アルク「ボキャビルマラソン」口コミと評判は? 特徴と強みを解説 得られる効果をサクッと解説!
記事監修者紹介

益岡 想

應義塾大学経済学部卒のアメリカ在住12年間の帰国子女。

英語検定一級TOEIC990点TOEFLiBT 110点超えTOEICは990点を一度だけでなく、3回連続で出している数々の日本の英語検定系の試験を受けてきて、高得点を叩きだしてきた。

ingwish man
アルクのボキャビルマラソン、実際評判ってどうなんだろう?

益岡 想
ボキャビルマラソンは「英文ニュースがさくっと読めるようになる」3120語の語彙力がつく講座ですね。英語ニュースが辞書なしで理解できると一部で話題になってます!

ingwish man
明確にできることがわかるのは良いね! でも標準学習期間が6ヶ月って、めちゃくちゃ長い!

益岡 想
まあ大ボリュームですからね!読めるだけでじゃなくてリスニング力の強化もありますし、カリキュラムはビジネス、経済、政治から日常生活、文化まであらゆる分野にわたります。

ボキャビルマラソンについて

ボキャビルマラソン

ジャンル通信講座
学習分野英単語・語彙
レベル英語中級以上
学習時間1日40分×週5日
学習期間6ヶ月
価格49,280円

「ボキャビルマラソン」はキクタンシリーズで有名なアルクによる、テキストとCDで構成された6ヶ月の育成コース。

英字新聞の95%をカバーする頻出後を収録した3120語のCD付き教材を繰り返し学習し定着させることで、TOEIC860点レベルの強力な語彙力を身に着けます。

カリキュラムはビジネス英語から始まり、経済、政治、文化などあらゆる内容をカバー。

定着確認のため、6回のマンスリーテストと最終確認テストがあり、修了した際には修了証が発行されるなど最後まで続けられる構成となっている通信講座となっています。

 

英字新聞を読むことができるようになったり、ビジネスの現場で使用するような難解な単語の習得が可能です。

特に『ビジネスの現場で英語を使えるようになりたい』という方にはおすすめの教材となっています。

ボキャビルマラソンは基本的に、『1日40分、週5日』の勉強を『6ヶ月間』進めるという形式となっています。

ボキャビルマラソンの特徴

さてここまでボキャビルマラソンの実際の教材を見てきましたが、ボキャビルマラソンの特徴はどのようなものなのでしょうか?

ボキャビルマラソンの特徴は下記になります。

特徴
  • スーパースパイラル学習法
  • 3,120語もの語彙をカバー
  • 3つの学習モード

スーパースパイラル学習法

語彙の学習は語彙に触れるごとに定着力が向上しますが、一方で繰り返しになると機械的になってしまい短調となってしまう問題があります。

ボキャビルマラソンでは、語彙の学習がワンパターンにならないように様々なパターンを用意し、常に新鮮な形でごいを繰り返し学習できるように工夫。

ひとつの単語は最大7回別のパターンで出会うことになるため、常に新鮮な気持ちで自然に語彙を学習・定着できるのが特徴です。

3,120語もの語彙をカバー

ボキャビルマラソンでは6ヶ月間にわたり、3,120語もの語彙を学ぶことが可能です。

これらの語彙はアルクが総力を挙げて制作した「標準語彙水準12000(SVL)」のレベル6~12から厳選されたものとなっています。

そして3,120語を、先ほど紹介したPower Chant 1920語(名詞中心)とDaily Words 1200語(動詞、形容詞、副詞、イディオム中心)に分類し、効率的な学習を実現しています。

3つの学習モード

ボキャビルマラソン

CDには、テキストのユニット学習部分の英語に対応する日本語訳も収録。

聞くだけでさっと学習する聞くだけモード、バランス良く学習するモード、しっかり学習するモードと3つの学習モードに対応しています。

単純な語彙な学習だけではなく、シャドーイングの練習もできるなど、幅広い学習が可能な点が強みです。

ボキャビルマラソン公式サイト: https://ec.alc.co.jp/course/v2/

ボキャビルマラソンの教材は?

