【5分でわかる】アメリカ留学で必要なビザの申請方法を8ステップで解説

益岡想
アメリカ留学したいんだけど、どうしたら良いのかな?

ingwish man
アメリカ留学するなら、まずはビザを取らないといけないね。

益岡想
そうなんだ。ビザってどうやって取るの?

ingwish man
じゃあ今回は、アメリカ留学で必要なビザについて説明するね!
【留学の頼れるパートナー!】UCSゴールドカード

海外旅行や留学ではクレジットカードの利用がとても便利ですが、中でもingwish編集部がおすすめしたいのが「UCSゴールドカード」です。

旅行好きには外せない国内・海外損害保険が国内のカードの中でもトップレベルで手厚く、補償額も多め。更に、国内主要空港で空港ラウンジサービスを受けることができます。

通常、ラウンジサービスは平均して3,000円入室にお金がかかるところ、年会費3,300円なので1回利用するだけでほぼ元が取れるのも魅力。

アメリカ留学にはビザが必要

アメリカに観光に行く場合には「ビザ免除プログラム」を利用してビザなしで入国できますが、留学する場合にはビザを免除することはできません

アメリカ留学したい人は、「学生ビザ」を取得する必要があります。

一般的にアメリカ留学で必要になるのは「F-1ビザ」というビザであり、「フルタイムの学生」を表すものです。

アメリカに入国する際にはこのビザを提示することで、アメリカに勉強しに来たことを審査官に伝える必要があります。

F-1

F-1ビザはアメリカ留学する際には最も一般的なビザで、以下のような条件に該当する人はこのビザを取得しなければなりません。

F-1ビザの資格
  • アメリカ内の認定大学、私立高等学校、認可された英語プログラムで教育を受ける場合
  • 週18時間以上の授業を受ける場合
  • 1学期に12単位以上を取得する場合

F-1ビザを取得した人は条件付きでの就労も可能で、教育機関に1年以上在籍している場合、構内で最大週に20時間まで働くことができます

ESTAの申請のみで滞在可能な場合も

記事の冒頭で、アメリカに留学するためにはビザを取得する必要があるといいましたが、以下の場合にはESTAの申請のみで滞在することが可能です。

ESTAの申請のみで滞在可能な場合
  • 授業が週に18時間未満である
  • 滞在期間が90日以下である

一度ESTAを申請し認証を受けてしまえば、取得から2年以内であれば何回でもアメリカに渡航することができます

ただし、ESTAは短期留学のみに適用でき、また現地でのビザの切り替えが一切できないので、以下では汎用性の高いF-1ビザ申請までのステップを紹介していきます。

ingwish man
アメリカに留学をするには原則ビザが必要だよ!

アメリカ留学のビザ申請までのステップ

ここでは、アメリカ留学をするために必要なF-1ビザの取得方法を、具体的な手順に沿って説明していきます。

F-1ビザを取得する手順は、大まかに分ければ以下の2ステップです。

F-1ビザ取得方法
  • 留学先の学校の入学手続きをして入学許可証(I-20)をはっこうしてもらう
  • その他必要書類を用意してアメリカ大使館にビザ申請の手続きをする

