【レベル別】TOEICリーディングの勉強法で対策するべきポイント

記事監修者紹介

益岡 想

應義塾大学経済学部卒のアメリカ在住12年間の帰国子女。

英語検定一級TOEIC990点TOEFLiBT 110点超えTOEICは990点を一度だけでなく、3回連続で出している数々の日本の英語検定系の試験を受けてきて、高得点を叩きだしてきた。


この記事では、TOEICのリーディングセクションでどのような勉強法が効果的なのかを、目標レベル別に解説しまいます。

TOEIC初心者の方から、リーディングで300は取りたいという中堅層の方、そして400点を目指す方まで、幅広く対策を網羅しています。

また、記事冒頭ではリーディングセクション全般として意識すべきことについても詳述していますので、是非参考にしてください。

TOEICフルスコア獲得者が、徹底的に世の中のTOEIC参考書をリサーチし、その内容を紹介しています。

益岡 想
厳選したおすすめ参考書については下記の記事をご一読ください!

TOEICリーディングセクションの構成

TOEICのリーディングセクションは、パート5以降の部分を指し、3つのパートがあります。

パート5は、いわゆる「短文穴埋め」と呼ばれる形式です。

「短文穴埋め」は、大学受験などでもよくある、英文中の空欄に当てはまる単語を選択肢から選ぶもののことを指します。

対して、パート6は「長文穴埋め」と呼ばれる形式です。

「長文穴埋め」では、中・長文が与えられ、空欄に当てはまる語句や文を選ぶこととなります。

最後のパート7は「長文読解」です。

「長文問題」は、各大問ごとに1〜3つの長文を読み、それらの文章に対して2〜5つの設問を解く、という形式となっています。

パート5「短文穴埋め」はパッと答えを

「短文穴埋め」はリーディングの3つのパートで最も素早く解くことができるパートです。

というのも、文法的な正しさや単語の意味を問われる問題がほとんどなので、知識ですぐに解けるからです。

後半の長文に時間がかかるということを考えると、パート5の「短文穴埋め」はパッと見て答えを出せるようにすることが重要といえます。

パート6「長文穴埋め」は優先順位を意識

「長文穴埋め」は、長文の中の空欄箇所を補充するタイプの設問形式ですが、解き方にコツがあります。

もちろん、「長文穴埋め」は単なる穴埋め問題なので、文章全体を読み通せば容易に回答することができます。

ですが、それでは時間がかかってしまい、パート7の「長文読解」で時間が足りなくなってしまうことも……。

そのような事態を避けるために、パート6では読む部分の優先順位を考えて、効率的に解いていきましょう。

まず、穴埋め箇所付近に回答の根拠があることも多いので、最初は空欄の前後を見て、それで答えが選べるものは選んでしまいましょう。

それでも解けない場合だけ文章全体を読むという方針を採れば、回答効率が上がります。

パート7「長文読解」は“解き慣れ力”が鍵

パート7は「長文読解」で、一番対策に時間がかかると言われているパートです。

まず、長文を読んで設問を読むという形式であることから、長文の読み慣れが大きなアドバンテージになることは言うまでもありません。

TOEICのリーディングセクションは時間の制約が厳しく、とにかく効率的に解くことが求められます。

英語の文章を英語のまま把握できるレベルでの「慣れ」が、ここでは必要となります。

TOEIC初心者が取り組むべき勉強法

TOEICを初めて受ける、あるいはTOEICスコアがふるわないという初心者の方は、どのようにリーディングを対策すればよいのでしょうか。

問題を解く上での常識を知っておく

TOEIC初心者の方は、まず問題を解く上で大前提となる知識を知っておくことが大切です。

例えば、各パートが下記のような構成になっていることは最低限把握しておくべきです。

  • パート5 「短文穴埋め」が30問
  • パート6 「長文穴埋め」が16問(4長文×各4設問)
  • パート7 「長文読解」は、1つの文章を読む問題が計29設問、複数の文章を読む問題が計25設問

