【重要】海外旅行で家族を守る保険おすすめ5社徹底比較!

益岡 想
海外旅行に家族で行くから保険に入ろうと思ってるけど、たくさんあってどの保険に入ればいいのかわからない・・・

ingwish man
そんな方のために!当記事では海外保険の必要性やおすすめの海外旅行保険(家族特約)についてご紹介します。

ingwish man
家族全員で入れる保険ってどんなものなのか知りたい方や、加入を悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

海外旅行保険 家族特約について

海外旅行保険 家族

海外旅行保険(家族特約)とは、海外旅行中に自分や家族に起こったトラブルによって発生する経済的な負担をカバーしてくれる保険です。

旅行中に病気や怪我をしてしまった時の治療費や、他人の物や他人を傷付けてしまった時の賠償責任、携行品の窃盗にあった時の補填が主な補償対象となっています。

またオプションで、航空機の遅延や欠航などによって生じる宿泊代交通費食事代、空港に預けていた荷物が無くなってしまった時の生活必需品の購入費なども補償対象になります。

では、どんな時にどのような補償が受けれるのか詳しく説明していきます。

どんな時に保険対象になるのか

海外旅行保険(家族特約)の保険対象は大きく分けて次の3つに分類されます。

保険対象になる状況
  • 旅行先で怪我や病気になった時
  • 他人を傷つけてしまった時の賠償責任
  • 携行品の窃盗にあった時の補償

旅行先で怪我や病気になった時の補償

海外旅行保険 家族

海外旅行のトラブル発生割合で一番高いのが治療・救援費用です。

旅行先で病気や怪我をしてしまった時、日本と違い病院の診察代や入院費は非常に高いです。

例として1週間ハワイで痙攣で入院すると600万近く治療費・入院費としてかかります。

小さいお子さんなどがいる場合は体調を崩したり怪我をよくしてしまうので、こうした高額の費用に対して備えるためにも海外旅行保険の加入はおすすめです。

他人を傷つけてしまった時の賠償責任の補償

海外旅行保険 家族

旅行先でお子さんが他人の物を傷つけてしまったり、何かの拍子に他人に怪我をさせてしまうかもしれません

例えば、子供がお店の物を展示物を壊してしまったり、スノーボードをしていて他人に衝突し怪我を負わせるてしまう事があります。

その際の損害賠償は一千万円を超える場合もあります。

そんな人生を左右するような賠償責任を保険で支払う事ができるので、海外旅行保険に加入しておいて損はありません。

携行品の窃盗にあった時の補償

海外旅行保険 家族

日本と違い海外では窃盗が頻繁に発生しています。

特にスマートフォンやカメラなどを盗まれるケースが多く、その場合に盗まれた物の代金を補償してくれるのが海外旅行保険です。

また、火災などで旅行に持ってきたものが燃えてしまった場合なども海外旅行保険の補償に含まれています。

保険入会費と補償額

海外旅行保険 家族

海外旅行保険(家族特約)は、旅行先や日数によって異なりますが、1週間程度の旅行であれば4,000円程度でとても安価です。

4,000円でどの程度の補償額を受けられるかは下の表をみてください。

項目治療費損害携行品盗難損害個人賠償損害
補償額1,000万円30万円1億円

*エイチエス損保の場合

海外での治療費などは日本の健康保険などは適応されないため非常に高額になりやすいです。

特に他人を怪我させてしまった場合など莫大な損害賠償を支払うことになる可能性があるので、自分や家族を守る意味でも海外旅行保険に加入することをおすすめします。

航空機遅延保険利用時3つの注意点

ここでは航空機遅延保険を利用するにあたって注意すべき点を3つご紹介します。

加入出来るのは出国前まで

海外旅行保険 家族

航空機遅延保険に加入したい場合は、出国前までなら加入可能です。

しかし、遅延がすでに確定してる場合などは加入できないので注意してください。
加入方法は5種類あり、インターネット・空港・旅行代理店・保険代理店・クレジットカードの付帯保険です。
前もって保険に入っておくのがおすすめなので、旅行を決めたタイミングで入っておくをおすすめします。