以上は、いずれも全て個人でできる作業になるので、以下の8つのステップに分けて一つづつクリアしていきましょう

①パスポートの準備

F-1ビザの申請にはパスポート番号が必要なので、パスポートを取得します。

また、パスポートを持っている場合にも以下の有効期限を必ず確認してください。

パスポートの有効期限
  • 入学許可証(I-20)に記載される期間+6ヶ月

5年間有効なパスポートで11,000円、10年間有効なパスポートで16,000円必要になるので、そちらも準備しておきましょう。

②銀行残高証明書

銀行残高証明書は、学校の入学手続きとアメリカ大使館へのビザ申請の際に必要になる書類です。

銀行残高証明書
  • ビザ面接日から過去3ヶ月以内に発行されたものが望ましい

留学先の学校、アメリカ大使館ともに、申請の際には英文の残高証明書が必要になるので、銀行に行って英文のものを依頼してください。

③学校の入学許可証の取得

留学先の学校が決まり、ここまでのステップをクリアしたら、学校に問い合わせて入学手続きを行いましょう。

問い合わせからだいたい1週間ほどで郵送されてくることが多いですが、アメリカからの郵送になるため時間がかかることも想定しておいてください

④予防接種

留学する際には、留学先の学校内で多くの人と接触することになるので、感染症から身を守るためにあらかじめ予防接種を受けておきます

ビザ申請の際に必要になるワクチンは、以下の3種類です。

必要な予防接種
  • はしか
  • おたふく風邪
  • 風疹

多くの方の場合は、乳児のときにこれらのワクチンを接種しており、母子手帳に記録が残っているはずです。

医療機関に行ってワクチン接種証明書を発行してもらうか、記録がなければ改めて摂取するようにしてください。

⑤ビザ申請書類を作成

ビザ申請書類(DS-160)を作成するには、以下のものが必要になります。

ビザ申請書類に必要なもの
  • パスポート
  • 過去10年間に発行した古いパスポート
  • 入学許可証(I-20)
  • デジタル証明写真

これらを用意した上で、アメリカ大使館のサイトにオンラインで作成します。

1時間~2時間くらいの時間を要しますが、途中で保存することもできるので時間が空いたときに進めましょう。

⑥アメリカ大使館で面接の予約・申請料金の支払い

メトロポリタン美術館

上記のビザ申請書類が用意できたら、アメリカ大使館で面接を行ってビザを発行してもらう必要があります。

書類に不備がなければ面接日の約一週間後にビザが手元に届くことになるので、アメリカへの出発日も考慮した上で面接日を予約しましょう。

こちらのページから面接日の予約を行った後、面接予約確認ページと申請料金支払いの領収書を印刷しておいてください。

⑦SEVIS費用の払込

SEVIS費用をSEVIS費用の支払いサイトで支払い、その領収書を印刷します。

なお、札幌・福岡で面接を受ける場合は、以下のことに注意してください。

札幌・福岡で面接を受ける場合
  • ここまで要した書類を面接日の一週間前までに領事館に郵送する
  • パスポートはコピーを郵送し、原本は当日持っていく

一方、東京・大阪・那覇で面接を受ける場合は面接日に持参すれば大丈夫です。

⑧アメリカ留学に必要なビザを取得

ここまでのステップを踏んだら、後は当日面接を受けてビザを発行してもらうだけです。

以下の書類を忘れないように持っていきましょう。

ビザ申請に必要な書類
  • パスポート
  • 過去10年以内に発行したパスポート
  • DS160申請確認書
  • 面接予約確認書
  • SEVIS費用支払済確認書
  • 入学許可証(I-20)
  • 財務証明書(原本と英文)
  • 証明写真

アメリカ大使館・領事館は持ち込めるものに制限があるので、必要最低限の持ち物で行きましょう。

特に問題がなければビザが発行されるかどうかは面接当日に分かるので、あとはビザが無事に届くのを待つだけです。

ingwish man
意外と時間がかかるから余裕を持って準備しよう!

まとめ

今回は、アメリカ留学で必要なビザと、そのビザの申請方法について解説してきました。

本記事の要点は、以下の通りです。

本記事のまとめ
  • アメリカに留学をするには「F-1ビザ」というフルタイムの学生ビザが必要
  • ビザの申請は大まかに分けて「学校の入学許可証(I-20)を発行してもらう」「アメリカ大使館にビザ申請の手続きをする」の2ステップ
  • ビザの申請から取得までは時間がかかるので余裕を持って準備をしておく

この記事を参考にして、アメリカ留学の際に必要なビザについて把握し、あなたが必要なビザを取得してください。

留学は、留学する地域の治安を始め、準備しなければいけないもの、必需品、語学学校の事情など様々な情報が必要となります。

もちろん時には勢いは大切ですが、転ばぬ先の杖と言いますし、できれば日本にいるうちから情報を集めておくのが大切です。

以下では、留学経験者が多数在籍するingwishスタッフが選ぶ留情報サイトをまとめました。
School With(スクールウィズ)

世界23カ国の留学に対応し、4000校以上の語学学校の情報を掲載、紹介しています。

情報サイトでありながらエージェントでもあるため、留学の申し込みをそのまま行うことができるのが強み。

 

留学デビュー
留学デビューは女子を対象とした留学情報サービス。
留学で必要なことを一から初心者に解説してくれるので、留学のことがまだよくわからない、という女性の方に特におすすめのサービスです。
Global Dive(グローバルダイブ)

Global Dive(グローバルダイブ)は設立15年以上を誇る老舗の留学・ワーキングホリデーエージェント。

料金の安さが最大の特徴で、フィリピン留学なら1ヶ月107,000円からのプランを紹介しています。

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事