【1000時間ヒアリングマラソン】評判 特徴と口コミからわかる講座の効果を解説!

アルクが出してるヒアリングマラソンってどんなサービスなんだろう?

ヒアリングマラソンは1000時間の学習時間をかけて行う通信講座だね!毎月送られてくるテキストをもとに、リスニングを中心とした英語トレーニングを行います。

結構スパルタそうだ‥…

でも、実際にやり遂げた人からはリスニング力が上がるという評判が多い講座なんですよね。

ヒアリングマラソンについて

ヒアリングマラソン

1000時間ヒアリングマラソンはキクタンシリーズなど英語教材の老舗出版社として知られるアルクが手掛ける通信講座タイプの教材。

「生きた英語をもとにリスニング力を鍛える」をテーマとしており、テキスト内容は政治や経済ニュースなどにはじまり、有名人のインタビューやコメディ、ビジネス英語、日常会話、映画など幅広く掲載。

映画やニュースなどの英語、非ネイティブの英語などあらゆる英語に対応できる「英語耳」を強化します。

最新の話題も多く取り上げられているので、リスニング力とともに教養に繋がるのも魅力となっています。

価格 54,780円
ヒアリングマラソンの特徴
  1. リアルな英語を学べる
  2. 英語耳を作る
  3. 最適化されたトレーニング法
  4. 発話実践
  5. 学習の仕上げ


ヒアリングマラソン

「リアルな英語」を学ぶ

ヒアリングマラソン

ヒアリングマラソンでは、毎月新しく制作されたテキストが送付されます。

テキストは最近の話題に対応したものとなっているので、現在世界で使用されている、リアルな英語を学べるのが特徴。

話題も新しいので、英語コミュニケーションの場ですぐに役立つリスニングの力が身に着きます。

「英語の耳」をつくる

ヒアリングマラソン

教材は映画やニュースなどバラエティーに富んだ英語に対応。

どんな場面にも対応できるオールラウンドな英語力を身につけることができ、テキストに沿って学習すればリスニング力の向上が実感できるように設計されています。

また、テキストは近年のグローバル化に対応し、非ネイティブスピーカーの英語、言い淀み、言い間違いなど実践的な英語を収録しています。

最適化されたトレーニング法

ヒアリングマラソン

一口に英語のリスニングと言っても、例えばニュース英語では冒頭で重要なメッセージが語られ、一方で物語では徐々に内容がわかるなど情報のテンポが異なります。

ヒアリングマラソンでは、ニュース英語や物語英語などコンテンツそれぞれの特性に合わせたヒアリングのトレーニングを実施。

適切なリスニングアプローチのトレーニングにより、効率よく英語耳を育てます。

発話実践

ヒアリングマラソン

ヒアリングマラソンでは、毎月の学習成果の確認として、オンライン英会話での発話実践が毎月用意されています。

ヒアリングマラソンのテキスト内にあるレッスン対象のコーナーから1つ選択し、「要約と自分の意見の発言」能力をチェックします。

アウトプットすることで具体的な使用イメージが湧き、自分の弱点も把握できるのが魅力です。

学習の総仕上げ

ヒアリングマラソン

さらに、ヒアリングマラソンでは毎月、TOEIC形式のテストでリスニング力の学習進捗確認が行われます。

テスト受験には受講生の専用サイトが用意されているので、パソコンだけではなく、スマホからも簡単にアクセス可能。

専用サイトではテストの提出のだけではなく、結果の確認も行えます。

ヒアリングマラソンのコース

ヒアリングマラソンは1000時間ヒアリングマラソン以外にもハーフ版である6ヶ月コース、3ヶ月のビジネスコースと用意されています。

ヒアリングマラソン 6ヶ月コース

ヒアリングマラソン

「ヒアリングマラソン6ヶ月コース」は通常12ヶ月を要する1000時間ヒアリングマラソンの短縮版。

使用する教材は通常の1年コースで使用するものと同様の物を最新号から6ヶ月分となります。

価格 30,800円
こんな人におすすめ
  1. 1000時間1年はちょっと完走できる自信がない
  2. とりあえず6ヶ月だけ頑張りたい

ヒアリングマラソン ビジネス

ヒアリングマラソン

価格 33,524円

ヒアリングマラソンビジネスはビジネスパーソンが多く悩むプレゼンテーションや、ビジネス上のリスニングへの課題と言った声を分析して作られたプロダクト。

英語のインプットとアウトプットを同時に向上させる「クリティカルリスニング」トレーニングにより、重要な情報のリスニング、さらに聞き取った情報の適切な処理を強化し、発言力を向上させます。