ボキャビルマラソンにはテキスト6冊に加えてCD16枚、別冊の冊子6冊、さらに完全語彙集1冊が付属。

実力チェックとして、CD付きのプライマリーテストと6回のマンスリーテスト、ファイナルテストが付属します。

Vol.1~6まである中で扱われるテーマは全部で12。1つのボリュームで2つのテーマが含まれます。

テキストは週ごとにセクションが分かれており、さらにその週の中でUnitとして分かれています。

1週間あたり5Unitで構成されており、1週間の間に5日間勉強することを想定しています。

ボキャビルマラソン

 

頻出単語・重要表現

まずはこのセクションでの頻出単語・重要表現を学ぶところから始まります。

 

▼実際の音声

実際の場面を想定した会話文

次に実際のシチュエーションが会話文の教材の移っていきます。

それぞれのテーマのもと会話劇が展開され、重要表現がテキストに折り込まれています。

ボキャビルマラソン

▼実際の音声

 

また重要表現はページ下部に「Usage Notes」という形で補足説明があり、語源や由来などを確認しながら覚えることができるようになっています。

ボキャビルマラソン

次も同様に実際のシチュエーションを想定した教材が用意されています。

▼実際の音声

デイリーワークアウト

ボキャビルマラソン

最後部分には「Daily Workout」という形で重要表現ボキャブラリーのチェックがあります。

進めながら使うだけではなく、しばらく経った後の確認用として後から一気に「Daily Workout」を利用するのもおすすめ。

ボキャビルマラソン公式サイト: https://ec.alc.co.jp/course/v2/

ボキャビルマラソンの口コミ・評判

総合コメント

辞書なしでニュース英語が読める、聞けるは本当です。単語記憶学習は本当に僕は嫌いで、何冊も買ってすぐに本のせいにして投げ出してましたが、本作でその悩みは解消出来ました。

総合コメント

一通り終える頃には、CNNの約50%が理解できる程度に。とにかくCNNをつけっぱなしにしてて、意識しなくても単語をPick upしてしまうんです。
その後もう一度、Vol.1からVol.6までを「お勧め学習ステップ」通りにやり終えた頃には、約70%が理解できるようになりました。また英字新聞でも辞書を引く回数がめっきり少なくなりました。
今現在は3回目にTryしてますが、ディクテーションを取り入れています。

総合コメント

世間ではよく「英語を英語のまま理解できるようにせよ」と言われますし、実際この能力はビジネスを円滑に進める上でも必要不可欠なのですが、そのためには一定レベル以上の語彙力を日本語を通して養っておかなければなりません。Daily Wordsはこのレベルの語彙力を短期間で非常に効率良く身につけることのできる、高度に厳選された単語集であると経験的に判断しております。

総合コメント

Daily Wordsは大学受験以来英語から離れていた方がビジネスで英語が必要になった場合などは、てき面に効果を表すことでしょう。Daily Wordsは総数1200語と一見少な目ですが、これらをマスターするだけでも日常目にするE-mailや一般のビジネス文書であれば抵抗なく理解できるようになります。下手な「ビジネス英語云々」と称した図書よりもはるかに足元のしっかりとした土台を築いてくれます。

単語を覚えるのが楽しくなりました

英字新聞や洋書を読んでいてもわからない単語が多く、語彙力を増強したいと思い、受講を決めました。 コースガイドの学習の進め方にこだわらず、自分で工夫をして学習を進めました。音読やシャドーイングにプラスして、音読しながら例文をノートに書くことです。書くことでスペリングを覚えられ、細かい文の構造まで意識を向けることができて文法の学習にもなりました。

また、インターネットで質問でき、過去の受講生の質問を読めるのがよかったです。わからない構文は、質問して理解できました。 1度学習しただけですべての単語を覚えるのは不可能だと思います。復習の時に定着している単語が予想よりも少なくてがく然としました。「あんなに一生懸命やったのに、あれもこれも忘れてる!私が単語を覚えるのは無理なのだろうか?」と思ったこともありましたが、めげずに繰り返し復習していくと、次第に単語が自分の中に染み込んできて、繰り返し学習することは大事だと思いました。

この講座を受講してからは、海外ドラマを見たり、洋書を読んだりすると、学習した単語が出てくるので単語を覚えるのが楽しくなりました。 将来は英語を使った仕事がしたいです。また、外国人に突然話しかけられても、堂々と受け答えができるようになりたいと思っています。