補償額には限度がある

海外旅行保険 家族

会社ごとに補償額が大きく違うため、航空機遅延保険に入る前に補償額をチェックしておきましょう。

補償額は航空会社からキャッシュバックや航空内の食事クーポンなどが配布された場合、そこから足が出た分の金額だけ保険会社に請求できます。

また、補償はお金を使わないともらえないため補償額が分かっているのならばお金を使って高級料理などを食べる事をおすすめします。

おすすめ海外旅行保険(家族特約)5社比較表

ハワイに7日間4人家族で旅行する場合、いくら保険料がかかり、どのくらいの補償を受けることが可能か人気保険会社5社の比較表です。

保険会社エイチ・エス
損保
ジェイアイ
傷害火災
損保ジャパン
日本興亜
ソニー損保三井住友
海上
保険料8,200円11,000円6,200円11,320円6,060円
傷害死亡1,000万1,000万
500万円1,000万
1,000万
治療・救援
費用
各1,000万円1,000万円各1,000万円1,000万円1,000万円
個人賠償
責任
1億円1億円1億円1億円1億円
携行品損害30万円30万円30万円30万円30万円
契約可能
保険期間
31日まで31日まで3ヶ月まで31日まで92日以内
加入年齢
制限
満69歳
以下の方
99歳
以下の方
なし99歳
以下の方
満69歳
以下の方

*上記の表は横スクロール可能です。

海外旅行保険にはいらないリスク

海外旅行中の事故発生率

海外旅行保険 家族

ジェイアイ傷害火災保険株式会社の発表によると2018年度に発生した海外旅行時の事故発生率は3.7%と発表されました。

 

海外旅行時の事故はとても身近なものだと認識して、保険などで前もって対策をしておきましょう。

海外旅行中の事故具体例と補償額

海外旅行保険 家族

過去に実際にあった海外旅行中の例と補償額をご紹介します。

ワイキキビーチで段差に躓き転倒し受診。大腿骨頚部骨折と診断され8日間入院・手術。家族が駆けつける。

ハワイ 支払保険金 864万円

腹痛と下痢のため受診。腹部痛と診断される。

アメリカ 支払保険金 1,081万円

子供が他人の荷物を触り落下、カメラが破損し弁償になる。

イタリア 支払保険金 10万円

自分の病気や他人に怪我をさせた場合の治療費などは日本と違いとても高額なので、保険に入ってないと負担が大きいです。

海外旅行保険(家族特約)まとめ

海外旅行保険 家族

今回の記事では海外旅行保険(家族特約)についてご紹介してきました。

事故や怪我などは自分には関係ないと思っていても、意外と身近に事故などは潜んでいるものです。

万が一にも他人を怪我させてしまったり、自分が怪我してしまった場合多額の治療費などがかかってしまいます。

とくに、小さな子供を連れて旅行に行くと体調を崩してしまうこともあるので、海外旅行保険には入ることをおすすめします。

もしこの記事を読んで保険の重要性を知っていただき、役に立てたなら幸いです。

ingwish編集部イチ押し!クレジットカードランキング
アプラスG・O・Gカード
すごすぎる!頼れるクレジットカード
旅行で頼れる!スマホ・パソコンなどの修理に強みを持つアプラスG・O・Gカード。
旅行中にうっかりスマホを壊してしまった時にとても便利でした。
デジタル世代のクレジットカードはこれに決まりといっても過言ではありません。

 

エポスカード
海外旅行のクレジットカードの定番
利用率の高さと多くの旅行者を支えてきたエポスカード。令和時代に突入してもその信頼度は健在。
かくいう私も学生時代の旅行ではエポスカードに頼りきりでした笑
海外旅行保険の保障の手厚さや、盗難保険の完備など基本的なポイントを抑えているので、初めての海外旅行におすすめです。

 

シェルPontaクレジットカード
圧倒的ポイント力!みるみる貯まるPontaポイント
ポイントを貯めたい人の最終手段的なクレジットカードです。ガソリンを入れるたびにPontaポイントが貯まるので、頻繁に車に乗る人なら、みるみるPonta長者になっていきます。
Pontaポイントはローソンをはじめ国内の色々な場所で使うことができるのも魅力。

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事