語学留学はどこがおすすめ?英語留学ができる国をおすすめ順に掲載

記事監修者紹介

益岡 想

應義塾大学経済学部卒のアメリカ在住12年間の帰国子女。

英語検定一級TOEIC990点TOEFLiBT 110点超えTOEICは990点を一度だけでなく、3回連続で出している数々の日本の英語検定系の試験を受けてきて、高得点を叩きだしてきた。

益岡 想
ねぇIngwish man、英語留学のおすすめ国ってある?

Ingwish man
たくさんあるよ。この記事にリストアップしたよ!

【留学の頼れるパートナー!】UCSゴールドカード

海外旅行や留学ではクレジットカードの利用がとても便利ですが、中でもingwish編集部がおすすめしたいのが「UCSゴールドカード」です。

旅行好きには外せない国内・海外損害保険が国内のカードの中でもトップレベルで手厚く、補償額も多め。更に、国内主要空港で空港ラウンジサービスを受けることができます。

通常、ラウンジサービスは平均して3,000円入室にお金がかかるところ、年会費3,300円なので1回利用するだけでほぼ元が取れるのも魅力。

英語留学のおすすめ国は?

女性たち

21世紀は国際化の時代を迎え、外国語を学んでワールドワイドなビジネスや友好関係に関わりたいという人が増えてきています。

国際的な視野を持つ上で重要になってくる事が英語の語学力でしょう。

ビジネスやプライベートを視野に英語をに興味を持つ人も多くなってきています。

英語を習得しようとする上で有意義な方法に語学留学が挙げられます。

しかし英語留学をするにはどこの国がおすすめなのでしょうか。

この記事では英語留学でおすすめの国を取り上げ、それぞれの魅力を解説します。

益岡 想
英語留学と言えば普通アメリカじゃないの?

Ingwish man
いや、今はいろんな選択肢があるんだよ!

フィリピン

語学 留学 おすすめ

英語留学でおすすめの国として、まずフィリピンを挙げましょう。

フィリピンは英語留学先としては比較的新しい候補と言えるかもしれません。

フィリピンは英語が公用語として使われている国。

加えてフィリピンが英語留学先として注目されている理由はコストパフォーマンスでしょう。

欧米と比べると遥かに安く英語留学を実現する事が可能です。

フィリピンには平日は基本的に外出が許されないスパルタ式の語学学校があります。

また外出は許されても基本的には厳しいセミスパルタ式の語学学校も。

また自由な校風の学校を選んで自己管理重視で勉強できる学校もあります。

自分のスタンスに応じて学校を選べるのもフィリピン語学留学の魅力と言えるでしょう。

益岡 想
そうだ!フィリピン人も英語を話すよね。

Ingwish man
一番近い留学国の一つだね。

カナダ

語学 留学 おすすめ

フランス語と共に英語が広い範囲で公用語として使われるカナダも、英語留学では人気の目的地。

トロントバンクーバーといった都市は特に英語留学の滞在先として人気で、生活の中に英語が溢れている地域です。

仲間との会話や街でのやり取りも全て英語で行う環境は、嫌が応にも英語を学ぼうという意識を高めるでしょう。

またカナダの英語は発音が綺麗だと評判です。

聞き取りやすい英語で学習する事によって癖のない発音が身に付きやすいと言えるでしょう。

加えてカナダは自然が豊か治安も良い国。

学習に対するモチベーションも上がる環境と言えるかもしれません。

益岡 想
カナダに行けるだけでも盛り上がるね。

Ingwish man
そこで英語まで習得できたら最高じゃないかな?

