【セブ島No.1リゾートホテル】シャングリ・ラマクタンを徹底解説!

益岡 想
セブ島にはたくさんの高級リゾートホテルがあるけど、一番有名なのはどこなんだろう?

ingwish man
シャングリ・ラマクタンリゾート&スパが一番有名だよ

益岡 想
セブ島のシャングリラって、聞いたことあるな!

ingwish man
フィリピンのトップ高級ホテルとしてトラベラーズチョイス2016年を受賞している有名ホテルなんだよ!

益岡 想
なんだかすごそうだなあ、もっと詳しく教えて!

ingwish man
もちろん!シャングリラについて詳しく説明していくね!

シャングリラのホテル概要

【画像出典:http://www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/photos-videos/?category=photo-gallery】

ではまず、基本データを表から見ていきたいと思います。

ホテル名称 シャングリ・ラ マクタン(SHANGRI-LA'S MACTAN RESORT AND SPA CEB)
住所 PUNTA ENGANO ROAD, LAPU-LAPU, CEBU 6015, PHILIPPIN
TEL(FAX) +63-32-231-0288(+63-32-231-1688)
メール mac@shangri-la.com
交通アクセス マクタン・セブ国際空港から車で約15分
チェックイン・アウト チェックイン14:00/チェックアウト12:00
総部屋数 530室
設備 プール・キッズルーム・スパ・テニス・ビジネスセンター・フィットネスジム・会議室・ベビーシッティング:○
医務室・医者・土産物屋・ブティック・日本語対応PC:×
レンタル変圧器(100V料金):無料
インターネット 客室・ロビー・レストラン・プール:無料
料金 約35,000円~45,000円

マクタン・セブ国際空港から車で約15分というアクセスのしやすさ、一流ホテルとはいえ高すぎない料金、そして充実した設備からも、その人気の理由がうかがえます。

交通手段は、ホテルの空港ピックアップ、もしくは空港のタクシーを利用すると安全に行くことができるでしょう。

しかし、セブ市内からだと混雑状況により最悪2時間かかる距離にあるため、注意が必要です。

混雑していなければ40分から1時間程度で着きますが、余裕を持った行動をおすすめします。

シャングリラの部屋

【画像出典:www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/photos-videos/?category=photo-gallery】

客室はガーデンサイドのメインウィング海側のオーシャンウィングの2棟で構成されており、スーペリアからスイートまで計12カテゴリーに分かれています。

メインウィングはトロピカルな雰囲気の快適な部屋、オーシャンウィングはラグジュアリーな雰囲気で、高級志向の方向けといった印象。

そのためオーシャンウィングはメインウィングに比べ、特典やサービスが充実しています。

2013年に改装され、より高級感のある空間に生まれ変わったお部屋に、ぜひ泊まってみてはいかがでしょうか?

シャングリラの施設・設備

【画像出典:www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/photos-videos/?category=photo-gallery】

発展途上国であるフィリピン・セブ島にあるホテルには、まだまだ欠点が多くあることも事実です。

しかしシャングリラは、先進国の5つ星リゾートホテルにも劣らない唯一のホテルだと言われています。

シャングリラの施設・設備については、以下のリストにまとめてみました。

施設・設備
    • ゴルフパーク
    • ヘルスクラブ
    • テニスセンター
    • エンターテイメントスポット
    • 子供用プール
    • CHIスパ
    • 会議室
    • 託児所
    • クリニック
    • ヘア・ビューティーサロン

まさに何でもあるリゾートホテルですね。

また、日本人スタッフが駐在しており、客室のホテル施設案内やプールサイドのアクティビティメニューなども日本語版があるので安心です。

プールとプライベートビーチ

【画像出典:www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/photos-videos/?category=photo-gallery】

シャングリラの13ヘクタールの庭園内には2つのプールがあります。

メインウィングのプールはアクアプレイやウォータースライドがあり、子供が存分に遊べる仕様。

オーシャンウィングのプールは、リラックスした時間を過ごすことができる大人向けの仕様となっています。

一方ビーチは、プライベートビーチとマリーン サンクチュアリがあり、子供から大人まで様々なアクティビティを体験できます。

実はあまり綺麗ではない、セブ島・マクタンの海。このプライベートビーチの海は管理が行き届いているため、いつでもきれいな海を楽しめるところがポイントです。

豪華な食事

【画像出典:www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/dining/restaurants/tides/menu/】

13ヘクタールにもなる広大な敷地内には、4つのレストランと4つのラウンジ&バーがあります。

どれも高いクオリティで、滞在中に食事に困ることはなさそうです。

では、それぞれをみていきましょう。

4つのレストラン

1.Tides(タイズ)

【画像出典:www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/dining/】

種類 世界各国の料理
料金 約¥1100~¥5500
営業時間 アラカルト:6時~11時(月~日)
朝食ブッフェ:6時~10時30分(月~日)
ディナー:18時~21時30分(日~木)、18時~22時(金、土)
ドレスコード スマートカジュアル
魅力 シーフードが豊富なブッフェレストランです。
終日、幅広いメニューによる世界各国の料理を楽しむことができます。
宿泊している場合は6歳未満の子供は2人まで無料、6~11歳までの子供は大人料金の半額。