ヒアリングマラソンの口コミ

ヒアリングマラソン

ヒアリングマラソンの口コミでは、特にリスニング力がつく、コンテンツが飽きないという評判が多く見られました。

一方で、やはり1年間に1000時間という勉強時間だけあり、なかなかハードという評判も散見されました。

ヒアリングマラソンの口コミ
  1. リスニング力がつく
  2. コンテンツが飽きない
  3. ハードなトレーニング

リスニング力がつく

Good!
色んなリスニング教材が溢れている中で一番いい教材だと思います。内容、量ともに十分です。真剣に取り組んだら力がつきます。いわゆる聞き流すだけで自然に英語力がつくという宣伝の教材はあまり効果がないとプロの英語の先生から聞いたことがありますので、その点で、このアルクの教材は聞き流し教材ではありません。

Good!
お奨めです。きちんと取り組めば、成果が出ると思います。

コンテンツが飽きない

Good!
映画の音声の一部やラジオドラマ、ニュース、インタビューなど、内容が多彩で飽きが来ない内容だった。ヒアリングマラソンのテキストと、English Journalが両方ついてきており、ヒアリングマラソンのテキストの方が比較的簡単で、Englsh Journalの方は中級位から1級以上まで様々なレベルの教材が含まれているのがよい。

ハードなトレーニング

Good!
やはり、過去から定評のある教材なので、内容もこなれており、かつレベルも高いものが収録されていることから、一定の力のある人向けではあるものの、実力が付く教材だと思う。ただ、初心者でこれを使うのはやや無謀かと思う。

Good!
◎値段
継続出費になるのでなかなかのお値段です。ただ英会話学校に通うことを考えればかなりコスパいいと思います。
◎継続する難しさ
うまく生活に取り込まめないと続けるのは難しいです。これはこの教材に限ったことじゃないですが…工夫できるのであれば本当におすすめで

ヒアリングマラソンの教材

ヒアリングマラソン

ヒアリングマラソンで使用するのは毎月送付される専用テキスト。

テキストは例えば「英語スケッチング」や「気になる話題でトーク」など10のコーナーが設けられており、それぞれ難易度や学習ポイントがわかるようになっています。

コンテンツ一覧
  1. これで聴ける!英語の音
  2. 英語スケッチング
  3. スピーキング魂
  4. 気になる話題でトーク
  5. ニュースの斬り方
  6. カルチャー再発見
  7. シネマ試写室
  8. ディクテーションコンテスト
  9. マンスリーテスト

構成としては、初級からハードめなトレーニングまで揃えており、フォニックスから負荷の高いディクテーションのようなトレーニングまで1冊で行うことができます。

以下では、ヒアリングマラソンのコンテンツの一部を紹介します。

これで聴ける!英語の音

ヒアリングマラソン

難易度が優しめの穴埋め問題穴埋め問題です。

リスニングした上で空白部を埋め、答え合わせを行います。

必須単語や聞き取りで重要な部分の発声トレーニング、解説が用意されており、基礎的なリスニング力強化を行うことができます。

ヒアリングマラソン

英語スケッチング

ヒアリングマラソン

英語スケッチングとは、英語を聞きながら、文字や記号を使って話をメモするトレーニング。

リスニングにおいて話をキャッチアップする力を養います。

ヒアリングマラソン

ヒアリングマラソンの効果は?

 

リスニング力が上がる

トーキングマラソン

ヒアリングマラソンの最大の効果はリスニング力の向上です。

外国語の習得には一定期間、ある程度以上の分量の学習が必要と言われています。

アルクでは、日本人が英語独特の発音、リズム感などを体得するには、1年間で1000時間と算出。

ヒアリングマラソンはその理論に基づいて設計されており、完走した時にこうした英語の下地を作成します。

英語の教養が身に付く

トーキングマラソン

英語でのコミュニケーションは挨拶をはじめとした社交だけではなく、教養、ビジネスなど様々な知識が必要です。

ヒアリングマラソンでは、最新の英語を用いた教材や、映画やニュースを題材とした教材を使用し、リスニング以外にも教養や知識を育成。

これにより、英会話における教養がグッと身につくため、英語でのコミュニケーションスキルが上達する効果が期待できます。

ヒアリングマラソンの効果については、「ヒアリングマラソンは効果ある?実際に利用した100人以上の方を分析してみた!効果のあった人の共通点とは?」の記事にて詳しく取り上げています。

まとめ

ヒアリングマラソン

ヒアリングマラソンは口コミでもリスニング力の向上が評判の通信講座です。

近頃ではオンライン英会話や英会話スクールなど英語学習の幅も広がりましたが、結局のところ、語学の学習には一定以上の時間が必要です。

世の中に多くの英語学習教材がありますが、その中には聞こえの良いことを語り、実際は効果があまりない、という教材も少なくありません。

その点、ヒアリングマラソンは単なる聞き流しではない能動的なトレーニングをみっちり行うことで、リスニング力の確実な成長が期待できます。

1年で1000時間とかなりの学習時間は必要になりますが、その分、着実に成果が出るものとなっているので、本当にリスニング力を向上させたい、という方はぜひトライしてみてください。

 

\Audibleを使用して英語学習を効率的に!/

  英会話 友達追加   留学 友達追加

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事