その上で、各設問にかけられる時間や目指すべき正答数を概算していくことが大切です。

公式問題集を用いて一度通しで解く

上述の内容にも通じるのですが、時間配分や各パートの設問がどのような感じかを知るためには、一度通して解いてみることが大切です。

そのためには、「TOEICテスト 公式問題集」が一番確実です。

「TOEICテスト 公式問題集」は、TOEICを運営している機関が発行している問題集で、本番と同じ形式のテスト問題が収録されています。

TOEICの問題を作っている機関が出している本番形式の模擬問題なので、問題の質は本番と同様です。

是非、一度公式問題集で時間を測りながら通して問題を解き、自分の現在地や目指すべき時間配分を見極めてください。

短期間で対策しやすい英文法を完璧に

TOEICのリーディングセクションの中でも、パート5の「短文穴埋め」は比較的短期間で対策がしやすいパートです。

パート5で出題される設問は、主に下記に分類されます。

  • 文法的に正しいものを選ぶ問題
  • 意味が通るような語句を選ぶ問題

そのうち、後者は単語力がある程度必要となってくるため、語彙を増やしていく必要がありますが、前者の文法系は短期的に対策可能です。

文法系の問題は、その空欄に補充できる品詞を選んだり、動詞の正しい時制や活用を選んだりといった設問が主。

そのため、高校までの英文法をある程度把握してさえしまえば、文法の知識だけで解けてしまう問題も少なくありません。

高校レベルの英文法は、確保できる時間によっては一週間かからず網羅できてしまう程度の分量なので、真っ先に対策してしまいましょう。

英単語学習はすきま時間を有効活用

英単語の対策は、ある程度はやはり必要となってきますが、突き詰めるとキリがありません。

また、語彙は一朝一夕で身につけられるものではありませんので、とにかく継続力が大切になってきます。

ですので、単語帳を用いた単語学習は無理がないペースで取り組んでいくことが大切です。

いきなり分厚い単語帳で1日に数百単語覚えようとするよりも、薄い単語帳を通勤時間に読む、ぐらいの方が長続きしてよいかもしれません。

TOEICのリーディングで300点越えを目指すなら

TOEICのスコア全体で700点前後を目指す場合、リーディングでは300点が目標だと言われています。

TOEICはリスニングとリーディングが半分ずつの配分ですが、目標点が350点ではないのは、一般にリスニングの方が取りやすいからです。

では、リーディングで300点越えを目指すためにはどのような対策をするべきなのでしょうか。

リーディングで半分の正答率でも300点が狙える

まず前提として、満点495点中300点を狙わなくてはいけないからといって、必ずしも6割を目指す必要はありません。

というのも、TOEICは、何割の正答率でどのぐらいのスコアとなるかについて毎回ばらつきがあるテストだからです。

詳細な採点方法は公開されていませんが、難易度や母集団の出来によって点数が左右されると言われています。

場合によっては、5割の正答率でも300点を目指せる回もあるとされています。

文法問題を確実に!

リーディングで300以上のスコアを目指す場合、まず対策しやすいところを完ぺきにしてしまうことが大切です。

パート5の文法問題はまさにその確実に取るべき問題群。

パート5に出題される文法関連の問題は、出題頻度順に下記に分類されます。

  • 文法的に適切な品詞を入れる問題
  • 文章上、適切な活用をしている動詞を選ぶ問題
  • 適切な前置詞・接続詞を選ぶ問題
  • 正しい代名詞を選ぶ問題
  • 呼応表現を補充する問題

