記事監修者紹介

益岡 想

應義塾大学経済学部卒のアメリカ在住12年間の帰国子女。

英語検定一級TOEIC990点TOEFLiBT 110点超えTOEICは990点を一度だけでなく、3回連続で出している数々の日本の英語検定系の試験を受けてきて、高得点を叩きだしてきた。

この記事では、英語のリスニング学習者を対象に「英語のリスニングが劇的に伸びる勉強法」について紹介していきたいと思います。

英語のリスニングを勉強したいけど、どんな方法で勉強するのが効率的かわからない」と思っている方に読んで頂きたい内容となっております。

実際に私自身も英語のリスニングが上達するまでに勉強法がわからないことは沢山ありました。

その時の体験も踏まえて執筆できればと思います。

そもそも英語のリスニングとは

まず、英語のリスニングができない理由と克服する方法を紹介する前に英語のリスニングについて少し触れておきますね。

「英語のリスニングのことなんて、とっくに知ってるよ!」という方はこのトピックは飛ばして読んでください。

英語のリスニング力を向上させるコツについては『【バイリンガル直伝】英語のリスニングを劇的に伸ばす3つのコツ』にて紹介しております!

「英語を正しく聴き、意味を理解すること」

簡単に言うと英語のリスニングとは「英語を正しく聴き、意味を理解すること」です。

「そんなことわかってるよ!」という声が聞こえてきそうですね。笑

しかしながら、「英語を正しく聴き、意味を理解すること」を実践できている人は実はそんなに多くないんですね。

なぜならば、英語を聴くことに慣れるのはもちろん、解釈力・要約力といった国語的な能力も求められるからです。

英語は日本語の文法とは違います。なので、単語の意味を拾っていきながら頭の中で繋げる必要があるんですね。

英語のリスニングができない4つの原因

このトピックでは、英語のリスニングができない原因について紹介します。

英語のリスニングが伸び悩んでしまう原因は主に4つあります。

 

1.リエゾンがわからない

2.リダクションがわからない

3.発音記号がわからない

4.英語を聞き慣れていない

それぞれについて詳しく確認していきましょう。

 

リエゾン

英語の音と音とのつながりのことをリエゾンといいます。

例えば、「I live in Oita」を発音してみてください。

カタカナ英語の場合、「アイ・リブ・イン・オーイタ」になりますよね。

しかしながら、ネイティブ英語の場合「アイ・リブ・イノーイタ」のように音と音がつながるんですね。

もっとわかりやすい例で言うと「Thank you」ですね。「サンク・ユー」ではなく「サンキュー」です。

日々あなたが使ってるサンキューも、実はリエゾンなんですね。

 

リダクション

リダクションはリエゾンより理解が少し難しいかもしれません。

1つ目の単語の「最後の音」と2つ目の単語の「最初の音」が同じ場合、2つ目の単語の「最初の音」を発音しないのがリダクションです。

例えば、「I want to introduce my profile」を発音してみてください。

カタカナ英語の場合、「アイ・ウォント・トゥ・イントロドュース・マイ・プロフィール」になりますよね。

しかしながら、ネイティブ英語の場合「アイ・ウォントゥ・イントロドュース・マイ・プロフィール」のように音と音がつながります。

これがリダクションです。少し理解が難しいかもしれませんが慣れると簡単です。

 

発音記号

英語の発音記号とは、正しい英語の発音を視覚的に体系化したものです。

例えば、ネイティブの英語を耳で聴いたとします。そこから、自分なりに聴いた通り発音しても、完全にコピーすることはできませんよね?

むしろ、全然異なった発声になってしまい、真似しているはずなのに伝わらないことも多々あるでしょう。

そんなことが起こらないためにあるのが、英語の発音記号です。

ネイティブの英語を耳で聴いた後、発音記号を確認することで、口の形や音の出し方を理論的に解釈することができます。

そうすることで、どんな相手にでも伝わる英語を表現することができるんですね。

英語の発音記号は「母音」と「子音」で構成されています。

この記事で細かいところまで全てをインプットする必要はありませんが、「へぇ〜。そんなルールがあるんだ。」くらいは知っておいて貰うために、「母音」と「子音」について少し触れます。

 

「母音」とは

母音とは、簡単に言うとアルファベットで表すことのできる「a・i・u・e・o」5音のことです。

日本語で表記すると「あ・い・う・え・お」になりますが、英語の場合は「あ」だけでも「æ」「ɑ」「ʌ」「ə」の4種類のパターンがあるんですね。

一見難しそうに見えますが、慣れてしまえば簡単。そして使い勝手もかなり良いです。

 

「子音」とは

子音とは、母音(「a・i・u・e・o」)以外の音のことを指します。

一般的には、母音の発音より、子音の発音が難しいと言われています。

「L」と「R」の発音はまさにその典型かもしれません。

筆者自身も母音より子音の発音の方が難しいなと感じたのを覚えております。

英語のリスニングが劇的に伸びる勉強法

このトピックでは、英語のリスニングが劇的に伸びる勉強法について紹介します。

1点注意して頂きたいポイントとしては、今回紹介するリスニングの勉強方法は、リエゾン・リダクション・発音記号がわかっている前提での勉強法です。

なので、リエゾン・リダクション・発音記号は確実にインプットしておいてください。

 