ハワイ

語学 留学 おすすめ

英語留学の地としてはハワイも人気です。

ハワイが留学地として魅力である理由の一つにビザがあります。

ハワイは90日間ビザフリーなので、3ヶ月以内の短期留学であればビザなしにすぐに実行に移せるという利点も。

留学費用の安さも魅力で、1ヶ月の授業料で見ると12万円強からあります。

そのため、シニアのリタイア後の英語取得や、リフレッシュしながらの英語学習にも人気の地となっています。

もちろん学生ビザを取得して長期留学を目指す者も。

気軽な短期留学にも、本格的な長期留学にも人気なのがハワイ留学です。

益岡 想
ハワイは暮らしやすそうだもんね。

Ingwish man
のんびり英語を勉強しようという人が多いね。

アメリカ本土

語学 留学 おすすめ

英語留学と言ってまず思い浮かぶ国はアメリカでしょう。

英語留学の目的地としてはアメリカは当然人気があります。

アメリカ本土の英語教育の層の厚さはさすが本場といった雰囲気。

ニューヨークやロサンゼルス、サンフランシスコといった大都市のみならず、各地方都市でも優れた語学学校が見つけられます。

まず行きたい都市を選んでその中で学校を探すといった方法が一般的と言えるでしょう。

語学のレベルも初級からビジネス英会話まで全てのクラスが揃っています。

ホームステイプログラム職場実地体験などあらゆるスタイルから自分の学習スタイルを選べるのもアメリカ留学の魅力と言えるでしょう。

益岡 想
やっぱり英語を学ぶならまずアメリカだよね。

Ingwish man
あらゆる教育スタイルが充実しているね。

イギリス

語学 留学 おすすめ

英語を公用語とする国は世界に多数ありますが、アメリカとともにまず思い浮かぶのがイギリスでしょう。

イギリスは英語の語学学校が世界一多い国とされています。

400を超える学校において3000近くの英語学習プログラムが組まれています。

様々なニーズに合ったクラスが見つかるでしょう。

超初心者には日本人スタッフがいる学校、現地大学に進学希望であれば現地大学の講義を受講できる学校

短期休暇を利用してビジネス英会話のレベルアップしたい上級者には専門コースも用意されています。

障害者に対する英語教育の充実に力を入れているのもイギリス英語教育の特徴と言えるでしょう。

益岡 想
イギリス英語は発音が解りやすいよね。

Ingwish man
正統派な英語が身に付くよね。

タイ

語学 留学 おすすめ

英語留学の渡航先としては東南アジアも人気のエリアです。

物価の安い国として長期滞在者にも人気のタイ

費用の安さは英語留学においても言えます。

そのため、少ない出費で長期留学を視野に入れる場合に魅力的な留学先となります。

1年間の留学費用約100万円に抑える事も可能です。

英語を学習しながら働いたり、タイや周辺国を観光しながらの英語学習も可能でしょう。

英語学習以外の生活も充実させたいという長期留学者にタイはぴったりの留学先です。

益岡 想
タイは長期滞在者に人気だよね。

Ingwish man
その上で英語も学んじゃおうというスタイルだよね。

ベトナム

語学 留学 おすすめ

ベトナムも英語学習の留学先として今注目を集め始めています。

ベトナムにはフィリピン人やアメリカ人のネイティブ英語教師が集まっています。

ベトナムにいながらネイティブな環境で英語を学習する事が可能です。

加えてベトナムは日本から比較的近い上に暮らしやすい物価

治安も良い上に食文化も日本人に合っています

ベトナムは、ネイティブの英語教育を住みやすい環境で受けられる国と考えて良いでしょう。

益岡 想
英語留学で東南アジアって人気なんだねぇ。

Ingwish man
生活しやすい環境で腰を据えて学べるんだよ。

シンガポール

語学 留学 おすすめ

東南アジアの国としてはシンガポールも英語留学の目的地として注目されています。

シンガポールは近年、教育の先進国として頭角を現してきている国。

シンガポール国立大学や南洋理工大学はアジアの大学ランキングでトップ10内に君臨し、東京大学よりも高い評価となっています。

世界的に注目される教育国シンガポールには世界中から学生や講師が集まり国際的な環境で英語を学ぶ事が可能です。

またシンガポールは経済的な発展も目覚ましく、将来はシンガポールの現地企業への就職の道にも繋がります。

物価は高いシンガポールですが、将来を見据え野望を抱えた留学生が集まる国です。

益岡 想
東南アジアでもシンガポールは物価が高いよね。

Ingwish man
将来を見据えた本格派向きの留学先だね。

マレーシア

語学 留学 おすすめ

東南アジアの留学先として最後にマレーシアを挙げましょう。

マレーシアも英語留学の渡航先として最近注目されている国です。

マレーシアもタイやベトナムと同様に物価が安く治安が良い国。

加えてマレーシアはかつて英国の植民地だった事もあり、英語を話す人が多くいます

街で使われるマレーシア英語は訛りがありますが、アメリカやイギリスで生活するのでなければ訛りのある英語に接するのもむしろ有意義と言えるかもしれません。

もちろん学校ではネイティブの教師に付いて訛りのない英語も学ぶ事ができます。

益岡 想
訛った英語で大丈夫なの?

Ingwish man
国際化の時代、今はそういう多様性に慣れる事も重要なんだ。

まとめ

本

この記事では英語留学のおすすめ国を紹介してきました。

英語留学といえばまずはアメリカやイギリスが思い浮かびますが、安い費用で英語留学ができる東南アジアも選択肢として出てきています。

自分の目標留学費用、そして現地の暮らしやすさなどを加味して留学先を決定すると良いでしょう。

益岡 想
基本、安い費用なら東南アジアなんだね。

Ingwish man
そして更に費用があれば英米といった感じかな?

留学は、留学する地域の治安を始め、準備しなければいけないもの、必需品、語学学校の事情など様々な情報が必要となります。

もちろん時には勢いは大切ですが、転ばぬ先の杖と言いますし、できれば日本にいるうちから情報を集めておくのが大切です。

以下では、留学経験者が多数在籍するingwishスタッフが選ぶ留情報サイトをまとめました。
School With(スクールウィズ)

世界23カ国の留学に対応し、4000校以上の語学学校の情報を掲載、紹介しています。

情報サイトでありながらエージェントでもあるため、留学の申し込みをそのまま行うことができるのが強み。

 

留学デビュー
留学デビューは女子を対象とした留学情報サービス。
留学で必要なことを一から初心者に解説してくれるので、留学のことがまだよくわからない、という女性の方に特におすすめのサービスです。
Global Dive(グローバルダイブ)

Global Dive(グローバルダイブ)は設立15年以上を誇る老舗の留学・ワーキングホリデーエージェント。

料金の安さが最大の特徴で、フィリピン留学なら1ヶ月107,000円からのプランを紹介しています。

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事