(ランカル)一部店舗情報(アクセス・口コミ)

ランカルには都内を中心に20ほどのスペースがあります。

以下では、都内の代表的なエリアについて、立地と口コミを掲載します。

下記以外のカフェについては公式サイトにてご確認ください。

下北沢

下北沢店は駅から徒歩1分の場所に立地。

小田急線下北沢駅北口徒歩1分
京王井の頭線下北沢駅北口・西口徒歩1分

東京都世田谷区北沢2-26-25 アーロム下北沢B1F

引用:ランカル店舗情報

便利な場所にある

下北沢店は便利な場所にあります。カフェはお洒落でお茶だけじゃなくてアルコールも。講師は誰でも参加できそうな話題を提供してくれます。

予約制限がない

駅から近くて便利な場所にあると思います。

自由が丘

東急東横線自由が丘駅 正面口徒歩4分
東急大井町線自由が丘駅 正面口徒歩4分

東京都目黒区自由が丘2-9-15 ユレカビルB1F BLUE BOOKS cafe 店内

引用:ランカル店舗情報

スタッフ対応

訪れた際は誠実に対応していただけました。質問にも親身に答えてくれたため、システムなんかもよくわかりました。

新宿

JR 新宿駅 新南口/東南口 徒歩2分
小田急線 新宿駅 南口 徒歩3分
京王線 新宿駅 中央西口 徒歩6分

東京都新宿区新宿4-1-7 ジャーナルスタンダード 3F J.S. BURGERS CAFE 店内

引用:ランカル店舗情報

スタッフ対応

同席するメイトが優しく、言葉に詰まったり、うまく伝えられないときには優しくフォローしてくれました。

御茶ノ水

JR中央線・総武線 御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口 徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅 徒歩3分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 徒歩6分

東京都千代田区神田駿河台2-1 お茶の水クリスチャンセンター2F Delifrance 店内

引用:ランカル店舗情報

スタッフ対応

駅から近かったため便利でした。カフェは心地よく、英語を勉強しよう!というよりも空間を大切にできる場所でした。

上野

JR上野駅入谷口を出て右手のサンクス・ファミリーマート、そこにある信号を左に曲がります。40mほど進むと首都高速の高架下になりますが、そのまま直進します。さらに40mほど進むと左手に飲食店「寄せ家」と「中国料理山久」があり、そこを左に曲がります。そこから30mほど進んだ右手に「ROUTE BOOKS」があります。

引用:ランカル店舗情報

品川

品川駅改札を出て港南口(東口)へ向かいます。港南口(東口)を右へ曲がり300m程進むと右手にCafe de Crieが見えますので、その手前のエスカレーターを下ります。その地下1階です。

引用:ランカル店舗情報

上記以外の店舗については公式サイトからお探しください!
英会話を日常にする
ランカルについて詳しく見る

LanCul(ランカル)に向いている人

オンライン英会話や英会話教室と異なるコンセプトの英会話カフェは、「言葉を使う楽しさ」に立ち返ったサービスです。

特にランカルは使い放題プランが豊富なので、時間制限を気にせず英会話ができるのが魅力。

日本では英会話というと「勉強」という風に捉えられがちですが、英会話には本来、音楽やスポーツのように日常を豊かにする力があると思います。

そして、英会話やオンライン英会話がどうしても「習い事」になってしまうのに対して、ランカルの魅力は英語を「生活」にすることができる点だと思います。

英語を使っていきたい人はもちろん、日常に退屈を感じていたり、閉塞感を感じている、という人はぜひ思い切ってランカルで新しい世界を広げてみてはいかがでしょうか。

まずはぜひ、下記のボタンから無料体験をお試しください。

英会話を日常にする
ランカルについて詳しく見る

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事