【ベトナム 旅行】今大人気の旅先!おすすめのお土産ランキングTOP10

益岡 想
今度のベトナム旅行でどんなお土産を買ったら良いか迷っているんだけど…

ingwish man
ベトナムにはもらって嬉しいいろいろな種類のお土産があるんだよ。

益岡 想
そうなんだね!もっと詳しく教えて~!

ingwish man
では、今回はベトナム旅行で買って帰りたいお土産10選を紹介していくよ。

ベトナムでおすすめのお土産ランキング

ベトナムには服飾品から食料品まで「ベトナムらしさ」満点の幅広いジャンルのお土産があり、迷ってしまいますよね。

せっかくなら渡して喜ばれるものを買いたいですよね。

今回はその中でも特に人気でおすすめなアイテムを10個ご紹介します。

ランタン

まずは定番のお土産、ランタンからご紹介いたします。

ホイアンのナイトマーケットではたくさんの出店がランタンを売っており、その姿はどれも美しく目移りしてしまうほどです。

実際に明かりを灯しているところを見て購入できますし、中には小さめサイズのもの、折り畳みでき持ち帰りやすいものもあるのが嬉しいポイントです。

ベトナムならではのエキゾチックな雰囲気のインテリアとして特に女性の方に喜ばれるでしょう。

また、ランタンを手作りできる体験ワークショップも数多く開催されているのでぜひチャレンジしてみてください。

益岡 想
うわ~。とても綺麗だね。
折り畳みできるなんて便利だな。

インスタントフォー

ベトナムと言えば最初にフォーが思い浮かぶ方は多いのではないでしょうか。定番グルメなのでお土産にはもってこいですよね。

実際、スーパーに行くと、かなりの種類のインスタントフォーがあります。

簡単に現地の味が再現できるのでアジアンテイストがお好みの方には喜ばれるでしょう。

かなり手頃なお値段で購入することができるので、複数購入して食べ比べしてみるのもおすすめです。

インスタントコーヒー

世界有数のコーヒー豆生産国であるベトナムではインスタントコーヒーをばら撒き用土産にするのもおすすめ。

インスタントとは言え飲みごたえのある味でコーヒー好きの人へのお土産にも最適です。

ベトナムでは元から砂糖とミルクが加えられているタイプの「3in1」という表記のあるコーヒーが主流。

甘いものが苦手な方はブラックコーヒーを選んで購入すると良いでしょう。

ingwish man
インスタント食品はかさばらないし価格も手ごろなのでお土産に断然おすすめだよ。

サンダル

ベトナムのマーケットでは高くても1000円以下という破格でカラフルでおしゃれなサンダルを購入することができます。

ベトナムでは靴のサイズはヨーロッパ表記になっているので注意しましょう。

また、いくら安くても粗悪品を購入してしまうことは避けたいですよね。購入を決める前に試着や手で触ってみて作りがしっかりしているか確かめるようにしましょう。

安値なことを生かし普段は履かないような派手なもの、ちょっと近所に行く時に使うための日用的なもの、など複数購入することもできるのも嬉しいですよね。

ココナッツキャンディー

生キャラメルのような食感のキャンディーです。
中には材料が100%ココナッツでできているキャンディーもあり、見かけたら試してみても良いでしょう。

地元のスーパーでも購入でき安価ですし、様々なフレーバーがあり中にはドリアン味など変わったものもあるのでお土産に買っていくと面白いかもしれません。

ココナッツキャンディー生産の工場見学ができるツアーもあり、作り立てのキャンディーを試食することが可能です。

益岡 想
作っているところを見られるんだね!できたてはきっと市販のものよりおいしいんだろうな。

チョコレート

カカオが生産されているベトナムでは、質の高い高級なチョコレートを楽しむことができます。

有名ブランド「MAROU」の板チョコは1枚約300円と少しお高めですが、お値段通りの贅沢な味わいで人気です。

MAROUはホーチミンとハノイにショップがあり、カフェが併設されておりこのチョコレートを使用したスイーツを楽しむことができます。

ショップまで行かなくても、板チョコレートならスーパーやお土産屋さんなどでも気軽に購入することができます。

バッチャン焼

バッチャン村はハノイから少し離れたソンホン川沿いにあり、多くの住人が陶器づくりを生業としており文字通り陶器の村になっています。

かわいらしい柄と形で人気のバッチャン焼きですが、バッチャン村では工場の見学や直接購入もできるので陶器や焼き物が好きな方にはぜひ訪れていただきたいスポットです。

村に行く時間がなくてもハノイのハンザ市場またはホーチミンのトロピックでの購入も可能です。

バッチャン焼きの誕生は10世紀までさかのぼり、かつて日本へも輸入されていた歴史を持ちます。

長年作り続けられてきたその美しい陶器をぜひお土産に持って帰っていただきたいです。

ベトナム版カラムーチョ

ingwish man
少し変わったものをお土産として持って帰りたい人にはこんなものもおすすめだよ。

日本でも大人気のスナック菓子、カラムーチョはなんと世界各地でオリジナルフレーバーが販売されており、ベトナムでも販売されています。

日本の商品に比べ現地の味の雰囲気に合わせてより辛く作られているので辛い物が好きな方におすすめです。

パッケージもかわいらしくお土産にもってこいでしょう。

どこにでも売っているわけではなく、少しレアなベトナム土産になること間違いなしです。

ハノイのイオン系列スーパーにて購入が可能という情報があるので気になる方は探しに行ってみてください。

バインミーラスク

黄色地の、どこか懐かしい雰囲気のパッケージでお土産映えするお菓子、バインミーラスクはホーチミンの新定番

バインミーとはベトナムの定番グルメの1つで、フランスパンで作られるサンドイッチです。

その味をラスクに再現したのがこちらの商品で、1箱で6種類の味のラスクを楽しむことができます。

6枚入りで約400円18枚入りで約1000円と、お土産として渡すのにちょうど良いこともポイントです。

ジャコウ猫コーヒー

ジャコウ猫コーヒーは正式にはコピ・ルアクと呼ばれ、コーヒー豆を食べたジャコウ猫の糞からとれた高級コーヒー豆もベトナム土産として人気です。

コピ・ルアクはその生産過程から希少価値が非常に高く世界でも高値で取引される品種です。

残念ながら都市部では偽物も多く出回っているため、生産地であるダラットの農園まで赴くか、大手コーヒーチェーン店などで購入することをおすすめします。

日本国内では本物・純度の高いものはなかなか手に入れにくいのでこの機会にぜひ本物の味を持ち帰ることをおすすめします。

益岡 想
たしかに、僕の知り合いにコーヒーが大好きな人がいてお土産に頼まれたよ。
自分用にも買おうかな。

まとめ

ベトナム土産におすすめな装飾品からグルメ品までのグッズ10つをご紹介いたしました。

ベトナムでは特にナイトマーケットなどでベトナムでしか買えない・エキゾチックな物が数多く売られているので、ご自身でたくさん見て回るのも1つの楽しみになるでしょう。

旅行の思い出と一緒に持ち帰るものですから、本記事を参考に素敵なお土産を買って帰ってくださいね。

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事