自分の業務や興味に関する単語を集中的に覚えました

仕事で海外赴任をしていましたが、帰国後は英語をあまり使用しない部署に配属され、英語に触れる機会も減っていました。ある日The Japan Times を見て、「あれ、これどういう意味だっけ?」という単語ばかりで、語彙力の低下を痛感。英語を勉強し直す第一歩として語彙力の強化を図るため、「パワーアップコース」を受講しました。

出張が多く完走できるか不安でしたので、教材のCDを携帯プレーヤーに録音し、移動中や待ち時間も学習しました。また、通勤中に「POWER-UP Plus」で復習し、「WORD BOOK」はお手洗いに置き、少しの時間も有効活用しました。

自分の業務や興味に関する単語を集中的に覚え、まずは完走を目指し、修了後に復習することにしました。教材の内容が堅苦しくなく、楽しみながら勉強を続けられたのが一番良かったと思います。

受講中、毎日のようにニュースで流れていたスピーチが、ある日字幕なしで理解でき驚きました。従来、英単語は何回も書いて覚えましたが、耳で覚えることも重要ですね。Practicemakes perfect.だと思います。現在は、洋書を読んだり、ニュースを聞いたりと、なるべく英語に触れる時間を作っています。

声に出して 練習したことで、 英語での電話応対も スムーズになった と感じます

2年ほど前から仕事で英語を使うようになったので、少しずつ勉強を続けていました。学生時代に挑戦して不合格だった英検準1級を取得できたのですが、語彙力の壁を感じていた中、この講座に出合いました。

申し込む前は自分のレベルに合うか不安でしたが、始めてみたら8割以上が知らない単語!! しっかり覚えればレベルアップができると確信して、張り切って講座をスタートしました。

しかし、ちょうど折り返し地点に達したころに結婚したので忙しくなり、ペースが崩れてしまいました。完璧ではなくても進めようと思い、数日に一度はテキストを開くようにしました。

後半は、かろうじて講座を修了できたという感じですが、覚えた単語を仕事で見つけるとうれしいです。また、会話を声に出して練習したことで、英語での電話応対も前よりスムーズになったと感じます。とはいえ、まだ完全には覚え切れていないので、これからも復習を続けていきます。

今度は「挑戦900点TOIEC(R)テスト攻略プログラム」を受講し始めたので、「ボキャビル(R)マラソン」と合わせて、レベルアップに挑戦していきます。目標は900点と英検1級合格です。またこの場で報告できるように頑張ります。

ボキャビルマラソンの効果は?

語彙力が上がる

ボキャビルマラソンの最大の効果は語彙力の向上です。

外国語の習得には一定期間、ある程度以上の分量の学習が必要と言われています。

アルクでは、日本人が英語独特の発音、リズム感などを体得するには、1年間で1000時間と算出。

ボキャビルマラソンはその理論に基づいて設計されており、完走した時にこうした英語の下地を作成します。

英語の教養が身に付く

英語でのコミュニケーションは挨拶をはじめとした社交だけではなく、教養、ビジネスなど様々な知識が必要です。

ボキャビルマラソンでは、最新の英語を用いた教材や、映画やニュースを題材とした教材を使用し、語彙力以外にも教養や知識を育成。

これにより、教養がグッと身につくため、英語でのコミュニケーションスキルが上達する効果が期待できます。

まとめ

エイゴル

ボキャビルマラソンはきちんと最後まで修了すれば英語ニュースを理解する力がつく学習コースです。

それゆえボリュームも大きく、標準学習期間は6ヶ月となっています。

取り扱われる話題はビジネス、経済、政治、文化など多岐にわたり、終わる頃にはかなりの語彙力がつくはず。

また、ただの英語教材ではなく、講座であるため、マンスリーテストが6回分、ファイナルテスト1回分、合計7回のテストがついているのは大きい強み。

きちんと終わらせると修了証が発行されるので、買って終わりではなく、きちんとやり遂げられるようになっているのが他の教材にない強みだと思います。

確実にニュースを理解する英語力を身に付けたい方はぜひお試しください。

 

ボキャビルマラソン公式サイト: https://ec.alc.co.jp/course/v2/

 

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事