【初心者向け】英語リスニング学習を始める前に知っておきたい勉強法と参考書まとめ
記事監修者紹介

益岡 想

應義塾大学経済学部卒のアメリカ在住12年間の帰国子女。

英語検定一級TOEIC990点TOEFLiBT 110点超えTOEICは990点を一度だけでなく、3回連続で出している数々の日本の英語検定系の試験を受けてきて、高得点を叩きだしてきた。

リスニング……勉強したいもののなにから始めれば良いか……

英語のリスニングは闇雲に勉強しても向上しないよ!まずは基礎学習からはじめよう!

基礎学習??

ということで、この記事ではリスニング初心者に向けて、おすすめの基礎学習を紹介します!
ingwish編集部では、ALUGO英会話を利用して「2ヶ月間でビジネス英会話が身につくのか!?」ということを実際に検証しています!

ナガス
下記の記事をぜひご覧ください!

また、現TOEICフルスコア獲得者が英会話スクール・オンライン英会話を徹底的にリサーチし、

実際の内容や評判・口コミに関して紹介をしています!

益岡 想
英会話スクール・オンライン英会話をご検討の方は是非ご一読ください!

【前提】勉強を始める前に(初心者向け)

リスニング学習前に押さえておきたい知識
  • リスニングに必要な脳の処理
  • 最低限の単語と文法の知識
  • 日本語と英語の発音規則の違い

実は、「英語を聞いてから理解する」には2つの異なる能力が必要になります。

1つは英語の発音を聞き取る「音声知覚」能力で、もう1つはそれを意味として理解する「意味理解」。

2つの処理能力は異なる学習方法で鍛えることをまずは理解することが肝心です。

詳しくは「【バイリンガル直伝】英語のリスニングを劇的に伸ばす3つのコツ」にて解説してます。

「音声知覚・意味理解」の前提として、最低限の単語や文法、発音の知識が必要になります。

発音の知識というのは、母音や子音の発音の知識に加え、「リダクション」などに代表されるような日本語とは違う英語独特のルールです。

発音の知識については「英語の発音がぐんぐん上達する10個のコツ【超初心者向け】」にて紹介していますので、まずはそちらをご確認ください。

「発音の教科書」や「英語耳」などはリスニングの基礎知識を作る際に役立つのでぜひご一読ください。

英語のリスニング勉強法については『【TOEICフルスコアラー解説】英語のリスニング上達におすすめの勉強法と参考書』にて紹介しております!

最低限の単語と文法の学習

当然のことですが、知らない単語が多いほど英語の理解は難しくなります。

文章で読んで理解できない内容は、リスニングでも決して理解することはできません。

したがって、まずは単語や文法の学習をしっかりやりましょう。

単語や熟語は意味を理解して覚えることに加えて、発音やアクセントなどをセットで知識で覚えることが大切。

英語の母音・子音の発音学習

日本語の発音には母音は5つしかありませんが、英語には16もの母音が存在します。

子音の数も日本語では16に対して、英語では25あり、合計して倍近くの差があります。

日本語英語
母音の数516
子音の数1625

一例として、「ア」の発音1つとっても、英語には4種類あります。

よく母国語が中国語系だと英語の発音が綺麗になりやすい、という話がありますが、「ア」に対する意識が違うからです。

同様に子音についても例えば「L」と「R」の発音の違いなども理解する必要があるでしょう。

発音のルールを学習

英語には日本語とは異なるいくつかのルールがあります。規則を知らないまま、発音記号通りに発音しても、ネイティブの発音にはなりません。

逆に言うと、当記事で紹介するいくつかのルールを知ってマスターすることで、発音記号でいちいちチェックしなくても「それっぽい発音」がグッと上手くなるようになります。

ルールを知っておくことで、かっこいいネイティブの発音を繰り返す際も「ああ、ここはリエゾンなんだな」など考えてできるようになるので、ずっと効率的になるはず。

英語の発音については以下の記事でも解説しているのでぜひご一読ください!

リエゾン

英語の音と音とのつながりのことをリエゾンといいます。

例えば、「I live in Oita」を発音してみてください。

カタカナ英語の場合、「アイ・リブ・イン・オーイタ」になりますよね。

しかしながら、ネイティブ英語の場合「アイ・リブ・イノーイタ」のように音と音がつながるんですね。

リダクション

リダクションはリエゾンより理解が少し難しいかもしれません。

1つ目の単語の「最後の音」と2つ目の単語の「最初の音」が同じ場合、2つ目の単語の「最初の音」を発音しないのがリダクションです。

例えば、「I want to introduce my profile」を発音してみてください。

カタカナ英語の場合、「アイ・ウォント・トゥ・イントロドュース・マイ・プロフィール」になりますよね。

英語リスニング初心者へのおすすめサイト

このトピックでは英語リスニング初心者へのおすすめサイトについて紹介します。

無料で簡単にアクセスできるサイトを紹介したので、試さない手はないでしょう。

youtube

まずは非常にポピュラーですが、youtubeは本当にオススメですね。

なぜならば、無料配信にも関わらず、非常に質が高くレパートリーも豊富です。

個人的には「バイリンガール」というyoutuberがオススメです。かれこれ5年ほど英会話系のyoutuberとして活動している彼女ですが、英語のリスニング学習に適しているのはもちろん、動画自体も非常に面白いです。

ぜひ参考にしてみてください。

 

VOA Learning English

VOA Learning Englishとは、アメリカのニュースサイトVoice of Americaを英語学習者向けにアレンジしたものです。

ニュースを読んだり、オーディオを聞くこともできます。

VOA Learning Englishの主な特徴は、英語学習のためにゆっくりな音が録音されたオーディオがあります。

「英語が早すぎて聞き取れない」という課題がある場合には、もってこいでしょう。

英語リスニング初心者へのおすすめアプリ

このトピックでは英語リスニング初心者へのおすすめアプリについて紹介します。

先ほど紹介したサイト同様に、無料で簡単にダウンロードできるアプリを紹介したので、ぜひ試して使ってくださいね。

 

スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISHは英語のリスニングを上達させる上で筆者檄押しのかなり良いアプリです。

英語のリスニングができるのはもちろん、アプリ内で自分の声を録音し発音をチェックすることもできます。

さらに、あなた発音を改善するためのサポートをアプリ内でしてくれる機能も搭載されています。

こんなに便利なアプリは他にありません。スタディサプリENGLISHはかなりオススメですね。

 

LissN ビジネスニュースを英語でリスニング

LissNは、NIKKEIが出している本格英語リスニングアプリです。

主な特徴としてはビジネスニュースを英語で聞くことができるということでしょう。

さすがのNIKKEIですね。

ビジネスニュースを聞きながら、リスニング力を鍛えることで時事ネタもインプットできるので、まさに一石二鳥です。

 

ざっくり英語ニュース!StudyNow

StudyNowは本格的なニュースというよりは、少しフランクな英語ニュースを扱います。

主な特徴としては、リスニング以外にも英文理解など、幅広いスキルを身につけることができることでしょう。

本格的な英語ニュースでリスニングを学びたい方は、LissNを。ざっくりとした英語ニュースでリスニングを学びたい方はStudyNowを利用すると良いでしょう。

初心者向け英語のリスニング勉強法やコツまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、初心者向け英語のリスニング勉強法やコツについて執筆させて頂きました。

 

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事