記事監修者紹介

益岡 想

應義塾大学経済学部卒のアメリカ在住12年間の帰国子女。

英語検定一級TOEIC990点TOEFLiBT 110点超えTOEICは990点を一度だけでなく、3回連続で出している数々の日本の英語検定系の試験を受けてきて、高得点を叩きだしてきた。

この記事では英会話学習者の方を対象に「英検3級のリスニング対策」について紹介していきたいと思います。

英検3級のリスニングを勉強したいけど、何から始めれば良いかわからない」と思われている方に読んで頂きたい内容となっております。

実際に私自身もだいぶ昔の話ですが、英検3級の勉強をする際に何から始めて良いのかわからない1人でした。

その時の体験も踏まえて執筆できればと思います。

そもそも英検とは

そもそも英検についてはご存知でしょうか?

英検とは、英語の筆記やリスニング、スピーキングのレベルを総合的に判断するための試験です。

英検を持っていることで、実社会で評価を受けられるだけでなく、入学優遇を受けることができたり、留学を考える時に有利な待遇を受けることができます。

日本国内数多ある英語検定の中で最もポピュラーな英語資格が英検です。

英検の資格を持っていることは得でしかないので、ぜひトライすることをお勧めします。

英検におけるリスニングとは

さて、英検においてリスニングは非常に重要です。

なぜならば、英検全ての級でリスニングは1次試験として課されます。

つまり、リスニング試験をクリアできなければ2次試験であるスピーキングや面接に進めないんですね。

1次試験ではリスニングの他に筆記試験もあります。

学校の授業などで筆記については勉強できるため筆記試験はできるが、リスニングができない人は多いんですね。

なので、英検では筆記試験以上にリスニング試験の対策をしなければなりません。

そこで、次回以降のトピックでは、英検3級のリスニング勉強法や対策について紹介していきます。

英検3級のリスニング対策

さてこのトピックでは英検3級のリスニング対策を紹介します。

英検3級の問題傾向や合格点、対策のコツなどを網羅的に紹介することで、必ずあなたの役に立つものとなるでしょう。

 

英検3級のリスニング問題

英検3級のリスニング問題は【1】会話の応答文選択・【2】会話の内容一致選択・【3】文の内容一致選択の第3部で構成されています。

【1】会話の応答文選択では、2人の人物が登場し2人目の発言を選択することになります。

つまり応答文を答える形になるんですね。


※ 2018年度英検3級例題から抜粋

応答文の選択肢は4つあり、それぞれ短文で構成されているため、そこまで難しいものではありません。

英検5級や4級の第1問を受けたことのある人であれば察しがつくでしょう。

【1】会話の応答文選択では、全10題を答えることになります。

 

【2】会話の内容一致選択では、【1】会話の応答文選択同様2人の会話が繰り広げられます。

しかしながら、【1】会話の応答文選択とは違い、最後の会話に関する質問が問題になるんですね。

例えば、

人物Aが人物について質問したとしましょう。

応答として、人物Bが「ボブだよ」と言ったとします。

その場合の問題は、人物Bはどのように答えたでしょう?のようなものになります。

この例の場合だと答えは4になりますね。

基本的には、【1】会話の応答文選択とそこまで変わりませんが、回答の種類が異なるので注意しましょう。

【2】会話の内容一致選択では、全10題を答えることになります。

 

さいごの【3】文の内容一致選択は、【1】会話の応答文選択や【2】会話の内容一致選択とは違い、1人のスピーカーがナレーションをします。

その後ナレーションに対する質問が流れるので、適切な選択肢を選択します。

例えば、

ナレーターが場所についての英文を読んでいたとしましょう。

その後、同じナレーターから場所についての質問を問われることになります。

そこで初めて適切な回答を選ぶことになるんですね。

前問題と同じく、2人で会話が繰り広げられると思っていたら問題自体が終わってしまうので、注意が必要です。

【3】文の内容一致選択では、全10題を答えることになります。

英検3級のリスニング合格点

さて、英検3級のリスニング問題を理解して頂いたところで、英検3級のリスニング合格点について紹介します。

あくまで合格点の基準ですので、リーディングで巻き返すことは可能だということをお忘れなく。

 

【1】会話の応答文選択の合格点基準

【1】会話の応答文選択の配点は10点満点です。

この問題はそこまで難しくないので、できれば満点をとっておきたいところ。基本的に10/9は取りたいところです。

 

【2】会話の内容一致選択の合格点基準

【2】会話の内容一致選択の配点は10点満点です。

この問題も10点満点を狙って9/10を取りたいところです。

問題形式は【1】会話の応答文選択と似ているので、しっかりと音声を聞くことができれば、問題ないでしょう。

 

【3】文の内容一致選択の合格基準

【3】文の内容一致選択の配点は10点満点です。

この問題は最後に配置されており、前2つの問題形式とは異なるので少し難しいかもしれません。

なので、満点を狙いつつも10/8を取ることができれば十分でしょう。

つまり全体30点満点中26点を取ることが英検3級のリスニング合格点となります。

 

英検3級のリスニング対策3つのコツ

英検3級のリスニング対策にはいくつかコツがあります。

ここでは、その中で3つほどコツを紹介していきます。

 

リーディング問題を早めに終わらせる

英検3級の試験ではリスニングの前にリーディングの問題があります。

このリーディングを早めに終わらせるのが、リスニングで得点を稼ぐために非常に重要です。

なぜならば、リーディングを早く終わらせることで、リスニングの問題を先読みできるからです。

リスニングの問題を先読みすることで、どんな問題が出るのかを多少把握することができます。

そうすることで、気持ちに余裕が生まれるため、冷静にリスニング問題を解くことができるのです。

 

文頭の疑問詞を聞き逃さない

英検3級のリスニング試験では、質問の文頭でどの疑問詞が使われているかを把握するのが重要です。

whenであれば時間を聞かれており、whoであれば人物を聞かれています。whereであれば場所のことが聞かれており、それらを理解することで、正答率がぐっと上がります。

なので、流れてくる英文の中で特に文頭の疑問詞を聞き逃さないのが非常に重要となります。

 

前の問題に固執しない

英検3級のリスニングに関わらずですが、前の問題に固執しないことが非常に重要です。

いざ問題を解いてみると、高得点を狙うあまりリスニングが聞き取れなかった問題に多くの時間を割いてしまうことがあります。

それが原因で、次の問題の英文、さらにはその後の英文すら聞き取れなくなる可能性があります。

そのため、前の問題でリスニングが聞き取れなかった場合には潔く次の問題に集中することが非常に重要でしょう。

英検3級のリスニング対策まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、英検3級のリスニング対策について執筆させて頂きました。

最後に英検3級のリスニング対策を軽くまとめてこの記事を終わらせたいと思います。

 

英検3級のリスニング問題語

【1】会話の応答文選択

【2】会話の内容一致選択

【3】文の内容一致選択

 

英検3級のリスニング合格点

【1】会話の応答文選択 10/9

【2】会話の内容一致選択 10/9

【3】文の内容一致選択 10/8

 

英検3級のリスニング対策のコツ

1.リーディング問題を早めに終わらせる

2.文頭の疑問詞を聞き逃さない

3.前の問題に固執しない

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事