2.Acua(アクア)

【画像出典:www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/dining/restaurants/acqua/】

種類 イタリア料理
料金 約¥1100~¥6600
営業時間 朝食:6時~10時30分(月~日)
ランチ:12時~14時30分(月~日)
ディナー:18時~22時(月~日)
ドレスコード スマートカジュアル
魅力 伝統的なイタリア料理を、モダンにアレンジしたシェフの料理を楽しむことができます。
宿泊している場合は大人2名まで無料、11歳までの子供は無料。

3.Cowrie Cove(コウリーコーブ)

【画像出典:www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/dining/】

種類 シーフード料理
料金 約¥2200~¥11000
営業時間 ディナー:18時~22時(毎日)
バー:17時~24時(月~木、日)、17時~25時(金、土)
ドレスコード スマートカジュアル
魅力 海を一望しながら食事を楽しめる、海沿いのレストランです。
夜空がみえるローワーデッキ、2人用のロマンチックなパビリオンなどがあります。
DJ による音楽を聴きながら、前菜メニューに合ったカクテルも楽しむことができます。

4.Tea of Spring(ティーオブスプリング)

【画像出典:www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/dining/】

種類 中華・広東料理
料金 約¥1100~¥4500
営業時間 ランチ:12時~14時30分(月~日)
ディナー:18時~22時(月~日)
ドレスコード スマートカジュアル
魅力 中国茶、ツバメの巣や漢方などを使った、伝統的かつ健康的な中華料理がメイン。
毎日ランチの時間帯には、点心料理を楽しむことができます。

4つのラウンジ&バー

1.breeze(ブリーズ)

【画像出典:www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/dining/bars-lounges/breeze/】

種類 シーフード料理・ドリンクバー
料金 約¥500~¥2000
営業時間 アラカルト:11時~18時(月~日)
ドリンク:9時~19時(月~日)
ドレスコード カジュアル
魅力 ビーチサイドにあり、海風やマクタンの日差しを感じられます。
ブリーズという名称のサラダには、クルマエビ、イカ、魚、アサリなどの海の幸がふんだんに使われており、ビーチで食べたい逸品です。
フィリピンのデザート・ハロハロも食べることができます。

2.buko bar(ブコバー)

【画像出典:www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/dining/bars-lounges/buko-bar/】

種類 シーフード料理・ドリンクバー
料金 約¥500~¥2000
営業時間 アラカルト:10時~18時(月~日)
ドリンク:9時~19時(月~日)
ディナーブッフェ、ムグナカルチャーショー:18時~21時(月、水、金、土)
カルチャーショー:19時~19時45分※天候による変更あり
ドレスコード カジュアル
魅力 プールサイドにあり、サンドウィッチ、ピザや軽食などがあります。
特定の曜日には、カルチャーショーやフィリピン料理ビュッフェを楽しむことができます。

3.E zone snack bar(Eゾーン スナックバー)

【画像出典:www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/dining/bars-lounges/e-zone-snack-bar/】

種類 軽食・ドリンクバー
料金 約¥500~¥1000
営業時間 10時~22時
ドレスコード カジュアル
魅力 Eゾーンエンターテインメントセンター内にあり、友人や家族でワイワイ楽しめるスペースになっています。

4.Lobby Lounge(ロビーラウンジ)

【画像出典:www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/dining/bars-lounges/lobby-lounge/】

種類 軽食・ドリンクバー
料金 約¥500~¥1000
営業時間 8時~13時(月~日)
ドレスコード カジュアル
魅力 リゾートのプールやトロピカルガーデンを眺めながら、軽食やドリンクを楽しむことができます。
軽食は部屋に持ち込み可能。
夕刻には生バンドによるエンターテインメントを毎晩行っています。

団体にもオススメ

【画像出典:https://cebu-tabi.jp/shangri-la/】

シャングリラの580室という客室の多さは、団体の方にもオススメのポイントです。

また、会議室を利用したい方や、パーティーを開きたい方にも大変オススメです。

団体旅行としては高級の部類に入るかもしれませんが、物価が安いセブ島ですので、うまく計画を立てれば費用を押さえて豪勢なプランを立てることができます。

ちょっとリッチな団体旅行にいかがでしょうか?

まとめ

【画像出典:www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/sports-recreation/resort-facilities/】

いかがでしたでしょうか?

シャングリラはセブ島で1番の一流ホテルであり、リゾートホテルでリッチな気分を味わいたい方に大変オススメです。

また、管理の行き届いた美しいプライベートビーチで、安心したアクティビティを体験できます。

施設も充実しており、敷地内の4つのレストランでは世界各国の料理を堪能できるため、グルメな方にもぴったりですね。

この記事がシャングリラホテルへの宿泊を考えている方・シャングリラホテルに宿泊予定の方の一助となれば幸いです。

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事