英語のリスニングが劇的に伸びる勉強法【初心者編】

英語のリスニング初心者の場合には、ワード数が少ないかつ簡単でスピードの遅い英語スピーキングを聴くところから始めてみましょう。

勉強法としては、流れてきた音声をそのまま真似してつぶやくシャドーイングがオススメです。

シャドーイングをする際、聞こえてきた音声をなんとなくつぶやいてはダメです。

どの英単語が使用されているか、また発音記号やイントネーションにも気をくばる必要があります。

ここまで読んで頂いた方の中には「シャドーイングをやってみよう!」と思われた方もいるでしょう。

しかしながら、「どんなサイトやアプリでシャドーイングを勉強すればいいの?」という疑問があるかと思います。

その疑問関しては、後のトピックで詳しく紹介します。

 

英語のリスニングが劇的に伸びる勉強法【上級者編】

英語のリスニング上級者の場合には、ワード数が多いかつ難解でスピードの早い英語スピーキングを聴いて訓練しましょう。

個人的には洋画を英語字幕で鑑賞することをオススメします。

その際に注意すべきポイントとして、ワード数が多いかつ難解でスピードの早い英語で展開する洋画であることが重要です。

そのため、子供向けの洋画やアクション系ではないものを選びましょう。

徐々に慣れてきたら、イギリス英語で展開される洋画にも挑戦すると良いでしょう。

イギリス英語は特に聞き取りにくい訛りです。個人的なオススメは「シャーロック」ですかね...。笑

本当に聞き取りづらいですが、とても訓練にはなりますので、ぜひ挑戦してみてください。

また、洋楽もリスニングの勉強におすすめです!詳しくは「英語のリスニング力が鍛えられるとっておきの洋楽24曲【全7ジャンル別】」をご一読ください!

英語のリスニングを勉強するための無料アプリ

さて、このトピックでは英語のリスニングを無料で勉強できるアプリについて紹介します。

無料アプリであれば気軽にダウンロードして利用することができるので、試さない手はないでしょう。

 

スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISHは英語のリスニングを上達させる上で筆者檄押しのかなり良いアプリです。

英語のリスニングができるのはもちろん、アプリ内で自分の声を録音し発音をチェックすることもできます。

さらに、あなた発音を改善するためのサポートをアプリ内でしてくれる機能も搭載されています。

こんなに便利なアプリは他にありません。スタディサプリENGLISHはかなりオススメですね。

 

LissN ビジネスニュースを英語でリスニング

LissNは、NIKKEIが出している本格英語リスニングアプリです。

主な特徴としてはビジネスニュースを英語で聞くことができるということでしょう。

さすがのNIKKEIですね。

ビジネスニュースを聞きながら、リスニング力を鍛えることで時事ネタもインプットできるので、まさに一石二鳥です。

 

ざっくり英語ニュース!StudyNow

StudyNowは本格的なニュースというよりは、少しフランクな英語ニュースを扱います。

主な特徴としては、リスニング以外にも英文理解など、幅広いスキルを身につけることができることでしょう。

本格的な英語ニュースでリスニングを学びたい方は、LissNを。ざっくりとした英語ニュースでリスニングを学びたい方はStudyNowを利用すると良いでしょう。

英語のリスニングを勉強するための無料サイト

さて、このトピックでは英語のリスニングを無料で勉強できるサイトについて紹介します。

無料アプリ同様、気軽にアクセスして利用することができるので、試さない手はないでしょう。

 

youtube

まずは非常にポピュラーですが、youtubeは本当にオススメですね。

なぜならば、無料配信にも関わらず、非常に質が高くレパートリーも豊富です。

個人的には「バイリンガール」というyoutuberがオススメです。かれこれ5年ほど英会話系のyoutuberとして活動している彼女ですが、英語のリスニング学習に適しているのはもちろん、動画自体も非常に面白いです。

ぜひ参考にしてみてください。

 

VOA Learning English

VOA Learning Englishとは、アメリカのニュースサイトVoice of Americaを英語学習者向けにアレンジしたものです。

ニュースを読んだり、オーディオを聞くこともできます。

VOA Learning Englishの主な特徴は、英語学習のためにゆっくりな音が録音されたオーディオがあります。

「英語が早すぎて聞き取れない」という課題がある場合には、もってこいでしょう。

英語のリスニングが劇的に伸びる勉強法まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、英語のリスニングが劇的に伸びる勉強法について執筆させて頂きました。

最後に英語のリスニングが劇的に伸びる勉強法について軽くまとめてこの記事を終わらせたいと思います。

 

英語のリスニングが劇的に伸びる勉強法

【初心者】:シャドーイングを活用する

【上級者】:洋画でリスニング力を鍛える

 

英語のリスニングが無料で勉強できるアプリ3選

1.スタディサプリENGLISH

2.LissN

3.StudyNow

英語のリスニングが無料で勉強できるサイト2選

1.youtube

2.VOA Learning English

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事