ですので、これらの問題に対応したような文法事項の対策を行うことが早道と言えます。

最後まで解ききるための時間配分を

TOEICのリーディングは何より時間勝負

ですので、時間に間に合わせることが大切になってきます。

そのためには、何度も通しで問題セットを解き、時間配分をどうしていけばよいのか自分の中でスタイルを確立することが重要です。

おすすめは、パート5やパート6にできるだけ時間をかけず、パート7で使える時間を増やす、という方向の時間配分調整です。

長文演習の中で単語学習を

働きながらTOEICスコアの向上を目指している方などは、勉強時間を思うように取れないということがネックになりがちです。

ですので、限られた時間を有効活用した勉強が重要となってきます。

そのために是非行ってほしい勉強法の一つとして、単語学習の効率化があります。

具体的には、長文問題を演習しながら、問題を解いた中で類推すらできなかった単語を覚えるようにしてください。

文中で意味を類推して読み飛ばせる単語は、その後も覚えずとも意味が取れることがほとんど。

ならば、長文中で類推すらできないという単語だけ覚えるようにすると、覚えなくてはならない量はグッと減るはずです。

また、この学習法であれば、鬼門となるパート7対策の長文問題演習と単語対策を同時に行えて効率的と言えましょう。

TOEICのリーディングで400点以上を目指す方へ

TOEIC全体のスコアで800点以上を目指す場合、リーディングは400点以上を目指すことが好ましいとされています。

TOEICのリーディングスコア400となると、パート5や6の穴埋め問題はほぼ完答できて当たり前

その上で、回答のスピードを磨くということが重要になってきます。

問題を見て反射的に回答を選べるというスピード感がアドバンテージになります。

センター現代文を受けた方などは、設問と選択肢から文中の関係ありそうな箇所のみを拾って読む解き方に馴染みがあるでしょう。

そのように、選択肢を読んだ後、頭の中で緩急をつけながら長文の重要箇所だけ拾う解き方がやはり一番速いです。

国語の問題のようにパート7を解けるようにするためには、とにかく時間負荷をかけた演習が必要です。

自分に厳しく時間に厳しく、問題を難問も解いていきましょう。

TOEIC対策ならスタディサプリENGLISH

スタディサプリ

ポイント
  • 3分から学習できるコンテンツの短さで隙間時間を有効利用
  • 有名脚本家が手がけるドラマ式レッスンや、200本以上収録の名物講師による授業

スタディサプリイングリッシュはコンテンツが多数収録された「英語アプリ」です。

有名な脚本家が手がけるドラマ式レッスンや有名講師が手がけるレッスンなど豊富な教材が数多くあり、有名講師による授業動画が200本収録されているなどコンテンツの豊富さが魅力です。

ベーシックプラン(基本プラン)

本番に近い問題形式の問題集が毎月200問追加され、TOEICスコアアップの有名講師による解説動画が140本以上も収録されているなど、コンテンツの豊富さは他の追随を許しません。

これだけのコンテンツ量を参考書で買うと非常にお金がかかるところですが、スタディサプリENGLISHなら月額2,980円と格安。

益岡 想
全ての機能が7日間使える無料体験もあり。この7日間だけでも参考書数冊分の価値の勉強ができるので、ぜひお試しください。
パーソナルコーチプラン

パーソナルコーチプランはTOEIC対策のベーシックプランに加えて、オンラインで専属コーチが徹底サポート。

パーソナルコーチがその人に合わせて明確な学習プランを作成し、しかもプランの進捗を日々管理してくれるので、集中して効率よくスコアを伸ばすことができます。

コーチはレベルに合わせた課題やアドバイスをしてくれるので、初心者から上級者までスコアアップを期待できます。

益岡 想
なんとこのパーソナルプランも7日間無料で体験できます!指導してくれる人物の大切さを改めて実感しました笑 ぜひ試してみてください

TOEICの点数を上げるために英会話を活用する

ingwish編集部では、ALUGO英会話を利用して「2ヶ月間でビジネス英会話が身につくのか!?」ということを実際に検証しています!

ナガス
下記の記事をぜひご覧ください!

また、現役人気英語講師が英会話スクール・オンライン英会話を徹底的にリサーチし、

実際の内容や評判・口コミに関して紹介をしています!

益岡 想
TOEICの点数を上げるために英会話を始めるの1つの手段だね!

まとめ

確かにTOEICのリーディングにはすぐに取り組めるコツやテクニックもあります。

ですが、一定以上のスコアを獲得しようとなると、やはり演習量を積んで解き慣れしなくては頭打ちになってしまう部分もあります。

初心者の方はまずは簡単に対策できる部分から入り、より高いスコアを目指す際には腰をすえて取り組んでみましょう。

TOEICフルスコア獲得者が、徹底的に世の中のTOEIC参考書をリサーチし、その内容を紹介しています。

益岡 想
厳選したおすすめ参考書については下記の記事をご一読ください!

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事